616229 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「つきちゃん  ひーちゃん」「なぁに」

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

もも

2020.03.03
XML
カテゴリ:もも
今日はひな祭り、うさぎの日。そして先代のももの誕生日。
今年はつきみと一緒に向こうの世界でお祝いしてるといいな。
 
 何度も書いたけどこの先代のももは本当に丈夫な子だった。
10年もの間病院にかかった事もなくつきみに比べるとおおざっぱな飼い方もされていた。

 そしてつきみのように過保護に育てていても短命の子もいる。
この差は以前にコメントで頂いたように飼育方法というより個体差が大きいのでは。

 人でも生まれながらに虚弱体質の人もいれば
なんでこんなに不摂生なのに健康体なのかと思う人も。

 そんな個体差。
ももはたまたま丈夫な子でつきみは弱かった。

 それもあって大事に過保護に育てて獣医の言うように食べ物や環境に気をつけてきた。
だからこそ5歳まで一緒にいられたと信じたい。

 短い人生だったらおやつももっとあげれば良かったとか・・・
そんな後悔は微塵もない。

 つきみもそれは分かっていたのかあまり果物とかを食べない子だった。
喜んだのはリンゴとバナナと梨くらい。

 たまにもらうこれらの果物は本当に美味しそうに食べていた。

 でもかわりに葉野菜は日に2回は必ずあげていた。
そして最後の最期まで口にしていたのもこの葉野菜。

 つきみは葉野菜が大好きだった。
 
 不調からの復活も葉野菜から。
そんな大好きな食べ物を毎日食べていたのだから後悔なんてあるわけない。

もも 

 もも。
つきみがそっちに逝ってから一ヶ月が経ったよ。
おねえちゃんとしてつきみをエスコートしてあげてね。
つきみは甘えっこな妹でしょ。
ももはもうきっと生まれ変わってどこかで幸せに暮らしてるんだよね。
でもつきみが困っていたらちょっとだけ戻ってきてつきみのお世話も少しお願いね。
 
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.03.03 13:49:45
コメント(0) | コメントを書く


2018.11.10
カテゴリ:もも
いいお天気。
暖かくて、いやむしろ少し暑いくらい。

 そんな午後のひと時娘と二人でお茶の時間。贅沢にケーキまでつけて。


 何をするでもないありふれた日常のいつもと同じ様な1日。
でも娘がいてつきみがいてそしてみんなが元気で。

 これ以上の事ってないよね。

 そしてつきみの事を大事に思う度に思い返す先代うさぎのももの事。
ももの為に買った花に写真をそえる為に古いアルバムを引っ張り出してみた。

 ももと暮らしだしたのは20年以上前なので写真もデジタルでは2枚しか残っていない。

 それでも今は各家庭にスキャナーがあるのが普通になってきている。
我が家もご多分に漏れず。そこで写真を読み込んで印刷して。



 こんな偲びのコーナーの出来上がり。
警戒心の強かったももの珍しいベランダでのこてんの写真。

 可愛い。やっぱりうさぎって最高に可愛い生き物だと思う。


「つきちゃんは時々うさぎに見えないねぇ」「なんにみえるの?」


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ


ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2018.11.10 13:59:51
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.03
カテゴリ:もも
最近購入したもの。


 手のひらサイズのプリザーブドフラワー。
色違いを二つ購入して一つは先月愛兎のももちゃんを見送ったやそきちさんへ。

 もう一つは自分用。
もう十数年前に旅立った先代のももを偲ぶために。

 偶然にも同じ名前の二匹のうさぎの為に。

 我が家のももはミニウサギで10歳で逝ってしまった。
もっとあれこれしてあげれば良かったと後悔ばかり。

 つきみを迎えて可愛がってそして色々な事を考えるうちに
過ぎてしまった過去を悔いるのはもう止めようと決めた。

 そして楽しかった事、可愛かった事だけを思い出すようにしようと決めた。
そのきっかけになればとももの好きだったりんごのついたこの商品を選んだ。

 飾り棚に乗せて目に入る度にももの可愛い姿を思い出す。
娘が幼稚園児の頃に迎えたももはその成長が娘のそれと重なる。

 ももちゃん。
もものお姉ちゃんは元気だよ。立派な社会人となってお仕事頑張ってるよ。

 そしてももの妹になるつきみは甘えっこでお転婆でとびきり可愛いよ。
ももがうちの子になっていなければつきみも家には来なかったんだよ。

 ありがとうね もも。

 寿命の短い動物と暮らすという事はその最期を看取るのは飼い主の責任。
癒してくれるのは時間とそして楽しかった思い出。

 皆そうやって乗り越えていく。そして私もまたいつかは・・・


「つきちゃんお花可愛いよね」「ももちゃんのおはな」
 

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ


ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2018.11.03 13:07:05
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.03
カテゴリ:もも
今日は3月3日、雛祭。
うさぎ界隈ではうさぎの日として盛り上がっているそうな。

 でも今日は我が家では先代うさぎ もも のお誕生日。

 ミニうさぎで本当の誕生日が分からなかったもも。
3月生まれだったので3日を誕生日と決めた。

 先代を思い出すといつも切なくなってしまう。後悔ばかりの不甲斐ない飼い主だった。
ももの為にも楽しかった事可愛かった事ばかりを笑顔で思いだしてやりたいのに。

 もも ありがとうね。大好きだよ。

 うさぎの愛らしさを教えてくれたのはもも。
ももがうちに来てくれたからこそつきみに繋がって今があるのだから。

 そんな今日のおやつはこの前頂いたこちらのおせんべい。

 今日の日にぴったりで可愛い。

 我が家のお雛さまの昨日のお散歩の様子。

 やっぱりアゴスリすりすり。


 ちょっとそのまま乗ってたけど。


 寛いだりせず咥えて引っ張って遊んでいた。


 無視したりはせず気にしているのでいつか上で寛いでくれるといいな。


「つきちゃん肩もふもふになったね」「もふもふにした」


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2018.09.05 20:09:32
コメント(2) | コメントを書く
2017.03.03
カテゴリ:もも
3月3日。ひな祭り。耳の日。そしてうさぎの日。
でも我が家にとっては今日は先代うさぎ、ももの誕生日。
もも 

 今から20年以上前の5月のゴールデンウィークにうちの子になったもも。
生後2ヵ月との事だったので3月初めのうまれ?じゃあ3日がいい。

 こうして3月3日がももの誕生日になった。

 ももがいたから今、つきみと一緒にいられる。
我が家の始まりのうさぎ。それが先代のもも。

 ももには今のつきみほどの愛情も手間もかけてあげなかった。
思い出しても後悔が多く辛くなってしまう。

 私が未熟だったせい。
勿論虐待なんかしていた訳では無い。時代のせいもある。

 でも、もっともっと愛してあげる事はできたはず。
その分私の懺悔としてつきみは大事にしたい。


 そんな私と娘の愛情をいっぱい受けてつきみは元気。
今朝もアクティブにケージ内を走りまわりガシャンガシャン音をたてていた。

 つきちゃん、やめなよ~ と娘。
怪我をしないか心配になるくらい元気に走っていた。

 そしてわら座布。
咥えてほぐしてぱったんぱったん、賑やかなこと。

 日差しも高く長くなってきてつきみは本当に活動的になってきた。
春を感じているのだろうか。

 つきみがうちの子になってから2年ちょっと。
毎年3月に体調不良で病院に通っている。

 1年目はうっ滞を3度繰り返し
 2年目はチモシーいらないと食欲不振。

 そして今年は3度目の春。
元気に何事も無く過ごしてほしい。

 その為の手間と愛情は惜しみなく。

「つきちゃんにはももちゃんって言うおねえちゃんもいたんだよ」「ももおねえちゃん」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2018.09.04 18:58:02
コメント(4) | コメントを書く
2015.10.30
カテゴリ:もも
つきみが来てから先代のうさぎの事も以前よく思い出すようになった。

 だいたいは後悔とかやり残した感で申し訳なくなってくるのだが

       うさぎの十戒の10

  私の命が尽きたとき、あなたが泣いてくれたなら、
       私は幸せなうさぎだったと天国に旅立っていけることでしょう。

 これだけは充分してあげられたと思っている。
だから楽しかった事だけ思い返して幸せな思い出にしていきたい。

 先代はグレーと白のたち耳のミニウサギ。
娘がまだ幼稚園児だった20年前にお迎えした。

 一人っ子だった娘は妹分としてとてもかわいがっていた。
名前を一生懸命考えて もも と決定したのも娘。
小さいのでお世話こそできなかったがおやつも彼女の係。
 
「ママ、ももちゃんにおやつあげていい~?」
「ママ、ももちゃんベランダだしていい~?」

 毎日本当にかわいがっていた。

 たち耳のせいか、ももはつきみより用心深い性格だった。
ころんと転がっているときは近づくと必ず起きあがった。
  
 でも、性格は穏やかで噛みつかれたり威嚇されたことはない。
撫で撫でもさせてくれたし、ケージのそばに行くと
立ち上がって迎えてくれた。

 一度、ベランダで散歩していたももがいなくなったことがあった。
集合住宅だったので隣とベランダでつなっがている。
その為、ふさいであった金網の隙間からお隣(もしくはまたその隣)へ
遊びに行ってしまったらしい。

 1階だったので外からベランダをそっと覗いてももを発見。
なんとか誘導して戻ってもらった。ももを飼っていて一番、ヒヤッとした出来事。
 
 みつかってよかった。
多分、もも も戻りたくて困ってたんだと思う。

 ももを飼っていなかったらつきみも飼っていなかった。
ももがつきみを呼んでくれたと思いたい。

 もも ありがとうね。
もも 
「ももちゃん」「なぁに」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2018.09.04 14:07:24
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.