何の日=つぼんち16

森林破壊(goo)


、森林破壊
Deforestation
森林破壊 詳細解説
世界の森林は、地球の陸地面積の約30%を占め、2000年現在約38.7億ha(ヘクタール)ある。しかし、熱帯林を中心に森林面積が減少しており、国連食糧農業機関(FAO)の「State of the World's Forests 2001」によると、1990年から2000年の間に、毎年940万haもの森林が減り続けている。

熱帯林の減少の原因としては、伝統的な焼畑農業に加え、人口増加により新たに流入した住民による過度の焼畑耕作、薪炭材の過剰な採取、農地などへの転用 、違法伐採などがあげられる。また大規模な森林火災によっても、森林がなくなっている。1997年から1998年のブラジルとインドネシアの森林火災では、それぞれ200~300万はの熱帯林が焼失した。

熱帯林だけではなく、シベリアなどの森林でも、過度の伐採による森林減少が進行している。

森林は、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の吸収源であり、これらの森林減少によって大気中の二酸化炭素の増大が懸念されている。また野生生物への影響も深刻で、種の多様性が急速に失われている。

熱帯林の減少を防ぐため、国際熱帯林木材機関(ITTO)や国連環境開発会議(UNCED)などが生態系の維持や森林の管理・保全を目的としたプロジェクトや声明を発表している。また、世界各国の企業やNGO、市民団体などが植林活動を行っている。

>> 森林破壊についてgooで調べる

森林破壊 関連情報を読む
海野和男のデジタル昆虫記
海野和男のデジタル昆虫記 熱帯雨林
日本の森林を守る「間伐」
WEB探訪記 第11回 森の生活とその文化を伝え続けるために
スペシャルインタビュー 龍村仁(映画監督) ガイアシンフォニー 第4番の必然性
スペシャルインタビュー 加藤登紀子(歌手) 生きることを愛して
グローバルコラム 第7回  温暖化防止対策は企業の社会的責任の最大のテーマ
環境探偵団 その4 森は地球とみんなの緑の工場

--------------------------------------------------------------------------------



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.