4703622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

住宅営業マン日記~月いちこと菊原智明@営業コンサル@大学講師

PR

Profile


月いち

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Freepage List

October 14, 2019
XML
カテゴリ:成長

▲自分をひとまわり大きく成長させる方法

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

ソフトバンクが4連勝で日本シリーズ進出を決めました。

 

いやぁ、よかったです。

 

今日は祝日ですが大学の授業日です。

 

今日も頑張ります。

 

■「営業の働き方大全」

https://amzn.to/2EguwQc



営業の働き方大全 [ 菊原 智明 ]

 

■10月になりました。商談客にランクアップする為に営業レターをご活用ください。

すべて音声化してありますので車など移動中に勉強できます。

 

・営業通信講座(12ヵ月間で終了)http://kikuhara.jp

・営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

・お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

・音声教材シリーズ(音声4時間)http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

 

※どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークスCD(本4冊収録)】をプレゼントいたします。

 

 

~自分をひとまわり大きく成長させる方法~

 

人は

 

“自分が理解できることだけを見ようとする”

 

といった傾向がある。

 

 

例えば本を読む。

 

自分が知っている事、共感できる部分だけを読んで理解する。

 

だから、ひとそれぞれ感想が違う。

 

同じものでも捉え方が変わってくるのだ。

 

 

これは人間関係でも言える。

 

人は

 

“共感できる人”

 

だけと一緒の時間を過ごす傾向にある。

 

 

自分の周りを見ても似ている感じの人が多いし、

 

「この人はちょっとなぁ」

 

というタイプを避けていく。

 

こうして似ている人だけが残っていく。

 

 

これでもいいのだが、時には

 

「この人の考え方は共感できない」

 

という人も積極的に理解するようにする。

 

 

別の考えの方と話をするとストレスがたまるが、

 

“自分の枠”

 

は広がっていくものだ。

 

 

これが難しいなら、本の中の

 

「これはちょっと違うな」

 

という部分を理解しようと努力する。

 

これだけでも成長になる。

 

 

自分をひとまわり成長させるために

 

“共感できないこと”

 

を積極的に取り入れる。

 

私もこれから意識してやってみたいと思います。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

 

★こんなサイトもやっています!

■フリーランスのための営業講座

https://note.mu/kikuhara_sub

 

2019年からスタート

毎週金曜日【稼げる人、売れる人に変わる知恵】【1ヵ月無料】

https://www.mag2.com/m/0001684847.html

 

 

■【売れる営業マンの「ノート」「メモ」「手帳」術】

https://amzn.to/2RdJ0VW

 

■「営業1年目の教科書」

http://amzn.to/2Bvo20i

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  October 14, 2019 05:00:31 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.