371279 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

文章で飯を食う

PR

X

全10件 (10件中 1-10件目)

1

受験とか、教育とか

2006.05.28
XML
 わたしの職場は公立高校である。
 春先は何かと忙しい。退職、採用、転勤、新入生とか、みんなバタバタである。

 わたしは係ではないが、奨学金の仕事もある。
 今の時期なら、大学予約奨学金である。
 担当の先生が職朝(職員朝会)で、「締め切りますよ」と言っていた。「生徒への呼びかけお願いしますよ」って、わけだ。

 「忙」という字は、りっしんべんに亡いと書く。心が亡くなるわけだ。ちょっと、並べ方を変えると「忘」になる。

 で、何が言いたいかというと、家にも受験生が一人いた。我が家の家計も火の車である。
 地方公務員である。貧乏と言うのは傲慢だが、子供二人を私立に入れて、住宅ローンもあれば、楽とは言えない。
 ズボンに穴があいているが、継ぎを当ててはいている。(尻ポケットに文庫本を入れているから、穴があくのだが)
 この受験生の奨学金手続きのことを、忙しさにかまけて忘れていたのだ。
 本人には、常日頃、「奨学金とアルバイトで大学に行き、卒業しろ」と言ってある。本人も覚悟はしている。
 覚悟はしているが、「夢見る夢子さん」である。ぼっとして、奨学金の手続きのことなど忘れているに違いない。

 さてさて、帰宅後、我が家の受験生に奨学金の事を問いただすと「忘れていた」と、おっしゃった。「説明会は終わったみたい」
 「うちの家計状況はわかっているだろう」と念を押し「締め切りがすぎていても、なんとしてもお願いしてこい」でなければ「合格しても行けないぞ」と、脅かした。

 タダで大学 「タダで大学を卒業させる法」

 幸い、何とか手続きには間に合った。(校内での締め切りは過ぎていたが、本当の締め切りには間に合った)
 希望額は10万円。アパートを借りて仕送りなしで、何とかやっていけるだろう。理系なので、学年が進むとアルバイトもままならないだろうから。

 さてさて、後は、合格することを祈るのみである。

  type2size5    ← 無料メールマガジン。「応援メール」です。登録はこちら。試しに一つ、お願いします。

※1 奨学金といえども借金には変わりはない。本当のところは、少ない額であればあるほど良いのだが、そうも行かない。
 まー、進学を考えられるだけ、ましだと思ってくれよ。

※2 「タダで大学を卒業させる法」と同じ著者の「ぐうぜん東大に合格させる法」は名著である。
 実は、合格のハウツー本では無くて、生き方についての好エッセイになっている。「タダで・・・」の方で、新聞奨学生の話は感動ものだ。とても、できないけど。
 ぐうぜん 「ぐうぜん東大に合格させる法」






Last updated  2006.05.29 01:35:39
コメント(18) | コメントを書く


2005.12.28
 ”車、受験、不整脈そして犬のフン”で書きました自動車の傷は、修理に9万9千円ほどかかることになりました。保険を使わないと払い切れませんね。(保険は大丈夫でした)
 年内は無理なので、修理は年明け。

 子供の受験問題についても、年越し。
 高専に問い合わせてみたら、中学校を通さずに受験する方法はないそうです。
 でも、法律で中学校には受験したい者のために調査書等を書く義務があるそうです。
 さすが、国立高専。電話に出た方、スラスラと、学校教育法施行規則にありますとのこと。
 そうだよね。道理はこちらにあるのだ。道理を持ってて、情に訴えるのが一番効くんだが。
 できれば、ケンカにならないように、うまくおさめたいなー。姉ちゃんも、同じ私立に通っているので。

 本日、御用納め。
 昔のように、夕方から、みんなで酒飲んで、一年の労をねぎらうことはありません。学校では飲酒禁止。
 世間様の目は厳しいのだ。ほとんど、自動車通勤だし。飲み会は激減ですね。
 と言うわけで、午後からは大掃除をして、そそくさと帰りました。

 で、ほとんどの問題を持ち越したまま、年を越すのだ。
 
  type2size5    ← 無料メールマガジン。「応援メール」です。登録はこちら。試しに一つ、お願いします。

※1 明日からは、休みと行きたいものだが、誰もいない時にこそ、はかどる仕事があるのだ。
 少し片付けてこようかな。年明けたら、子供の受験と車の修理と、少し年休を使わないといけないかも。

※2 昔の高校の同級生に、子供の受験問題についてメールを回したら、いろいろと、お知恵をいただきました。
 弁護士の相談料30分、5千円なんだって。
 上手く行かなければ、そうなるかな。学校って、もめ事が嫌いなので、弁護士とか出てくると、腰が引けるからな。
 まー、とことんやり合う覚悟を持っていれば、すんなり収まることが多いのだ。






Last updated  2005.12.29 17:40:11
コメント(18) | コメントを書く
2005.12.11
 先日、”おいおい、いきなり受験かよ。 ”で、長男が高専へ行きたいという話を書きました。
 中高一貫校なので、受験無しで高校へ行けるのですが、理系のエンジニアと言うところに、あこがれております。(ナイショですが、わたしの方があこがれているかも)

 で、今日はドライブがてら、高専を見に行きました。
 実は2回目。
 2年前、できたての頃、カレーを食べるついでに行きました。
 実は、「国立沖縄工業高等専門学校」は、沖縄北部の名護市にあります。高速とか使って、一時間ぐらいかかります。
 で、この名護市においしいカレー屋があるんですよ。

 さてさて、前回はわたしの仕事の参考。建物の配置などを見てきました。結論としては、全く参考にならない。さすが、国立。金のかけ方が全然違います。

寮、橋付き

 上の写真は、国道を挟んだ向かいにある、生徒寮ですが、7階建てで、校舎からの橋付きです。
 いくらかかったんだ。

 実は、名護市のこの場所に、普天間基地を移転させようと言うわけ。
 その見返りで、高専もこの場所にできたわけです。
 ですから、周囲の集落のまわりは米軍基地。面積も人口も米軍、米軍人の方が多いんじゃないかな?(このへんは適当です)
 で、国道で事故、それも、米軍がらみなんか起こされては怖いから、橋を架けたのかと邪推してしまいます。
 レストランは、校舎側にあって、朝夕、道を渡って食べに行くことになるので、雨風考えたら、橋でも架けなきゃならないのでしょうが。
 それにしても、いくらかかったんだ。

高専校舎

 さて、高専の校舎です。日曜日なので、閉まっています。中は見学出来ませんが、オープンキャンパスも終わっているし、しょうがないですな。
 今日は、雰囲気を味わうぐらいです。

 端っこにうつっている赤シャツが、中三の息子です。
 半袖ですが、特に、変人というわけではなく、今日の昼はかなり暖かかった。車を閉め切って走らせていると、クーラーが必要でした。(後で、海岸でノースリブを見ました。)
 
 で、ぶらぶらと、あっちこっち見ていると、いきなり、
 ジリンジリンジリン・・・・と、警報機が鳴り出す。おやと足元を見ると、見覚えのある警報機のセンサーと似たようなモノが。
 あちゃー。やってもうたがな。
 
 しょうがないので、しばらく待っていました。あやまろうと思って。
 でも、5分待っても誰も来ないので、ぶらぶらと見学の続き。

 10分たっても来ないので、もういいかなと思って、帰ることにしました。もしかしたら、たまたま、火災報知器が誤動作したのかも知れないし。(ありえん、ありえん)

 で、駐車場に戻り、車に乗り込むと。

 ザ・ガードマン「ザ・ガードマン」DVD

 警備会社の車が、ビューと奥の校舎の方へ。
 ありゃまー、オオゴトになってしまった。

 いいや、帰ろう、帰ろうと。校門も開いてたし、立入禁止の表示もないし、こちらの責任ではないし。
 と、思って、校門を出て振り返ると、入る時には気づかなかった「関係者以外は立ち入らないで下さい」の文字が。

 スイマセン。逃げます。
 
  type2size5    ← 無料メールマガジン。「応援メール」です。登録はこちら。試しに一つ、お願いします。

※1 先日の”わたしの恥ずかしい写真。 ハート ”を、書いたら、友人から電話が。「大丈夫か?」と。
 ありがたいなー。「大げさに、面白おかしく書いただけだから」と、言いました。
 友だちはありがたいなー。

※2 ”「わっ、どういう意味ー?」、What do you mean? ”で、地口とかシャレについて書きましたが、沖縄県のを一つ。
 今日、子どもがドライブ中に言っていたので。 

 「しかまち、かんぱち、栄町」

 沖縄県民しか、おもしろさはわからないだろうけど、一応解説。しかまちは驚いたとかいう意味。かんぱちは、頭についた小さいはげのこと。昔は丸坊主が多かったから、2、3ミリから1センチぐらいの傷跡のはげが目立ったのだ。で、栄町は地名です。
 英語のシャレの解説みたいだなー。すみません。






Last updated  2005.12.25 22:28:12
コメント(18) | コメントを書く
2005.12.04
 中学3年の息子は、私立の中高一貫校に入ったおかげで、高校入試が無い。地元の同級生の話とかを聞くと、みんなピリピリしているようだ。

 中高一貫の良いところは、受験が小6なので、落ちても傷が浅いと言うことだろう。もちろん、どんな試験でも、落ちるのはつらいが。
 地方では、公立に行くのが当たり前だから、別に苦痛でもない。
 大学入試は2・3校受けても良いし、浪人も当たり前だ。

 高校受験に落ちると、コレはつらい。特に地方では受験機会が少ない。だいたい、公立の一発勝負である。(推薦とか二次募集とかもあるが)
 都会のように、2回、3回といろいろの学校を受けられない。

 幸いなことに、うちは中高一貫のエレベータのハズであったのだが。

 突然、高専に行きたいと言いだした。国立の高等専門学校である。五年間。高校+短大の年数で、短大卒程度の課程だ。

 ロボコンロボコン 主演、長澤まさみ

 ロボットとか、コンピュータに興味があって、『ロボコン』のビデオも、わざわざ、借り来て見ていたりした。で、大学は工学部に行きたいとか言っていたのだが。

 昨日、ロボコンの全国大会を見たらしい。
 あと、三年、普通高校で勉強するより、すぐにでも、実践に参加したいらしい。
 急に、インターネットで学校案内やら、受験情報を集め出した。で、受験したいというのだ。

 おやおや。

 反対したら、それだけで、熱持って突っ走りかねないので、とりあえずは聞くだけ。本人も冷静に考えてもらわないとね。

 さてさて、いきなり受験が始まるのかしら。

  type2size5    ← 無料メールマガジン。「応援メール」です。登録はこちら。試しに一つ、お願いします。

※1 昨日、女子大生会計士の事件簿が家にあると言いましたが、さがしてみると「3」でした。

 女子大生会計士の事件簿3

 読んでみると、結構おもしろかったです。あっという間に読めるし。でも、小説としては、今ひとつ。ネタのおもしろさで読ませてます。
 ちゃんとした脚本家で、2時間ドラマとかにすれば、良いのかな。

※2 長男の受験話は、あっという間に立ち消えになるかも。上の子の時も、コース選択や志望学科では、さんざん振り回された。
 これぐらいの、年頃は一晩寝たら、ころっと変わっていたりしますから。






Last updated  2005.12.04 22:06:20
コメント(22) | コメントを書く
2005.11.29
 昨日は、” けえかほおこく アイキュウテストの結果、わたしは、かぞく1のばかになった ”で、IQテストと、「アルジャーノンに花束を」について書きました。
 ちょっと浮かれて書きましたが、noco27さんに、「 今まで生きてきたのが、否定されてしまうようで、こういうテストは嫌いだな~・・・」と、コメントをいただきました。 

 おっしゃるとおり。
 社会での成功は、IQよりEQである。こころの知能指数が大切なのだ。その先駆けになった一冊。


EQ こころの知能指数「EQ こころの知能指数」


 こころの知能指数。つまり、自分の感情に振り回されずに、感情を認めてコントロールする方法。

 10年前に読んだ時、最も印象に残ったのが、マシュマロ・テスト。(実際、これしかおぼえていなかった。)
 4歳児の前に、マシュマロを置く。ちょっとでかけてくるから、その間、食べずにガマンしてね。ガマンできたらもう一個あげるからね。ガマンできずに食べちゃっても良いけど、それで、おしまいだからね。
 と言って、15分から20分、席をはずす。

 このマシュマロ・テストは、欲求をガマンできるかどうかのテストだ。

 忍耐は全ての基礎である。

 マシュマロ・テストで、ガマン出来た時間によって、長くガマン出来た子、普通の子、ガマン出来なかった子と、それぞれ、三分の一ずつに分ける。

 高校まで追跡調査すると、ガマン出来た子と、できなかった子では学業テストでも、2割近い成績の差が出ているのだ。

 マシュマロ・テストでガマンできなかった子の中には、成長してもけんかっ早かったり、勉強に集中できない子がいるのだ。

 もちろん、成績面の話だけではない。スポーツで頑張れる子、友だちに信頼の厚い子は、それぞれ、瞬間の衝動をガマンして、じっくりと物事をやり遂げる能力があるのだ。
 何度もシュート練習をするのも、英単語を覚えるのも、友だちの話を忍耐強く聴くのも、もとになるのは、EQ、心の知能指数である。

  type2size5    ← 無料メールマガジン。「応援メール」です。登録はこちら。試しに一つ、お願いします。

※1 子どもには、「IQより愛嬌」だと言っております。常々。

※2 EQも練習次第でのばせるようです。くわしくは、本を読んで下され。うまく、まとめ切れません。






Last updated  2005.11.29 23:22:11
コメント(12) | コメントを書く
2005.07.31
 子どもの三者面談に行ってきました。
 同じ私立の中三と高二なので、同日にして、わたしは高二の娘のところ、かみさんは、中三の息子のところへ。

 で、結果としては劇的なとこは無し。中間の成績が悪かったので、期末がんばったので復活。模擬試験は、上位をキープ。
 姉ちゃんは、そろそろ、受験勉強を始めるようにとのこと。志望校がちょっと高望みなので。
 先生が研究者として残ろうと修士に進んだ方だったので、いろいろとお話をうかがえた。
 やっぱり、良い大学には刺激的な人間が多い。普通に英語が出来るのが、当たり前。その上で、勉強する。良い大学に入れば、選択肢が広がる。上の大学10校で、大学の研究費の半分ぐらい持っていく。等々。
 とにかく、入らないと始まらない。一応、姉ちゃんは、その気になってきたようだ。

 日常の生活については、文句なしだそうです。しつけが行き届いてると、嬉しい言葉をいただいた。つきあっている友達も、おっとりタイプのマジメな子が多いとのこと。

 中三の長男の方は、友達が少なくて心配だったが、だんだん、クラスにとけこんで、最近では人気者だとか。6月の修学旅行で、司会などをして受けていたそうだ。
 良かった、良かった。
 もともと、人づきあいに時間のかかるタイプだったので、中学に入った時から心配だったのだが。
 2年とちょっとかかったが、クラスがほとんど固定の私立の良さである。

 ほっとする感じ。素直にありがたく受け止めておきましょう。

  type2size5  ← メールマガジン、次の目標は100回。「応援メール」です。登録はこちら。
 応援して下さった皆様、これから応援してくださる皆様、ありがとうございます。

※1 ひさびさに、ネタのない、そのままの日記ですな。書く方は楽だが、読み応えはないかな。まー、そうそう、続かないからな。
 多分、夏ばて。暑いのよ。
 クーラーは寝室にしかないし。

※2 長男が言う。
 「教室に、先生と自分と知らない人がいるんだよ」
 「なんだい、そりゃ」
 「第三者面談」
 ふだんは、こんな事ばっかり言ってるんだが、友達になるまでに時間がかかるのよね。
 最近は、女の子にもギャグが受けるようになって、普通に話せるらしい。
 良かった。良かった。






Last updated  2005.07.31 16:07:52
コメント(8) | コメントを書く
2005.07.15
 今日は娘の高校で、進路説明会。2年生だが、そろそろ、最後のコース選択がある。
 コースの変更は、実際のところ、高2の2学期がほとんど最後。理系から文系への変更(いわゆる文転)が、ぎりぎり可能。文系から理系への変更(いわゆる理転)はかなり、厳しいとのこと。
 
 国公立入試で標準的な場合、
 理系の受験科目が、
 国語、英語、数学1,2,3,A,B,C、理科2科目の1,2(物理1,2、化学1,2、生物1,2、地学1,2から)、地歴・公民から1(日本史、世界史、地理、現代社会、政治経済、倫理)

 文系の受験科目が
 国語、英語、数学1,2,A,B,理科1科目の1(物理1、化学1、生物1、地学1から)、地歴から1(日本史、世界史、地理)、公民から1(現代社会、政治経済、倫理)

 理系が教科書13冊。文系が9冊。4冊の差は大きい。ほとんど1.5倍だ。
 さらに、文系の2次試験で地歴公民を課すところは旧帝大ぐらいだが、理系では、2次試験に理科のでないところは無い。

 と、言うわけで、数学の進度差と理科の履修数の差が、理系と文系ではかなりある。これが文系から理系への理転をむずかしくしている理由。


過去問研究いわゆる赤本


 さらに、国公立入試前期、中期、後期、推薦入試、AO入試、センター利用私大、センター利用推薦、等々、入試制度の話。
 現状は複雑怪奇、わたしは、職場が高校なので、だいたいの話は聞いたことがある。普通の保護者の方には、ちんぷんかんぷんだろう。
 
 で、どの入試制度を受けるかで、勝負所が違ってくる。
 推薦関係なら、ボランティアや生徒会活動、スポーツでの活躍や、外部コンテスト(音楽や美術の芸術系、作文や意見発表)の成績などが重要になる。日々の生活でも、良い子であった方がいい。中間、期末で良い点を取っておくこと。
(うちの娘は、毎日疲れる事するより、勉強した方が楽だとのこと)

 それと、理科、社会の選択科目の決定が、急ぐところ。2年中に、理科の一つ、社会の1つぐらいは、仕上げておかないと、3年に行ってヒーヒー泣くことになる。(今、泣いてるのがいる、らしい。かなりたくさん)
 
 受験科目を、入学したい大学の資料で調べておくようにとのこと。

 夏休み前の三者面談(教師、保護者、子ども)で、理系、文系、選択科目、入試制度について、確認するとのこと。
 それまでに、娘ときちんと話さなくては。

  type2size5  ← メールマガジン60回、越えました。「応援メール」です。登録はこちら。
 応援して下さった皆様、これから応援してくださる皆様、ありがとうございます。

※1 司会の先生いわく、
 「毎年、必ずクラスにひと組は三者面談の席で、親子ゲンカを始めます。担任はとても困りますので、おうちできちんと話し合っていて下さいとのこと。


ドラゴン桜ドラゴン桜


※2 ドラゴン桜、さすがに偏差値30から東大は厳しいと思いますが、書いてあることは、割りと当たっている。受験勉強本にあった話など、かなり勉強しているし、ウソはありません。
意外と役立つかも。(偏差値30となると、机の前に30分座る練習から始める必要があるからな。時間がかかりすぎる。)






Last updated  2005.07.17 00:25:33
コメント(4) | コメントを書く
2005.03.12
 昨日は、子供が理系・文系を勝手に決めて、私は面白くない。
 という話を書きましたが、

 今朝、話をしようとしたら、
 娘の方から、
 「やっぱり、理系にしておく」と言うことになりました。

 一安心。
 夕べ、頭ごなしに言わずに良かったなっと、思いました。
 高校生にもなったら、いくら言っても聞きません。親にできるのは、提案するだけですな。
 娘とちょっと話をしましたが、本人も迷っているみたいで、理系の方がギリギリまで選択がきくところが決め手になったようです。今日、先生に相談すると言っていました。変更が間に合えばいいのですが。(私立なので、土曜も授業があります)

 理系から文系への志望変更、いわゆる「文転」は、結構聞く話ですが、その逆「理転」はあまり聞きません。
 不可能ではないですけど。

 前の勤務校で、高校三年の五月ぐらいから、文系の子が看護学校(理系)に行きたいと言い出した事がありました。受験に必要な科目に数3や化学があります。文系の授業では、どちらもやらない科目です。自分で勉強するのも大変です。(文系は覚えればすむけど、理系科目は理解できないと進めないことが多い。わからなくなった時に、聞ける人がいるといないでは、大違いです)
 田舎の進学校だったので、先生方も親身な人達が多かった。結局、ほとんど、マンツーマンの、数学と理科の補講をやっていました。
 合格したから良かったけど。

 理系の方が文系より二割ぐらい勉強する教科が多いように思います。
 文系の方は、その分、一つのことを深くやるんだといってるけど、そんな事はないね。高校生までは、安易に勉強する範囲を狭くしないで、できるだけ、がんばったほうがいいです。

 どんなことでも、少しずつでも、かじっておけば、後が楽です。
 何でも、最初の一歩が大変だからな。






Last updated  2005.07.02 11:28:17
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.11
 子供ってやつは、相談も無しに、
「今日、クラス編成希望の最終日で、文系にした。」
と、きたもんだ。
 娘は、今、高校一年で、4月からは二年生。だんだん、道が決まっていくんだなー。

 まぁー、結局は、本人の決めることだが、少しは相談というモノがあってもいいだろう。
 ずーっと、理系の話をしていたので、将来は技術者になると思っていたのだが。

 私自身が、事務職なので、後に何も残らない事務仕事が嫌になっていたのだが。いろいろとアドバイスもしてきたつもりだったのだが。

 自分自身が、親にさからってばかりだったから、最終的に本人の意志が絶対だと思うのだが。

 「親が反対しても子供はやる」みたいな本があったな。全くその通りだ。

親が反対しても、子どもはやる―新・家族論 「大前 研一」でした。

 家のどっかにあったな。読んでないけど。(※1)

 考えてもしょうがないので、何か本でも読んで寝ましょう。

 しかし、子供ってやつは、ぷんぷん。


※1 いつか、読んでない本についての話を書きましょう。私は、買うと安心するタイプなのか、読んでない本が本棚一本分ぐらいあります。






Last updated  2005.07.02 11:27:36
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.08
 私は、県立高校の職員(教員では無い)ですが、
 今日は県立高校の受検1日目でした。

 中学3年生の、あどけない顔を見ていると、こいつらが3年間の間にいろいろと問題を起こしてくれるのが不思議になります。

 今の勤務校は、進学校とは言えない、二番手か三番手ぐらいの学校です。体育系の部活動が盛んで、生徒指導はあまりありません。
 
 教員の間では人気の高い学校です。
 素直な生徒が多い上に、他の学校に比べれば仕事が楽な方だからです。
 進学指導もあんまり無いし、生徒指導もあまり無いから。

 進学校は朝の時間外の授業(0校時と言っています)がありますし、放課後や長期休みにも講座があります。

 底辺校には、生徒指導があります。クラスに一人でも困った子がいれば、担任は大変です。面談したり、電話したり、家庭訪問したり・・・・・・。
 
 進学校の生徒指導は、不登校とか引きこもり傾向とか、重ぐるしい話になったりしますし。


 でも、楽な学校と言っても、教員は基本的に忙しいです。
 勤務時間が週40時間として、授業18時間、準備18時間、それに、委員会、職員会議、成績付け、県からの調査もの。
 単位保留、生徒指導、不登校、などがあれば、一人一人にカルテを作って指導しています。

 ちょっと計算するだけで、勤務時間は簡単にオーバーします。部活動を見たり、生徒の相談に乗ったりしたら、1日12時間勤務の土日無しになったりします。

 教員の心配はいいですね。
 とりあえず、受検生の皆さん明日までがんばってください。

※1 本県では学力検査の略で受検といいます。受験とは違うのです。






Last updated  2005.07.02 11:27:09
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.