5118106 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

住宅営業マン日記~月いちこと菊原智明@営業コンサル@大学講師

PR

Profile


月いち

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Freepage List

February 18, 2020
XML
カテゴリ:ヒアリング

▲相手の価値観をしっかり認めてからアドバイスをする

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

菊原です。

今日は研修の日です。

最後の島根県を楽しんできたいと思います。

 

■新刊「朝30分早く起きるだけで仕事も人生もうまく回りだす」

https://amzn.to/2rjr8l3

働き方改革はこれで解決!です



朝30分早く起きるだけで仕事も人生もうまく回りだす [ 菊原智明 ]​ 

 

■成績安定のためにお客様を育てる営業レターを活用しませんか? すべて音声化してありますので車など移動中に勉強できます。

・営業通信講座(12ヵ月間で終了)http://kikuhara.jp

・営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

・お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

・音声教材シリーズ(音声4時間)http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

※どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークスCD(本4冊収録)】をプレゼントいたします。

 

~相手の価値観をしっかり認めてからアドバイスをする~

 

誰かと話をしていて

「この人とは価値観が合わないなぁ」

と思うことはないだろうか?

 

お客様なら話を合わせるが、友達なら

「全く共感できない」

と否定したくなるものだ。

 

思わず

「それ違うんじゃない?

と言いたくなってしまうこともあるだろう。

 

こちらとしては良かれと思っていったこと。

しかし、相手はそうはとらない。

「自分のことを否定された」

と思い、関係が悪くなる。

 

十人十色。

人それぞれ違う価値観を持っており、それを否定されることを嫌う。

 

私の知人Aさんは

人との付き合い

を重視するタイプの人。

とにかく仲良く楽しくがポリシーだ。

 

その一方Bさんは

自由気ままで縛られるのを嫌う

というタイプの人。

比較的一人の時間を好む。

 

ある時AさんがBさんに対して

「もっと人と関わった方がいい」

と力説していた。

 

しかし、Bさんには響かない。

それどころか、拒絶しているように見えた。

 

AさんとしてはBさんのためを思って言ったこと。

しかし、逆効果なった感じだった。

 

相手の価値観をしっかり認めてからアドバイスをする。

これはコミュニケーションの基本です。

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

★ランチ一回分でマニアックな営業スキルが手に入る!

毎週金曜日【稼げる人、売れる人に変わる知恵】【1ヵ月無料】

https://www.mag2.com/m/0001684847.html

■フリーランスのための営業講座

https://note.mu/kikuhara_sub

 

■「営業1年目の教科書」

http://amzn.to/2Bvo20i

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

■【訪問しないで売れる通信講座】

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。







Last updated  February 18, 2020 05:00:31 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.