000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

素敵なこと、京都から。

ぐるんぱのようちえん

ぐるんぱのようちえん
ぐるんぱのようちえん

書籍名:ぐるんぱのようちえん
著者名:西内みなみ さく
    堀内誠一  え
出版社:福音館書店 <こどものとも>傑作集

あらすじ:ひとりぼっちで、きたなくて泣き虫のぞう。ぐるんぱ。
     森のぞうたちが、そのぐるんぱを立派にさせるために
     きれいにして街へ送り出します。
     ビスケットやさんで修行をしますが、
     作ったビスケットが大きすぎて、追い出されてしまいます。
     次にお皿やさんで修行しますが、
     池のようなお皿を作って追い出されてしまいます。
     次は靴屋さん、次はピアノやさん、次は車やさんと
     いろんなところに行きますが、
     どこでも大きいものを作りすぎて追い出されて、しょんぼり。
     すると、子供がたくさんあるお母さんに出会います。
     そこで、そのお母さんに子守を頼まれて、
     たくさんのこどもたちと楽しく遊ぶことができました。
     それが、ぐるんぱには何よりもの自信になり、
     幼稚園を開き、ぐるんぱは大成功をおさめます。^^

感 想 :この本がどうしてずうっと、心のなかにあるのかというと、
     ストーリーではなく、大きなビスケットや大きな車、
     お皿のプール。楽しそうな子供たち、幼稚園の風景。
     本当に、うらやましくて、ずぅっと記憶にありました。

     で、今、感想を書こうとじっくり読み返してみると、
     なんのなんの、大人が読んでもかなり考えさせられる
     メッセージを感じることができる気がします。
     自分の適性なんて、そう簡単に見つかるものではないし、
     負けずにチャレンジし続ければ、出会えるものがあると。
     そして、それまでにしてきた苦労は一つだって無駄にならないと。
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.