000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

住宅営業マン日記~月いちこと菊原智明@営業コンサル@大学講師

PR

全243件 (243件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 25 >

考え方

September 19, 2017
XML
カテゴリ:考え方

▲良い事も悪い事も含めて”営業は楽しい”と考える

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日は今月2回目のゴルフです。

 

天気も良さそうです。

 

シーズンベストの更新を目指します。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~良い事も悪い事も含めて営業は楽しい”と考える~

 

ダメ営業マン時代のこと。

 

トップ営業マンを見ては

 

《あの人には売れない俺の気持ちなど分からないだろうな》

 

と思っていた。

 

 

また、

 

《問題や悩みなんかもほとんどないだろう》

 

と思っていたものだ。

 

 

配置が換わり、トップ営業マンと先輩一緒の営業所になった。

 

近くで見るようになってすぐに

 

《売れている人もいろいろ大変なんだ》

 

と気がついた。

 

 

先輩は私たちの

 

《今月もゼロかぁ、参ったなぁ》

 

という程度の悩みどころではない。

 

 

見ていて

 

《よく耐えられるなぁ》

 

と感心するほどの問題を常に抱えていた。

 

遠くで見ている時と印象はガラッと変わったものだ。

 

 

ただ、もう1つ気がついたのは

 

問題をネガティブに捉えていない

 

ということ。

 

 

先輩はトラブルや問題について

 

「こういったこともアリなんだよ」

 

といった感じのことをよく言っていた。

 

 

おそらく

 

良い事も悪い事も含めて住宅営業は楽しい

 

と言いたかったのだろう。

 

だからこそ平常心で問題を処理できたのだ。

 

 

営業をしていれば問題も起こる。

 

それもアリと考えて前向きに取り組みましょう。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  September 19, 2017 05:01:48 AM
コメント(0) | コメントを書く


September 5, 2017
カテゴリ:考え方

▲受け入れたとたん前向きなアイデアが浮かんでくる

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日は個人コンサルティングの日です。

 

夜には打ち上げも。

 

今日も非常に楽しみです。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~受け入れたとたん前向きなアイデアが浮かんでくる~

 

私の友人のこと。

 

友人は非常に珍しい名前をしている。

 

カナカナを強引に漢字にしたような名前。

 

初めて聞いた時は信じられなかった。

 

 

友人は

 

「いやぁ~この名前を付けた親をしばらく恨んでいましたよ」

 

と言っていた。

 

小学校の時代はまだよかったが、中学、高校と進むと

 

名前いじり

 

がひどくなったという。

 

 

社会人になってからも、名刺交換するたびに

 

「これなんてお読みするのですか?

 

と必ず質問される。

 

時には名乗っても信じてもらえない場合もあるというのだ。

 

 

知人はある時

 

《この名前のお陰で覚えてもらえるようになった》

 

と前向きに捉えるようになった。

 

 

知人はつくづく

 

「自分の名前を受け入れてから人生が明るくなりましたよ」

 

と言っていた。

 

 

今の状況を受け入れる

 

これは大切なこと。

 

変えられるなら努力するが、変えられないなら

 

《これを思いっきり利用しよう》

 

と思った方がいい。

 

 

もしかしたら今いい状況ではないかもしれない。

 

《もっとお客様が入る展示場が良かった》

 

《他の部署ならなぁ》

 

《もっといい会社だったら》

 

などなど。

 

 

いろいろ不満があると思うが、ここは思い切って受け入れる。

 

受け入れたとたん前向きなアイデアが浮かんでくるはずです。

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  September 5, 2017 05:01:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 26, 2017
カテゴリ:考え方

▲”アンチ思考”の人が成功しないワケ

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日は広島で講演です。

 

新幹線の移動が長くなるので、いろいろと準備しました。

 

今日も頑張ります。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

アンチ思考の人が成功しないワケ~

 

仲間と集まった時のこと。

 

珍しくプロ野球の話になった。

 

昔は毎日

 

「どっちが勝った、負けた」

 

と話題にしたものだが、最近はほぼ話をする機会がない。

 

 

野球話で盛り上がっている中、Aさんが

 

「そう言えばアンチ巨人ファンにうまく行っている人は少ないですよ」

 

と言い出した。

 

 

もちろん周りの人は

 

「そんなことないですよ!

 

と反論していた。

 

 

私自身も

 

《それは偏った意見だなぁ》

 

と思っていたのだ。

 

 

Aさんは

 

「アンチ思考の人はどうやっても長くは成功しないんです」

 

と言って脳科学の話を付け足した。

 

 

このブログでも

 

脳は人称を認識できない

 

といった話をしたことがある。

 

 

アンチ思考ということは常に

 

《あのチーム負けろ》

 

と敗戦や失敗を願うことになる。

 

 

ということは、それを脳は

 

自分が失敗しろ

 

と勘違いする。

 

確かにアンチ思考は長く成功しなそうだ。

 

 

スポーツ観戦だけであれば問題は少ない。

 

しかし、意識してアンチ思考は避けるようにする。

 

多くの成功を願う人が長く成功し続けるものです。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  July 26, 2017 05:01:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 23, 2017
カテゴリ:考え方

▲《何のために嫌われることを言ったのか?》と考える

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日はソフトボールの試合日です。

 

ただ今、5打席連続ヒット中。

 

調子にのらず1本ヒットを打ちたいと思います。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~《何のために嫌われることを言ったのか?》と考える~

 

昨日のブログでは

 

「原因追求より“何のために断られたのか?”と考える」

 

という話をした。

 

その方が早く気分を切り替えができるも。

 

 

この考え方は

 

人とのコミュニケーション

 

でも応用できる。

 

 

同じ営業所の仲間に

 

いちいちムカつくことを言う奴

 

がいた。

 

 

カチンときて

 

「ふざけるな!お前の方こそ態度を改めろよ」

 

と言い返すことも。

 

これはこれで

 

《あぁ、なんであんなことを言ってしまったのだろう》

 

と後悔する。

 

 

どんなことを言われてもこちらがカッとなったら負け。

 

とくに頭に血が上った時は冷静な判断が出来ないものだ。

 

 

かといって我慢すれば

 

《チクショウ、あんないい方しやがって・・・》

 

といつまでもスッキリしない。

 

言っても言わなくても気分が悪かった。

 

 

もしあの時

 

《彼は何のためにわざわざ嫌われることを言ったのか?

 

と考えたらどうだろう?

 

 

よくよく考えてみれば私も彼と同じような欠点があった。

 

《あぁ、それに気づけというメッセージなのか》

 

と考えることも出来ただろう。

 

 

嫌な奴からのムカッとくる言葉に反応しない。

 

そして

 

《これは何を気づくためのメッセージなのか?

 

と捉えてみる。

 

それだけでもずいぶんと気持ちは楽になります。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  July 23, 2017 05:01:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 22, 2017
カテゴリ:考え方

▲原因追求より“何のために断られたのか?”と考える

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

昨日は36度の中、ゴルフをしてきました。

 

その後、飲み会に。

 

脱水していた分、効きましたね。

 

さて今日はソフトの練習日。

 

残っているアルコールを抜いてきたいと思います。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~原因追求より“何のために断られたのか?”と考える~

 

住宅営業をしていて一番こたえるのは

 

お客様からの断り

 

だった。

 

 

もちろんクレームもダメージは大きい。

 

ただクレームはなんだかんだ言っても最後には解決するもの。

 

精神的にキツイが達成感はあった。

 

 

しかし、お客様の断りはダメージが残る。

 

とくに

 

《このお客様は間違いなくいけるだろう》

 

というケースはダメージが大きい。

 

なかなか忘れられない時も多かった。

 

こうして調子をどんどん落としていった。

 

 

私も含めこういった場合、多くの人が

 

《どうして断られたのか?

 

と考える。

 

 

値段が高かったのか?

 

提案力が足りなかったのか?

 

それとも・・・

 

このように原因を探す。

 

もちろんこういった事も必要だが、やり過ぎればますます落ち込んでいく。

 

 

こんな時は

 

《何のために断られたのか?

 

と考えてみる。

 

すると

 

《あぁ、○○の部分の弱さを気づかせてくれるためだったんだな》

 

と考えられるようになる。

 

 

原因追求ではなく

 

何のために断られたのか?”

 

と考えてみる。

 

その方が早く立ち直れます。

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  July 22, 2017 05:01:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 13, 2017
カテゴリ:考え方

▲結果が出なかったのは”ルールが変わったから”ではない

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日はとくに予定がありません。

 

ここ最近忙しかったので家でゆっくり過ごしたいと思います。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~結果が出なかったのはルールが変わったからではない~

 

娘の塾の見学に行った時のこと。

 

A塾の説明会で講師が話をしてくれた。

 

その講師は

 

「実は昨年は合格率が下がってしまったんです」

 

と言いながらパワーポイントで数字まで出してきた。

 

 

その時は

 

《包み隠さず正直でいいな》

 

という印象を持った。

 

自己開示の効果なのか、それとも

 

デメリット・メリットトークなのか?

 

とにかくその時点では好印象だった。

 

 

しかし、その後が問題。

 

その講師は

 

「いやぁ~去年はルールが変わりましてね。散々でした」

 

と言い出した。

 

 

ルールが変わったのは他の塾も同じこと。

 

それが合格率が下がった理由にはならない。

 

 

なにより

 

ルールが変わったら対応できない

 

というスタンスはちょっと違う。

 

そうではなく

 

「当塾はルールが変わっても対応できる力をつけさせます」

 

と言ったらずいぶんと印象は変わっただろう。

 

 

営業マンにも

 

「○○に変わったので結果が出ませんでした。本当にツイていませんでした」

 

などと言う人もいる。

 

社長でもいるが。

 

 

ルールが変わっても結果を出す人はたくさんいる。

 

それが理由にはならない。

 

状況が変わっても対応できる力をつける。

 

不運を呪うのではなく本当の実力をつけるようにしましょう。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  July 13, 2017 05:00:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 9, 2017
カテゴリ:考え方

▲鳥瞰的に物事をとらえることで真実が見えてくる

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日はソフトボールの試合日です。

 

今日もボールを芯にあててヒットを打ちたいです。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~鳥瞰的に物事をとらえることで真実が見えてくる~

 

ある通信講座の会員さんのこと。

 

通信講座はメール相談の特典がある。

 

営業レターのチェックから営業活動の悩みまで。

 

いろいろと相談にのっている。

 

 

その会員さんはどういうワケが

 

《ちょっとイラッとするメール》

 

を送ってくる。

 

 

半分相談で、あと半分は

 

「その通りになりませんでしたよ」

 

といった感じのクレーム。

 

 

その表現もいかにも

 

売れないのは菊原さんのせいです

 

といった感じだった。

 

それも敵意むき出しでクレーマー的な感じ。

 

経験上、こういったタイプの人が結果を出すことはない。

 

ガマンしながら対応していた。

 

 

しかし、こういった人に限ってたくさんメールを送ってくる。

 

メールボックスの名前を見るだけで

 

《またかぁ・・・》

 

と深いため息をついていた。

 

 

さんざん、やり取りしている時にフッと

 

《でもこの人も私を頼っているんだよな》

 

という気持ちになった。

 

考えてみれば私の事を本当に嫌いなら本を買うことも無ければ会員になることもない。

 

他の誰かに相談するだろう。

 

 

何となくその人の気持ちを理解した途端

 

クレーム的なメール

 

が届かなくなった。

 

もしかしたら私の返信に気持ちが表れたのかもしれない。

 

だとしても不思議な感覚だった。

 

 

敵意があるような人も客観的に見れば

 

《本当に嫌いだったら話かれもしないはずだよな》

 

と気がつくこともある。

 

冷静に鳥瞰的に物事をとらえることで真実が見えてくることもあります。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  July 9, 2017 05:01:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 19, 2017
カテゴリ:考え方

▲痛い目にあって飛躍する人、愚痴り続ける人

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

ダイヤモンドオンラインにて

 

【トップ営業マンが「顧客への質問マニュアル」を使わない理由】

http://diamond.jp/articles/-/132070

 

という記事を書きました。ぜひ読んでみてください。

 

さて今日は大学の授業日です。

 

今日も頑張ります。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~痛い目にあって飛躍する人、愚痴り続ける人~

 

ちょっと前の話だが、知人Aさんが

 

「うまい話にのって痛い目にあいましたよ」

 

といった話をしていた。

 

 

実は私自身も近い話を持ちかけられていた。

 

Aさんの話を聞いて

 

《その話にのらなくて本当に良かったぁ~》

 

とホッとした。

 

 

Aさんはよっぽと頭にきているのか、会うたびに

 

「ほんとヤツは許せませんよ」

 

といった話をする。

 

私も引っかかっていれば同じように愚痴るかもしれない。

 

 

一方、知人Bさんは別口だがやはり投資系の話で騙された。

 

Bさんは被害額も大きくダメージも大きい。

 

にもかかわらず

 

「いやぁ~無知でした。今回高い授業料になりましたが、本当に勉強になりましたよ」

 

と話していた。

 

 

Bさんからの話から

 

恨み節

 

は感じられない。

 

むしろ感謝しているような口ぶりだった。

 

 

さらには

 

「この経験を元にして一冊本でも書きますよ」

 

と言う。

 

本当にたくましい人だと感じた。

 

 

誰だって痛い目にあうことがある。

 

そんな時、恨み節でいつまでも愚痴るか?

 

それともそれをモチベーションにして飛躍するか?

 

考え方次第でどうにもなる。

 

最近、私もちょっと痛い目にあったのでその経験を今後に活かしたいと思います。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  June 19, 2017 05:03:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 1, 2017
カテゴリ:考え方

▲営業活動を1つ1つ分解して考えてみる

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日から6月です。

 

小雨が降っていますが、清々しい朝です。

 

今日もしっかりやることをしたいと思います。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~営業活動を1つ1つ分解して考えてみる~

 

久しぶりに研修後の飲み会に参加した時のこと。

 

そこには成績上位の営業マンが参加していた。

 

隣の若い営業マンは

 

「私はできるだけ自分に投資するようにしています」

 

という。

 

若い人では珍しい。

 

 

営業ノウハウや成功哲学。

 

さらには戦略やリーダー論なども学んでいる。

 

おそらく社長でも狙っているか、近い将来独立でもするのだろう。

 

 

その彼が

 

「営業活動は様々な組み合わせで構成されています。分解して考えると問題点が見えてくるんです」

 

と言っていた。

 

これは非常に的を射た考え方。

 

理系思考の私が好きなやり方でもある。

 

 

営業活動はざっと分けても

 

集客、接客、アプローチ、ランクアップ、商談、クロージング、アフター

 

などに分類される。

 

 

それを11つバラバラにすることで

 

《自分は接客とクロージングが特に弱いなぁ》

 

と見えてくるものだ。

 

 

この営業マンは

 

「一度商談に乗れば契約率は高かったのですが、それまでが弱かったんです」

 

と言っていた。

 

接客、アプローチを強化することでトップ営業マンへと成長した。

 

 

営業活動を1つ1つ分解して考える

 

ぜひやってみてください。

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  June 1, 2017 05:02:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 21, 2017
カテゴリ:考え方

▲脳は”否定形”を認識できない

↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ

 

おはようございます。

 

菊原です。

 

今日はソフトボールの試合日です。

 

とにかくヒットを1本打てるように頑張ります。

 

■新教材・音声教材シリーズ(CD×4枚セット) ※収録時間4時間

http://www.tuki1.net/fp1_teaching/onsei01.html

いろいろなジャンルの営業ノウハウをCD化。

BGMとして流しっぱなしにして頂くだけで自然に営業ノウハウが身に付きます。

移動時間の活用、車を走る勉強部屋にしたい方におススメです。

 

■”営業レター”マスターして眠っている8割の中長期客を上手に育てませんか?

(すべてCD化してありますので車などの移動中に勉強できます)

営業通信講座http://kikuhara.jp

営業教材http://www.tuki1.net/fp1_teaching/index.html

お役立ち情報、事例集http://www.tuki1.net/fp1_teaching/case01_news.html

どの教材をご購入の方にも【未公開DVD】と【月間トークス(本4冊収録)】をプレゼントいたします。(※他にもシークレットなサービスあり)

 

■【残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則】発売中

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_45.html

 

 

~脳は否定形を認識できない~

 

以前のブログかメルマガで

 

潜在意識は人称を認識できない

 

といった話をした。

 

 

人称とは私、あなた、それ以外の人といった感じ。

 

人称を認識できないということは

 

「アイツ地獄に落ちればいい」

 

と言ったり、思ったりした時、自分の脳は

 

地獄に落ちればいい

 

ということだけを認識する。

 

 

となると地獄に落ちるのは

 

自分自身

 

ということになるのだ。

 

これはつくづく恐ろしいシステムだと思う。

 

 

また脳は

 

否定形を認識できない

 

といった構造になっている。

 

 

例えば

 

「ケガをしないように注意してください」

 

と言われると、

 

ケガ

 

だけが認識される。

 

よりケガをしやすくなってしまう。

 

 

商談前に

 

《失敗しないように気をつけよう》

 

などと思うと、脳は

 

失敗

 

だけを認識してしまう。

 

 

そうではなく

 

《成功するようにしよう》

 

もしくは

 

《うまく行くぞ》

 

というようにする。

 

 

脳が間違えないように注意して言葉をかける。

 

その方が気分もいいし、成功率もグッと高まります。

 

 

※今日の内容はいかがでしたか?もしよろしければお友達に転送ください

↓【人に良い事をすれば必ず幸運が訪れますよ】

■おススメ日記【住宅営業マン日記】http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/

 

■トップ営業マンが続けている準備、トーク、食事、持ち物などを紹介。

【超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_44.html

 

■【訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_42.html

 

■【〈完全版〉トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術】

http://www.tuki1.net/fp6_book/amzon_43.html

 

■スマホ版はこちら

http://www.tuki1.mobi/

―――――――――――――――――――――――――――――

CD教材、メルマガ、無料レポートもあります

http://www.tuki1.net

営業サポート・コンサルティング株式会社

 

■【訪問しないで売れる通信講座】も開催しております。

http://kikuhara.jp/

↓今日のブログ内容に共感頂きましたら下のボタン「ツィート&シェア」を押して頂けると嬉しいです。

 

 







Last updated  May 21, 2017 05:03:17 AM
コメント(0) | コメントを書く

全243件 (243件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 25 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.