734657 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

達人のひとりごと(JKLab)

PR

X

フリーページ

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

外に出ると雨 New! 釈円融さん

コメント新着

真空管の達人@ Re[1]:DG-48の調整(続き)(06/21) アキュフェーズだけでなく、自動的に音場…
2021.06.13
XML
カテゴリ:室内音響
最近ジメジメした日が多いので、DG-48のVoicing(音場補正)を行ってみた。典型的な気象条件の日に、データを取っておくことにする。まず、Lchの補正前の特性を示そう。

100Hz付近に少しディップが出ているが悪くない特性である。
補正をかけたときの特性はこちら。

10kHz以上で少し減少しているのは、スーパーツイーターとの干渉が起きているのか。全体としては、フラットな特性が得られている。
同様に、Rchの補正前の特性である。

こちらも100Hz付近にディップが見られる。
補正後の特性はこの通り。

十分にフラットな特性である。なるべく補正量を少なくするために、スピーカーの位置を調整して、ディップが完全になくなるところを探してみようと思っている。
この状態で音を出してみる。重低音がかなり増強されているので、スケールの大きい音になった。






最終更新日  2021.06.13 19:31:36
コメント(0) | コメントを書く
[室内音響] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.