4648697 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

住宅営業マン日記~月いちこと菊原智明@営業コンサル@大学講師

PR

Profile


月いち

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Freepage List

July 12, 2016
XML
カテゴリ:接客
▲「まだ先の話なのですが」と言われたらどうする?
↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

おはようございます。

菊原です。

今日は家で仕事をする日です。

1つ1つ丁寧にやりたいと思います。

■”営業レター”マスターして8割の中長期客を上手に育てませんか?
(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)
営業通信講座はこちら
営業教材お役立ち情報、事例集のどの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。
【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】


~「まだ先の話なのですが」と言われたらどうする?~

ある会社で新人研修をさせて頂いた時のこと。

その中には入社1年経って

“契約ゼロ”

の営業マンも参加していた。


新人5名、その他5名の計10名。

その営業マンに対して

“来店したお客様から「まだ先の話なのですが」と言われたらどうする?”

というワークをしてもらった。


その中で3人は

「そういったお客様もいらっしゃいますから、気にしないで見学していってください」

と回答した。

これは模範解答。


“来店してすぐの断りは本当の断りではない”

お客様のその言葉に対して

“それでも問題ありませんよ”

と流しておけばいい。

これを理解していたのは3人だけだった。


残り7人は

「見積りだけでもどうですか?」

「ではいつでしょうか?」

「先のばしにしてもいい事はありません」

という回答だった。


中には

「その時期になったらお越しください」

とお客様を帰そうとする営業マンも。

この彼は新人だから仕方がない分部もあるが。


《お客様への対応はある程度分かっているだろう》

と思っていた新人以外の営業マンも

“応酬話法”

について勘違いしているようだった。


お客様に立場になって受け答えを考える。

基本的なことですが時々思い出すようにしましょう。


※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください
【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】
お勧め日記【住宅営業マン日記】
 http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

■「訪問しないで売れる営業に変わる本」の文庫版!
【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

■心理術のリニューアル版(購入者特典もあります)
【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】



HPスマホ版はこちら
―――――――――――――――――――――――――――――
■今月の教材ランキングはこちらです
1位 お役立ち情報事例集 スタンダードコース
2位 【通信講座】シルバーコース
3位 一括購入【マスターコース】


■CD教材、メルマガ、無料レポートもあります
営業サポート・コンサルティング株式会社

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。
詳しくはこちらへ

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。







Last updated  July 12, 2016 05:02:44 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.