2006.01.18

整理整頓は、大切なのだ。

(10)
 年明け、ずっとバタバタしていたが、今日で仕事も一段落。
 と、言っても次の段落が明後日なのだが。

 帰ってきたら、「あちらこちらに散らばった本を片付けろ」と、息子にしかられる。へいへいと、片付けていたら、”「分かりやすい説明」の技術”が古本屋の開けてもいない袋から出てきた。105円である。
 あ痛タタタ。ついこの間、新刊で3冊買って1日で読んでしまったのだ。買う前に気づけよな。もったいないなー。
 とぼしい小遣いなのに。
 整理整頓は、大切なのだ。

 
 「分かりやすい表現」の技術 「分かりやすい説明」の技術 「分かりやすい文章」の技術


 いわゆる文章読本のたぐいではない。芸術文ではなく、実務文の書き方を考えた本なのだ。
 著者は大手メーカーのソフトウェアー・エンジニアである。
 理系である。良いねー。

 さてさて、表題にある「分かりやすい」だけど、どうすればいいのか。

 人間の脳の理解の過程を考えて、するっと入るようにするわけだ。
 そのためには、分解したり、論理的にして、とおりを良くしたりする。
 整理整頓ですね。

 くわしくは、読んでみて下さい。
 大変、わかりやすくできております。


  type2size5    ← 無料メールマガジン。「応援メール」です。登録はこちら。試しに一つ、お願いします。

※1 久しぶりに早めに帰ったら、かみさんが遅くなるとのこと。子ども達が、野菜を切ったりしておりました。
 見てられなくて、つい手を出してしまいました。野菜を切るとこだけですが。キャベツを一枚ずつ切っているのだ。土日なら、いくら時間がかかっても良いのだが。
 後は、子ども達におまかせ。おいしく、食べられました。





TWITTER

Last updated  2006.01.18 20:56:47
コメント(10) | コメントを書く
[あの本、おぼえてる?] カテゴリの最新記事