ベトナム物流で高きを目指せ

サイド自由欄

映画紹介

マイレージ、マイライフ

マイレージ、マイライフ

価格:2,342円(税込、送料別)


ジョージ・クルーニー主演。他社に出向きリストラを通達する仕事をする。出張が非常に多いため、飛行機にかなりの回数乗っている。彼の目標は1千万マイレージを貯めること。
彼は教育係として、チャットでリストラすることを提案するナタリーと研修にでかけることになった。チャットでリストラって、どんだけやねんとかおもったけど、ブライアンに振られて空港で泣き叫ぶ姿を見るとかわいくて仕方がなかった。お勧めです。
リストラ執行人としての仕事がどういうものなのかも分かる。
ジョン・カーペンターの作品。僕は最初これを見たとき、てっきり警察がひどく拷問でもしているのかと思ったら、そうじゃなくて、警察署が移転中であまりに人員が少なく、要塞化しなければ死んでしまうという映画でびっくりした。それにしてもさすがにB級すぎる。遊星からの物体Xとか、クリスティーンはまだ好きだったけど、これはあまり好きになれない。なんかしつこすぎる感じがした。
ブロードランナーで僕が学んだのは、ロボットも人もいずれ壊れてしまうということだ。理屈は分かっていたし、今も理屈でしか理解できないが、より鮮明に分かるようになった。彼らの寿命は4年だった。まるで線香花火のように短い命だが、最後の最後に命の尊さを理解して、命を救ったロボットの姿は、人間より人らしい姿だった気がした。

 
最近本当に久しぶりに映画館で映画を見た。サマーウォーズといわれる時をかける少女の細田守監督の最新作だった。普段DVDでしか見ない私だが、友人に誘われたのもあり、久しぶりにいいかと思い見に行った。見て正解だった。ああいうおばあちゃんネタとか母ちゃんネタとか私は苦手なんだよね。時々涙ぐみそうだったという。お気に入りのキャラは陣内侘助、特にわびすけという名前が気に入った。ブリーチの吉良曰く『相手が重さに耐えかね、侘びるに自らの頭(こうべ)を差し出す、ゆえに侘助』とか言ってたが、こっちの詫助なかなか下げなかったなー。冗談はおいておいて、妾の子として生まれ、それでも御出来のよろしかった侘助は不遇の少年時代を送ったんだろうな~と、そんなか唯一の理解者であるお母さんのためにがんばったんだろうなと。結局空回りにはなってたけど、一番人間らしかった。あと、エンディングの曲が山下達郎の「僕らの夏の夢」でめっちゃ合ってた。

 アーバン・カウボーイというジョン・トラボルタの映画を見た。いつDVD買ったっけな?もう2年位前に中古を半額で売っていた気がする。

 でもあまりに駄作のようなにおいがしてみる気がずっとしなかった。けど昨日ついに勇気を振り絞ってみてみました。
 
 するとどうだろう!最初の急展開はさておき、嫉妬に狂う高慢な主人公、女だからって自分に限界を作りたくないヒロイン、性根は直らない凶悪犯、複雑な感情をコンパクトにつっこんだこの映画をすごく気に入りました。

ファイトクラブ、主人公はあまりの自分の人生嫌気をさし、理想の自分頭で創り出し、軍隊並みの組織を作り上げる。私は多重人格者の話が好きで、24人のビリー・ビリガンとか大好きだった。この映画の一番好きな台詞は、「違う時間に違う場所で目覚めたら、違う人間になれる?:If you wake up at a different time,in a different place,could you wake up as a different person?」ビリー・ミリガンは目が覚めてたら驚いてたな、またこれだ!とかいって
マルキ・ド・サドを主人公にした映画クイルズ、SMのSの由来になるほどイカレポインチだった男を描いた映画。自分自身を小説の主人公にして、歪みない地獄を体現するかのように死んでいく。排出物で書かれた彼の最後のストーリーはさぞかし恐ろしいだろう。

最近私はジョンカーペンターの映画をよく見ている。彼の急展開な、それでいてクールな雰囲気が私のハートにドキュンだった。今回私が見た映画はある車に惚れるダサ男の映画だった。男は車の名前にクリスティーンと名を付けた。名前を付けるほどに愛するのは別にかまわないが、それに身を滅ぼされるのはいかなるものかと思う。フルメタルジャケットの微笑みデブを思い出す・・・しかし、羨ましいとも思う。そこまで何かに惚れたことはないから。長くなったが、面白い映画だった。主人公がどんどんダサ男からクールな青年に変わっていく様が見所だ。ところで、ジョジョの奇妙の冒険の3部作で出てくる車、これに影響されているんじゃないだろうか・・・・と私は思う
これもジョン・カーペンターの作品。最初から最後まで女性が出てこなかった男気溢れる映画。誰が同化されていて、誰が同化されていないかが見所。私はこれを友人と一緒に見ていただのだが、最後の黒人が実は同化されているんじゃないかという疑惑が浮き上がった。吐く息があまり見えにくいのだ。まあ私は人間派なわけだが。それにしてもCGなしでここまでの迫力を出すとは驚きだ。
メタルギアソリッドのモデルになった映画である。これまた急展開ジョンカー・ペンターの映画

フリーページ

2010年02月08日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
友人が遊びに来るというので、快く引き受けました。
それはもうつーとかーみたなタイミングでいいよと引き受けたところ、少し思うところがありました。

あれ、前もこういうことなかったっけな・・・?

そう呼ぶ前に気づくべきなのですが、未だかつてないほどの部屋の荒れように、僕は圧倒されました。

もしもこれにランク付けするならば、間違いなくA+でしょう。それも、90点というギリギリのラインではなく、文句なしの100点満点です。

まあ世間一般的にはFですが、僕の部屋であるという証明には一寸の違いもなく、満点です。


さて、所有時間は2時間、まず部屋を綺麗にする前に、自分を磨きましょう。ということで風呂に入り、調子に乗って風呂とトイレの掃除を行いました。完璧といえるほどまで磨き上げ、完了。

さて30分失いました。お次は部屋です。これが問題だ。まず積み上げられた洗濯物の量。色とりどりに鎮座するお洋服様達はちょっとやそっとで片付けられる感じではありません。

一回目の洗濯は風呂に入っている間に済ませました。ですから、干せばよい。しかし、この量は1回ではすまない。おそらく3回は必要。

僕は元来掃除が嫌いだ。もう認めるしかない。大嫌いだ。
時々僕は掃除について日記を書いているが、本当に書いているときくらいしか掃除とかしない。未だに一回生の頃から変わらない壁の単語を見ると、懐かしい。というか、掃除するたびに懐かしむ。

壁に、招待席と書かれた紙が貼られているが、これは僕が川島あいのチャリティーコンサートスタッフのアルバイトをした時の思い出の品だ。
詳しくはこれだ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/tsuyunaruhito/diary/200707180000/

この頃の文章今見てもなんか恥ずかしい。

品といえるほどのものなのか分からないが、ずっと飾ってあった。
たぶん、はずす必要性も感じなかったので、今までずっと貼られていたのだろう。思えばあの壁はそういうのばっかりだ。

掃除していて、決意したことがある。本を全部売ろうということだ。昔は大切な本は持っておきたいとか思っていたけど。今は洋書以外は全部どっかで手に入りそうなやつばっかりなので、いらない。欲しくなったらまた買えばいい。今まではそういう発想ができなくて、無駄に本が重ねられていった。僕も学んだものだ。

コレクションの癖は僕にはない。貯まっていつの間にかコレクションみたいになっているだけだ。洋書とDVDはコレクションみたいになっているが、別に読んでもいない本は持っているだけ無駄だ。

掃除嫌いを卒業しようと僕は決めた。







最終更新日  2010年02月09日 05時05分19秒
コメント(2) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.