561794 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

素敵なこと、京都から。

いちごばたけのちいさなおばあさん

いちごばたけのちいさいおばあさん


書籍名:いちごばたけのちいさなおばあさん
著者名:わたりむつこ さく
    中谷千代子 え
出版社:福音館書店 こどものとも傑作集

あらすじ:イチゴ畑の土の中にちいさなおばあさんが住んでいます。
     いちごが赤くなるのは、
     おばあさんが、土の中からみどりの石をほりだし、 
     おひさまの光を吸い込んだ水に石の粉をそそぐと、
     ぱっと赤い色ができるのです。
     そして、おばあさんは、あおいいちごに一つずつ
     丁寧に塗っていくのです。
     やっと塗り終え、おばあさんが一眠りして地上に出るとなんと!
     一面の雪。
     でもちゃんと雪の下にいちごはありました。
     おばあさんは、こおったいちごをひとつ取ると、
     大事に大事に抱いて眠りました。

感想:この本をはじめて読んだ子供の頃、
   地下から掘り出す、緑の石と、太陽の光を浴びた水と
   というフレーズにドキドキしました。
   本当に、そんなおばあさんがいるんだと
   疑いもせず信じたものでした。
   子供の心は、なんて純真なんでしょう。
   そして、いつからその気持ちは消えてなくなるのかなぁ。(;;)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.