何の日=つぼんち16

新エネルギーと未利用エネルギー


新エネルギーの種類は?
太陽光発電や風力発電は新エネルギーだが、同じ自然エネルギーでも海洋温度差発電は新エネルギーとはみなされないのだろうか。

「新エネルギー」とは、1997年に施行された「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」によって、「技術的に実用化段階に達しつつあるが、経済性の面での制約から普及が十分でないもので、石油代替エネルギーの導入を図るために特に必要なもの」と定義されている。
具体的には、太陽光発電、風力発電、太陽熱利用、温度差エネルギー、廃棄物発電、廃棄物熱利用、廃棄物燃料製造、バイオマス発電(※)、バイオマス熱利用(※)、バイオマス燃料製造(※)、電気自動車(ハイブリッドを含む)、天然ガス自動車、天然ガスコージェネレーション、燃料電池となっている(※は2002年の政令改正により追加)。
これらの定義から、すでに実用化に入った地熱発電、まだ研究開発段階にある波力発電や海洋温度差発電は、自然エネルギーであっても新エネルギーには指定されていない。

未利用エネルギーとは。
新エネルギーに関係して出てくる「未利用エネルギー」とは何だろう。

未利用エネルギーとは、生活排水や中・下水の熱、清掃工場の排熱、河川水・海水の熱、あるいは雪氷熱など、これまで高効率に利用されてこなかったエネルギーをいう。こういったエネルギーも、たとえば夏は大気よりも冷たく、冬は大気よりも暖かいといった温度差や、空気を圧縮すると温度が高くなり、逆に一気に膨張すると温度が低くなる原理を応用したヒートポンプ技術を活用することによって、新しいエネルギーとして利用しようというものである。
政府でも新エネルギーの開発に際し、このような未利用エネルギーの活用を重要視しており、大規模利用、高効率化が期待できるものに対しては、開発のための助成を行っている。




Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.