157013 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

たろうと五郎のこっそりアフィリエイト

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ササキコジロウ@ 不正選挙が行われました。 あちらこちらの開票所でプリンターで印刷…
ササキコジロウ@ 参院選で不正選挙が行われます。 参院選で不正選挙が行われます。  昨年の…
プラダ メンズ@ znhanpdfdm@gmail.com はじめまして。突然のコメント。失礼しま…
ジミーチュウ 財布@ gwbfgprofwk@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

フリーページ

ニューストピックス

購入履歴

シングルベッド シングル ベッド 折りたたみリクライニングベッド ブレイボーシンプ…
どうなることやらと思っていましたが、意外と簡単に組み立てる事が出来ました。思ったよりしっかりしてい…[>>]
【送料無料】オフィスチェア イス チェアS字チェア ロイスオフィスチェア イス チェ…
簡単に組立られました。背筋が伸びて姿勢が良くなっていることがすぐわかります。腰に負担がかからないの…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2017年03月30日
XML
カテゴリ:ニュース
 インフルウイルスに運動能力 岡山・川崎医科大グループが発見
 川崎医科大(倉敷市松島)の堺立也講師、齊藤峰輝教授(ともにウイルス学)らのグループは、インフルエンザウイルスが細胞の表面で運動する能力を持つことを発見し、その仕組みを明らかにした。今後、運動パターンを解析することで流行の予測や新しい予防・治療法の開発につながると期待される。27日付の英電子科学誌サイエンティフィック・リポーツに論文が掲載された。
インフルウイルスに運動能力 岡山・川崎医科大グループが発見
 インフルエンザウイルスは細胞表面にある突起(受容体)に結合し細胞内に侵入。細胞に寄生することで増殖する。ウイルスは細菌よりも小さく単純な構造をしており、自ら運動することはないとされていた。
 グループは、A型インフルエンザウイルスの表面にあるヘマグルチニン、ノイラミニダーゼという2種類のタンパク質に着目。ヘマグルチニンは受容体に結合する性質があり、ノイラミニダーゼは結合を切り離す役割を持ち、2種類が同時に働いていることを突き止めた。ノイラミニダーゼが結合を切ることで、ヘマグルチニンと受容体の組み合わせが次々と変わり、細胞の表面を動いていた。
 ウイルスが動くことで細胞内に侵入しやすくなっていると考えられ、ノイラミニダーゼの働きを阻害すると運動できなくなり、細胞のウイルス感染率は4分の1程度に低下した。
 インフルエンザはA型だけでも100種類以上あり、動物からヒトへの感染も懸念される。堺講師は「それぞれのタイプの運動パターンが分かれば、ヒトへの感染しやすさを調べる指標にできる可能性もある」と話している。
 
 
 この記事の著借権は山陽新聞デジタルが3/27(月)の23:51に配信しています。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月30日 04時53分39秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.