5119621 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

住宅営業マン日記~月いちこと菊原智明@営業コンサル@大学講師

PR

Profile


月いち

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Freepage List

August 4, 2019
XML
カテゴリ:考え方

▲難しい契約ではなくスムーズな契約を理想とする

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日はソフトボールの市民大会です。

 

日中なので熱中症に注意しながら頑張ってきます。

 

 

■新刊「営業の働き方大全」

https://amzn.to/2EguwQc



営業の働き方大全 [ 菊原 智明 ]​ 

 

■8月は見込み客が少なくなる時期です。安定受注の為に逃したお客様を営業レターで育てませんか?

すべて音声化してありますので車など移動中に勉強できます。

 

・営業通信講座(12ヵ月間で終了)http://kikuhara.jp

・営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

・お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

・音声教材シリーズ(音声4時間)http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

 

※どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークスCD(本4冊収録)】をプレゼントいたします。

 

 

~難しい契約ではなくスムーズな契約を理想とする~

 

新人研修をさせて頂いた時のこと。

 

ここでも打ち上げがあった。

 

私は比較的、若い人は好き。

 

学生と接していることもあり、全く抵抗がない。

 

 

隣に座った2年目の営業マンと話をした時のこと。

 

私は彼に

 

「理想の営業マンってどんな感じですか?

 

と質問した。

 

 

すると、すぐに

 

「やはり競合他社に打ち勝つ営業マンです」

 

と迷いなく答えた。

 

 

他社に打ち勝つ

 

といった時点で、それは難しいお客様。

 

レッドオーシャンである。

 

力がある営業マンですら勝つのは至難の業。

 

これはあまり手を出さない方がいい。

 

 

なぜ、こういったイメージを持つのか?

 

おそらく

 

難しいお客様から契約を取ることが美徳

 

とされているのだろう。

 

 

確かに昔はそういった風潮があった。

 

営業会議では部長が

 

「○○くんは競合他社がひしめく中、必死で頑張って契約を勝ちどったんだぞ。みんな拍手!

 

と喝采したものだ。

 

 

これは昔の話だと思っていた。

 

今この時代も間違ったイメージがはびこっている。

 

そして

 

《こんな若い人まで洗脳されているのか》

 

と驚いたものだ。

 

 

難しい契約を美徳とするのではなく

 

一番スムーズな契約

 

を理想とする。

 

その方が営業活動は何倍も楽しくなります。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

 

★こんなサイトもやっています!

■フリーランスのための営業講座

https://note.mu/kikuhara_sub

 

2019年からスタート

毎週金曜日(1月4日創刊) 【稼げる人、売れる人に変わる知恵】【1ヵ月無料】

https://www.mag2.com/m/0001684847.html

 

 

■新刊【売れる営業マンの「ノート」「メモ」「手帳」術】

https://amzn.to/2RdJ0VW

 

■「営業1年目の教科書」

http://amzn.to/2Bvo20i

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  August 4, 2019 05:00:38 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.