000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

素敵なこと、京都から。

PR

全3793件 (3793件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

December 4, 2020
XML
カテゴリ:思うこと。
先のことはわからない。
ただ、ただ、
目の前あることに向き合って
真摯に真っ直ぐ対応して
時間を重ねるのみ。

いつだって
自分の人生を好きでいたいから

しんどいことも
つらいことと
全部ひっくるめて
私のものだと

誰に云うでなく
自分が納得できれば
それでいいと思えるようになった

貴方の笑い皺を
愛おしいと思えるように









Last updated  December 4, 2020 01:27:01 AM
コメント(0) | コメントを書く


December 3, 2020
テーマ:たわごと(23498)
カテゴリ:思うこと。
記憶に残る2020年の
私のクリスマスツリーは
東京タワー。

この街に何度も足を運び
その度に
その存在を確かめることで
自分の足もとを見直した。

その美しさに
いつも力をもらった。
そして、今回も。

記念すべき12月2日に
この街に居れたことは
偶然ではなくて

このアルバムを見るたびに
思い出すはずになる
記憶の宝物










Last updated  December 3, 2020 10:56:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 30, 2020
カテゴリ:風景。
満月をもって、今月が終わる。

2020もあとひとつき。

誰にとっても大変過ぎた
この一年を
最後ひとつきをかけて
片付けてしまおう。


次の次の満月はきっと明るい


そう思うことで
力を湧かし
輝こう、自身も。












Last updated  November 30, 2020 11:22:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 27, 2020
カテゴリ:風景。
どんな人だって、
傷のひとつやふたつ抱えている。

大きさや深さは
その人次第。

だからこそ、
強くなれるのか
優しくなれるのか
卑屈になってしまうのか

それも
その人次第。

何になりたいか
作文を書いた小学生は、
どれ程叶えているんだろうか

疑わずに描いた未来と違う現実に
時々お腹が痛くなるけど

通り過ぎて来た過去を並べて
足元を鮮やかに彩れば
それらを眺める
この散り際の時間こそが
美しく満ちたときになる。

青空に映えよう。自ら。














Last updated  November 27, 2020 12:26:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 23, 2020
カテゴリ:思うこと。
逃げたいのではなくて、
落ち着かない毎日に

何処に居ても
何かに急き立てられて
なにもしないことを罪にさえ思う

そんな時間から
逃避したくて、
どうにもしようない場所へ行くけれど

追ってくるのは自分
逃げるのも自分
の堂々巡り

大丈夫。
事はいい方に向かっている。

幸い、
ダメなときは全部放り出して、
逃げることだってできる。
 
だから、
目の前の救いだけを見ながらいこう。









Last updated  November 23, 2020 11:49:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:風景。
朝陽が射し込み始めた
ガラス窓の四方の隅に
遅すぎる結露が
遠慮がちに生まれていた。

暖か過ぎる日が続いて
狂った季節感を
正したいと外気を入れる。

そらが青ければ蒼いほど
澄んだ空気が
心を透かして
律せられるよう。

美しくありたい。

生き方として。











Last updated  November 23, 2020 01:18:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 22, 2020
カテゴリ:できごと
執行猶予を稼いで、
エネルギーを復活させた

時間がくれた力に頼って、
ステージを昇格する
 
こんな、私でも
勇気の不足する場面あるんだよ


日常は変わらない
だけど、


ひとりで歩いてく
決意表明

  







Last updated  November 22, 2020 01:10:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 19, 2020
カテゴリ:思うこと。

あるときは悲しみが
多くのものを奪い去っても
次のシーンを笑って迎える
演出だと思えばいい。♪

貴方がそう唄うなら、
そう思うようにするよ。

悲しみを認めて
きちんと悲しむことで
前に進める気がするよ

あやふやに置いてしまうと
欠片が刺さったままに。
時折、
チクチクと傷む事を知ってるから

そして、
次のシーンは、
おもいっきり笑ってみせるよ。











Last updated  November 19, 2020 08:11:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 17, 2020
テーマ:たわごと(23498)
カテゴリ:できごと
ひとつとして、
同じ景色はない
二度と見ることはできない。

まばたきひとつの間に 
もう空の色が変わっている

瞬間が奇跡
全部が唯一

だれもどれも
なにもかも 

あの笑顔も
咳払いひとつさえも

そして、
消えるのも一瞬
そしたらおしまい。











Last updated  November 17, 2020 08:52:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 16, 2020
カテゴリ:思うこと。
どうしてこうも

ありえない訃報が届き
なんだか、
もう全てが夢じゃないかと思う。
長い夢であってほしいと。

強靭な人でさえも
不意にその瞬間に
見舞われることもあるのだ

どんなことが
待ち受けているかわからない

だけど
♪向こうの景色を見に行かなくちゃ♪
♪新たな敵が道を塞いでても♪


今、いまを
精一杯、尽くす。
それだけしか手の中にない。


それがすべて。









Last updated  November 16, 2020 01:37:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3793件 (3793件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.