ツブコの茶店

まるお【T駅を降りて】

【T駅を降りて】

 T駅は通過するだけの駅だった。

最寄駅のひとつ手前なので、降りる支度にとりかかる目安になる、

それだけの駅だった。

それが、ほとんど毎週乗り降りするようになった。



 去年の夏、ネコの具合が悪くなり、獣医さんにかかるようになった。

ネコは十三歳で、食道炎を患っていた。



 ネコは、動かすことが出来ないくらい衰弱し、確実に死に近づいていた。

そうとわかっていても、ネコを置いて、ひとりで病院へ行く。

あれこれと通院をする。

何かしないではいられないのだった。

病院に行き、先生に状態を話す。

薬をもらう。

指示を受ける。

そのことを繰り返した。

それだけが、唯一のしてやれることでもあった。

 


病院はT駅からバスで三つ目のところにあった。

薬をもらいに行くために、”こどもどうぶつ園行き”に乗る。

白く広い道は、往き交う車も少ない。

そんな河のような道を行く。

行く手には武蔵丘陵が、ゆったりと両手を広げるようにあった。

駅を過ぎると、人家はすぐまばらになり、道路の両側には、野原のような空き地が続く。

ときどき草花を摘んで、帰ったりした。 

 
 
T駅を降り、バスに乗れば、そこにネコのイノチの電源があるように思えた。 
     
白い大河のむこうの山々が、私をその思いもろとも、

両手をひろげて迎えてくれるように、感じた。

ネコは秋のはじめに逝った。 



 
 T駅を私は電車で通り過ぎる。

気がつくと、電車は私の心象の中を走っている。


.....
 


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.