372955 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

文章で飯を食う

PR

X

Free Space

Category

Archives

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09

Favorite Blog

■以前、講演会でこん… New! まゆ3281さん

【YouTube】グラシェ… alex99さん

『チェーホフ・ユー… ばあチャルさん

SOKEN 宗 初末… hatsusueさん
O.G.Springsteen's W… O.G.Springsteenさん
ジョナサンズ・ウェ… Twistさん
ひまじんさろん msk222さん
あやしいふるほんや… はるる!さん
食べたり読んだり笑… とおり・ゆうさん
空中散歩:コナベの… コナベ.さん
2005.04.11
XML
カテゴリ:文章で飯を食う。
 本日2本目。

 自分で一番文章力が伸びたのは、仕事で文書を出していた時だと思う。
 指示書、説明書、条例の解釈文など。
 
 説明を簡単にすると、
 「わかりにくい」
 「これ、どういう意味」
 質問や苦情が増え、自分の仕事がとどこおる。

 ていねいに書くと、
 「量が多すぎて、読む気がおきない」
 「ポイントはどこなの」等々。

 特に、先輩のお姉様方に、散々やられた。
 読んでから、文句言ってくれよって思うことも多々あったが、
お姉様方に、気分よく仕事をしてもらわなくては、こちらが困る。

 内容に詳しい人、経験の浅い人、理解力の差、注意深さ、神経の細かい人・・・
条件は皆違うのに、出せる文書は一種類。
 「こんなの常識だろう」と思うところに、ミスが集中したり。

 ポイント箇条書き、細かい説明別枠、等々、いろいろと工夫させてもらった。

 良い経験をさせてもらったと思っている。
 今でも、人に説明する時に、相手の顔色を見て、理解をおしはかる。
 専門用語を使ってしまったり。自分達が慣れてしまっている言葉が違う意味だったり。相手の困った顔で、自分の説明の未熟を思い知る。

 読んでくれる人、聞いてくれる人のいる幸せ。
 細かいテクニックより、過不足無く内容を届ける努力。
 これが一番。

カフェ・ド・ラクテンブックス

※1 「精神と物質」立花隆、利根川進 
 ノーベル賞受賞者、利根川教授の業績を伝える本。難しい内容をどのレベルから積み上げて読者をわかった気にさせるか。とても勉強になる本。おもしろいし。

※2 「はっしー24」さんが、出産のお祝い返しをさがしています。
わたしは全く世事にうといので、もらってうれしかったものなど、書いてあげてください。


 人気blogランキング ←参加しました。押して下されば、元気が出ます。






Last updated  2005.06.27 12:58:32
コメント(10) | コメントを書く


Calendar

Comments

 予備校バブル世代@ Re[2]:魔法の杖「国語入試問題必勝法」清水義範(05/09) 10年近く経ってからのコメント、失礼しま…
 ましちゃん@ Re:今日はみんなが知ってる本。一匹足りないブーブーブー。(03/29) はじめまして。 私も、確か小学校一年の…
 ついつい気になった作家@ 推敲について こんばんは。 突然、メッセージを書いて…
 Air Jordans@ Cheap Jordans しくしくとか、7979なくなくとか、変…
 子分@ Re:わかりやすい論理療法 国分康孝(05/15) 国分教授はアメリカのプラグマティズムに…
 tuitel@ Re[1]:表現したい人のためのマンガ入門(02/05) はるる!さん >「ケダモノ」と「調教師…
 はるる!@ Re:表現したい人のためのマンガ入門(02/05) 「ケダモノ」と「調教師」 という関係…
 tuitel@ Re[1]:メタボか?(02/07) ジョナサンさん >私は痩せ型で腹周りだけ太…
 ジョナサン@ Re:メタボか? 私は痩せ型で腹周りだけ太っています。こ…

© Rakuten Group, Inc.