651979 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

素敵なこと、京都から。

PR

全544件 (544件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

できごと

May 8, 2022
XML
カテゴリ:できごと
今朝は8度9分で動けなかった。
7分下がっただけで
起き上がれるようになった。

豊かな都会人は脆く弱い


比べることは違うだろうけど
いつも思うのは
紛争地域の子供たち


生まれる環境は選べない


だからこそ
今の場所に感謝を置いて
精一杯尽くそう

まだまだやれることはある









Last updated  May 8, 2022 09:35:56 PM
コメント(0) | コメントを書く


April 11, 2022
カテゴリ:できごと
夜は何処にもちゃんとやってくる
朝を用意するための暗転。

夜じゅうに片付け片付け
朝までに辻褄を合わせる。

旅の余韻を思うまでなく、
現実との時差を
夜の内に意識をリセットして

同じとは思えない朝が明け
また雑踏に同化して
街なかに紛れていく


時々はこうして
足下を見るように
立ち位置を確認する現実逃避


より優しい未来を
ひとコマずつ積み上げる為に
心の時計の巻き直し








Last updated  April 12, 2022 08:28:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 18, 2022
カテゴリ:できごと
ひとつひとつ
幸せを見つける度に
しあわせだと
確認するようにおもう。

あの子が笑う姿
笑えなかった事を思い

沈丁花の香り
色のない冬を思い

何気ない夜の歩道で
自由の無かった時を思い

誰かや何処かとの対比ではなく
目の前にある小さなひとつひとつ

本当に幸せで溢れている。


そしてもうすぐ
満開の桜がくれるひとときを目指して








Last updated  March 20, 2022 10:06:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 26, 2022
カテゴリ:できごと
命の期限を
選択肢から選ぶ権限を
委ねられるなら

最後まで抗いたいと
宣言したら泣けてきた


いつも少し先の未来を思い
先回りして
立ち回ってきたけれど


それは経験値がくれた
後悔しない為の歩き方


最悪を想定して
それから逆算する手法を
自分への言い訳を
重ねて


最善なのか
最悪なのか
わからなくなって

答えのない答えをさがす










Last updated  February 26, 2022 12:33:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 25, 2022
カテゴリ:できごと
会えなかった日々の想いは
瞬く間に過去に送り
今、目の前のエネルギーを
寸分漏らさず獲ようと
掌を最大に開いた。


向こうから認知されない
遠い場所であっても
大切なことは、
受け取ったエネルギーを糧に
心の免疫力を上げること


また会う日まで

自らの場所で
誰かに普段以上の優しさを分配して
それがまた優しい波紋になるように



どんなことでおこりうる
そんな時勢だから


また会おう、この道の何処かで








Last updated  January 25, 2022 08:24:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 19, 2022
カテゴリ:できごと
不安の波が空気を揺らしている
見えないうねりに
巻き込まれた事にも気付かず
ただただざわざわとした気配に
立ち尽くす人がいる
たくさん。


彼らを救い上げるほど、
私は高尚じゃないけれど、


それでも
誰かのひとときの拠り所に
なることができたら、
そう思うのは
歳のせいだろう
きっと。


今だから見えることが
色々あって、
人生ってすごいなとおもう。


この気持ちを少しずつでも
積み木のように積んでいこう。








Last updated  January 19, 2022 11:20:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 10, 2021
カテゴリ:できごと
一年に一度か二度
いつまで時を重ねられるだろうか

手土産をいつも迷い
用意したのに
違うものに替え

その履歴を焚いては思う。








Last updated  December 10, 2021 11:50:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 30, 2021
カテゴリ:できごと
あなたが刺されたその先を
そのまま私に向けてる事を露知らず
目の前の我を嘆く

返礼せず
ただ飲み込む。

痛みの連鎖は無駄であると
誰よりも知ってる

自分に浸透しない技も
誰よりも知ってる









Last updated  November 30, 2021 08:24:59 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 31, 2021
カテゴリ:できごと
昨日急に
オレンジ色のホイッスルが鳴ったらしい。

いつの間に準備していたのか、
一斉に小さな花が開いたら、
その香りが微かに
10月最後の1日を
なんともタイムリーに彩った。

我が家では、
1日限りの夏の花が開き

鮮やかな夏の終わりと
芳しい秋の終わりが
ひとときに訪れた
しあわせな日となった。

この小さなしあわせだけで
自分を充たして過ごしていたい

大きな理想や広い視点は要らない
世界を小さくしたいと心から思う。









Last updated  October 31, 2021 11:36:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 4, 2021
カテゴリ:できごと
便る風に遠く
薄らやかに
金木犀の色が
ほんの少し
ようやく届いた。


季節の変わり目を
届ける気概をなくしたのか
配達員は
それをこっそりと
玄関先に置いていくものだから、

危うく失くしてしまうところだったよ。

忘れてはいないさ
みな、下を向いているけれど

最後の酸素を使い果たしたら
空を見上げるよ
深呼吸して。









Last updated  October 4, 2021 11:23:42 PM
コメント(0) | コメントを書く

全544件 (544件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >


© Rakuten Group, Inc.