425935 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「つきちゃん」「なぁに」

PR

プロフィール


栗色 うさこ

サイド自由欄

つきみのプロフィール

2014.10.04生まれ(花岡ラビトリー)
名古屋のラビットコットンよりお迎えしてうちの子に。
体重1250gの小型なホーランドロップの女の子。
2019.11から神経症状による足の麻痺が。
体重は1040gに減ってしまいました。



夜間緊急の診療は
夜間動物緊急診療所

PVアクセスランキング にほんブログ村

つきみも載せていただきました
さかい動物病院

コメント新着

栗色 うさこ@ Re[1]:生死に関わると言われて(01/21) よしおさんへ 生死に関わるなんて言われ…
よしお@ Re:生死に関わると言われて(01/21) このように変化してくることはある程度頭…
栗色 うさこ@ Re[1]:寝たきりの弊害(01/20) あゆっちさんへ 私こそご無沙汰しちゃっ…
あゆっち@ Re:寝たきりの弊害(01/20) ごめんなさい。ずっとブログ読んではコメ…
栗色 うさこ@ Re[1]:介護の始まり(01/19) やま子さんへ >毎日欠かさずブログを読…

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

神経症状

2020.01.09
XML
カテゴリ:神経症状
今日はつきみを病院へ。
いつものようにバスタオルでくるんで拉致してキャリーへ。

 つきみはキャリー内で動くも倒れて上手く起き上がれず
ドタバタとキャリーの壁にぶつかる音が。

 やっと起き上がれたと思ったらかなりご立腹の様子でこんな顔して睨んでくる。


 上手く体を動かせない上に大嫌いな病院。
そりゃあ、睨みたくもなるだろう。

 インしただけでこの騒ぎ。
四肢が麻痺してくるとキャリーで通院するだけでも怪我の防止策が必要になってくる。

 病院までの道中も倒れる事はあるだろうから保護の為中にバスタオルを。

 ただ、いくらケージに敷いたバスマットとかを噛まなくなったとは言え
まだまだ100%つきみを信用した訳ではない。

 少しそのままにして様子見を。


 顎を載せて落ち着いた感じ。
このまま行けそうと病院に向かう事にした。

 診察室で量ったつきみの体重は年末より更に減って1,040グラム。
どこまで痩せちゃうんだろう・・・

 ペレットは15分ほどで完食しているし葉野菜も喜んで食べている。
それなのに体重はどんどん減っちゃうなんて。

 先生からペレットを増やしましょう、先ずは体重の減少をくい止めたい と。
1.5倍にして高栄養で下痢をしないかどうか観察していく事に。

 そしてつきみの様子について聞かれたので
緩やかに悪化していると伝えたら やっぱり頭から来てるみたいだな と。

 考えられる薬は全て出しているとの事で今のままもうワンクール続けていく事に。
そして耳の中を診てもらい爪切りをして帰宅。

 家についたら早速ペレットの追加分を出してみる。喜んで食べてその後牧草も食べて。
食欲は全然落ちていない。つきみは凄いね、本当に強い子だよ。

 つきみの神経症状が頭から来ているものだとしてもそれが癌の転移とは限らない。
進行の遅さがそれを証明している。

 だからまだまだ私は諦めない。
 
「つきちゃん怒ってるの?」「おこ!」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.09 12:55:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.07
カテゴリ:神経症状
座る事が出来れば調子がいい。
例えしょっちゅう倒れていたのだとしても。

 そして真っすぐはぴょんぴょん跳んで移動出来ている。
でも方向転換は苦手で大抵は転んでしまう。

 最近のつきみはこんな感じ。

 ケージに敷いたバスマットも思いのほかいい感じで
つきみも気に入ってくれたように思う。

 何より毛足が少しある為に滑りにくい。そして保温性もあってほんのりと暖かい。
ふかふかとしているのに沈み込み過ぎずで使い勝手が凄くいい。

 もっとお値打ちなバスマットもあったけど吸水性を重視して厚手を選んだため
敷いてもズレる事もなく値段は張ったが結果としていいお買い物になったと思う。

 つきみもこんなにリラックスしているし。


 最近こんな風に足を伸ばして寝ている事が多い。
リラックスしているから?暖かいから?
 
 よろよろしながらもケージの中では手足が滑る事もなくなり
つきみの負担も減ったのではと思う。

 バスマットの滑らなさに慣れたのか逆にサークルに出た時は滑りまくっている。
昨日は走るどころか座る事さえ出来ずに足が流れてまるで腰が抜けたみたいになっていた。

 今まではこのサークルに敷いてある綿のキルティングマットもそんなに滑らなかったのに。
それとも・・・これもまた悪化と言う事なのか。

 ステロイド入りの薬になって早12日が過ぎた。
回復の兆しは残念ながらまだ見えてこない。

 薬は14日まであるけれど連休前の今週中には病院に行くつもりでいる。

「つきちゃん今日も寝んね?」「うん」
 
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.07 12:30:51
コメント(2) | コメントを書く
2020.01.05
カテゴリ:神経症状
数時間様子を見てつきみが布の牧草置きを気にする様子がなかったので
一晩そのままにしておく事にした。

 私の寝室はつきみのいるリビングの隣。

 ベッドに入ってからも夜中に目が覚めた時もその後眠れず
つきみの気配を伺っている時もホリホリしたり布を噛んでいるような感じはしなかった。

 いつもの時間に起きだしてつきみの所にいくと就寝した時となんら変わらない光景。
つきみ、お利口に布の牧草置きは全く噛んでいなかった。

 これなら本格的に布を使う事が出来る。
早速何をどういう風に使おうか考えてまたホームセンターまでお買い物に。

 1番重視したいのは吸水性。
ならばやっぱりバスマットが良いと言う意見をよく目にする。

 でもうさぎ介護でおススメされてるSUSUはやっぱりあの
ぼこぼこ部分を噛むのが心配で出来るだけフラットなモノを選ぶ事に。

 ループ状の輪が多少ある製品が大きさ的に丁度良く
爪が引っかかる心配もあったけど使ってみる事に。

 家に帰って1度洗濯。
が、厚みがあるマットのせいか意外と乾くのに時間がかかり昨日は敷く事が出来ず。

 牧草置きに同じバスマットの小さいサイズも購入したのだが
そちらは何故か早くに乾いたので夜の掃除の後に新しい牧草を盛ってケージに入れてみた。



 そしてケージの床部分には使い古したバスタオルを敷いてみた。

 これもループがあるので引っ掛かりはしないかちょっと心配だけど
つきみも足が滑りにくいので踏ん張りやすそう。

 3日の午後から悪化して立てなくなったつきみだけど
一晩経ってまたもや多少の回復を見せてくれた。

 倒れたり転んだりは変わらずだけど開帳肢気味ながらも写真のように座る事が出来ている。
最悪の事態から一晩でここまでの回復・・・それも2回も。

 ただ、本当に回復と言っても少しだけ。
座ってもすぐに腰が砕けたように崩れて倒れるし1度倒れるとなかなか起き上がれない。

 良くなったり悪くなったり。
ならばきっともっともっと良くなる事もあると信じたい。

 そうそう、ネットで購入したキルティングマットは丸めてケージガードとして使う事に。
つきみの状態は日々変化していて必要なモノもその都度変わってきている。

 まだまだ諦めずない。つきみと一緒に頑張るのみ。

「つきちゃんリラックスだね」「おなかいっぱい」 

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.05 09:31:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.04
カテゴリ:神経症状
先月の23日に急激な悪化で立てなくなりその後奇跡の回復を果たしたつきみ。
でもその後もゆっくりと悪化は進んでいって後ろ足だけではなく前足まで滑るように。

 ここまでが一昨日までのざっくりとした経過。
昨日はまたしても一気に悪化していて夕方からは再び殆ど立てないような状況に。



 この動画の前にも何度も何度も立ち上がろうとしてもがいて
やっと立ち上がり座れたと思ったら倒れて・・・

 立てなくなったつきみが何故あんな傍から見てると無駄なのではと
思えるような動きをするのか考えてみた。

 つきみも動けなくなった自分に軽くパニックになっているんだ思う。
自然界では動けなくなる事、イコール捕食される事なので本能でそれを感じ取って。

 逃げなきゃ、動かなきゃ、と。
人なら少し休もうとか無理しないでおこうとか考えるけどつきみはうさぎ。

 生きる為に動こうと頑張っている。

 見ているのが辛くて動画を撮るのもどうかと思ったけど今後の参考と備忘の為に撮影した。
この時はもうつきみも疲れたのか立ち上がるのを諦めてしまったようにも見える。

 つきみはそれでも倒れながら這いずるようにフィーダーまで牧草を食べに行く。
強い子だね。つきみは、まだまだ全然諦めていない。

 ならば私もそのサポートを全力でしなくては。

 3段式だったのを1段にして使っていた牧草フィーダーだけど
倒れた際に体、特に横腹を打ち付ける事が多かったので骨折等の怪我が心配になり
撤去してしまう事にした。

 牧草は直置きでもいい。
でも何かでおしっこをしっかり吸収しないと牧草もつきみもおしっこまみれになってしまう。

 ペットシーツの上への直置きは流石に怖すぎる。

 さんざん悩んで考えて。
幸い仕事も休みの期間で私の目も届く事から布を使ってみる事に。

 思えばつきみは小さいころから布製品は端っこから噛むのでずっと使えずにいた。

 他のうさぎちゃんのブログでは可愛い布製のベッドがあったりマットがあったり。
でもつきみはいたずら食いが心配でケージもサークルの中も至ってシンプルにしていた。
 
 布でいこうと方向性は決まった。では具体的に何を?
暫く考えて考えて・・・

 で、取りあえずつきみが布を噛むかどうかを確認してから
本格的に運用していくか決めようと家にあるものでやってみる事に。

 で、白羽の矢が立ったのはお膝マット。
つきみをお膝だっこする時に使っていた枕カバーにバスタオルを入れたモノ。

 先ずはこれで試してみる事に。上手くいったら洗替えを用意すればいい。
吸水性に若干難があるかもだけど取りあえずなので。

 で、敷いてみたのが下の写真。


 ペレット入れも倒れた際にやっぱり体をぶつける事が増えたので撤去。
なのでペレットもこのマットの上に置いてみた。

 敷いてから数時間経過。
おしっこはちゃんと出してトイレとしての使用には問題なし。

 でも吸水性はやっぱり問題ありでしっぽも濡れて黄色くなってしまっている。
濡れた所を踏むと逆戻りもあるしどんな布を使うのかは検討の余地あり。

 そして1番の懸念だった噛む事に関しても今のところはクリア。
牧草があるせいか敷いてあるマット自体には興味を示していない。

 でもこのまま一晩試すのはまだ心配・・・どうしよう。

 倒れた際の保護にそろそろサークルの柵をクッション等で囲う事も考えなくては。
これも使うのは設置したモノを噛まない事が前提だし。

 少し様子見として続報は後日。

「つきちゃん布噛まないでね」「かまない」 

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.04 15:35:50
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.03
カテゴリ:神経症状
ここ最近のつきみは足だけじゃなく手までもが滑り気味になっている。
足に力が入らないから滑るのか麻痺が足から手に進んできてるのか。

 それによってヘルニアかどうかも変わってくると思うけど私ではそれがはっきりと分からない。

 もうつきみが倒れる事には驚かなくなってきた。
起き上がるのにバタバタしててもまだまだ自力で起き上がる事は出来るので見守るのみ。

 でも決して諦めた訳ではない。
ステロイドもまだあと1週間ほど残っている。

 そして掴める藁は掴もうと決めて今日は朝からお買い物へ。
近くのホームセンターまでエキゾチックアニマル用のマルチビタミンを買いに行ってきた。

 探すのはサンコーの商品。
ヘルニアに良いとされるビタミンB1,6,12の3つが入っているマルチビタミン。

 ペット用品コーナーに見つけて購入。
帰宅して早速つきみに飲ませる事に。
 
 液体なので飲み水に混ぜるのだけど流石ビタミン剤。
鮮やかな黄色でグリセリンも入っているせいか甘い。

 これならつきみも喜んで飲んでくれるんじゃないかな。
その後の様子はまた、今度に。
 
「つきちゃんナデナデ」「ねむくなっちゃった」
 
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.03 12:36:46
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.02
カテゴリ:神経症状
新年2日目。
休みってどうしてこうも早く過ぎていくのか。

 今年は9連休と喜んでいたのにあっという間に後半に突入。
それでもつきみをずっと見ていられるなんて幸せだなと思う。

 年末から新年にかけてつきみの為の情報をネットで検索しつづけて
1件気になるブログの記事を見つける事ができた。

 もう7年ほど前に書かれたその記事はうさぎのヘルニアについて。

 やっぱり原因不明で足が麻痺したように動きが鈍くなりだし
5ヶ月くらい経過した頃にコメントでヘルニアでは?と言われたそう。

 そして獣医に自分からヘルニアみたいなのでその治療とビタミンB群を
と言って処方してもらったそう。

 人でもヘルニアにはビタミンBがいいとは聞くので人と同じなんだなと
感心しつつ読み進めていくとなんと1回の投与で明らかな改善が見られたそう。

 びっくりしつつ更に読み進めていくとその方にあれこれアドバイスをされていたのは
さかい先生のところに通っているうさ飼いさん。

 その方のうさぎちゃんも理由は違えど2匹、下半身が不自由で
ビタミンB群を処方してもらって飲んでいたらしい。

 ん~・・・

 ビタミンってサプリメントなので薬以上に効果があるとは思えないけど
つきみも試してみる価値はあるのだろうか。

 それとも7年前と言う記事の古さからもう効果はないと淘汰された情報なのだろうか。

 つきみも先生からはヘルニアの可能性の話もされている。
明らかに効果があれば処方されていると思うのに。

 それとも治療が済んだ後に予後を良好にする為に飲ませるモノなのかな。
掴めるモノが例え藁でも掴めるなら掴みたい気持ちはあるのだが・・・どうしよう。

 つきみの悪化傾向は変わらずで最近は前足も滑り気味。
年末に慌てて買ったマットは大きさと吸水性はまずまずだけど若干滑りやすいみたい。

 多分普通の状態のうさぎなら問題なく使えているのだろう。
こちらはキルティングされた大きさ的にも良さそうな綿マットをネットで見つけて注文済。

 キルティングされている事で多少の凸凹が出来て
今のマットよりは滑りにくくなるのではと期待している。

 ただ届くのは来週以降。
どこも年末年始でお休みなので仕方ない。

 それにしてもお漏らしは布マットにしてから毎日。
つきちゃんおトイレ忘れちゃった?それともお尻ざわりが良くてついつい出ちゃう?

 せめて出したばかりのおしっこの上で寝転ぶ事だけはしないでね。

「つきちゃんお漏らし増えたのはどうして?」「ついつい」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.02 13:14:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.27
カテゴリ:神経症状
昨日、病院を頑張ったつきみへのご褒美は小松菜だけではない。
おやつの後ヘルニアの疑いがあるつきみにはぴったりの温浴をしてあげた。

 このホットマットは私のブログではお馴染みのやそきちさん手作りの品。
頑張っているつきみへのクリスマスプレゼントに頂いたモノ。

 レンチンしてほかほかになったマットを腰にあててしばし温浴。




 頭をナデナデしながらだとかなり長い時間大人しくしているので
きっと気持ちがいいんだろうと思う。

 終わった後のつきみからはそこはかとなく米ぬかの香りが。
中身に米ぬかが入っているから(^^)

 やそきちさん、ありがとうございます。
つきみの温浴、夜のお散歩時のナデナデタイムの日課にします。

 さて、昨夜からステロイド入りの薬になった夜の投薬。
例の如く味見をしてみたらかなり苦い。

 これはシリンジから飲んでもらうのは無理かも。
取りあえずいつものように溶いて試してみる事に。

 シロップの胃腸薬に粉の胃腸薬とステロイド入りの粉薬を混ぜて溶いて
風味づけに(?)プロポリスも数滴まぜて、と。

 プロポリスは香りも強いので匂いに誤魔化されて飲んでくれないかな。

 その混ぜ合わせた薬をシリンジに吸い取り
夕方のペレット前の空腹時につきみに差し出してみる。

 これはつきみがお腹が空いている時間なら少しでも飲んでくれるかなとの願いから。

 さあ、どうぞ!

 シリンジを差し出すとつきみはいつものように何のためらいもなく咥えて
ペロペロと舐めてあっと言う間に投薬完了。

 つきちゃん、苦くなかった?なんていい子なの!

 投薬の心配も杞憂に終わり、さて最後の砦のステロイド。
いよいよの導入で心配もつきないけどどうか効き目がありますように。

「つきちゃん気持ちいいね」「あったかい」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2019.12.27 12:27:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.26
カテゴリ:神経症状
今日は午前中つきみを病院へ連れて行った。

 道路が空いていていつもより短時間で到着。
つきみは道中キャリーの中でずっとホリホリ。

 意外と元気でちょっと安心。

 診察室に入りこの前の診察以降のつきみの様子をお話しする。
特に月曜日に腰が抜けたように立てなくなってからの事に重点をおいて。

 先生曰く・・・

うさぎって体が動くうちは動かしてしまう。
人のように無理すると後で反動がくるからとセーブしたりはしない。
それで調子がいいと動いてしまい悪化する。そしてそれを繰り返す。

 との事で物凄く納得のいく説明だった。

 ただ最初の頃から比べるとやっぱり悪化傾向なので薬にステロイドが追加される事に。
これは最後の砦、最後の手段に取っておいた薬だそう。

 先生あまり使いたくなさげな事を仰っていたがいよいよそれを使う時がきたみたい。

 体重も前回より少し減って1140g。つきみ、本当に痩せてしまった。
体重を戻して体力をつける為にもそろそろ必要な薬・・・なんだろう。
 
 そして止まったように見えていたよだれも実はまだ止まっていなかった。
見せてもらった顎の辺りの毛が濡れていてこれはろれつが回っていないからだそう。

 幸い歯には異常は無く胃腸薬も続けて飲ませる事に。
サプリメントも無くなりかけていたので出してもらう。

 本当にお薬ばっかりだけどつきちゃん、頑張ろうね。

 今回の診察で少し希望が持てたのは先生の説明で調子に波があるのは
先に書いた通りだけどそれはヘルニアとかが原因の場合だそう。

 そして今日は先生から脳の腫瘍との言葉は一切出なかった。
つまりつきみもヘルニアで足に力が入らなくなってる可能性があるって事?

 確か最初の診療の時に脳か脊椎の問題とお聞きしたがつまりそれはヘルニアって事なのか。

 犬のヘルニアは検索すればわんさと出てくるけどうさぎのヘルニア?
それって人と同じと思っていいの?もっとよく調べてみないと。



 帰宅後頑張ったつきみには小松菜のおやつを。
喜んで食べて食欲も全く落ちていない。

 今夜からステロイド入りの薬になる。
味は変わるのかな。つきみいつものようにシリンジから飲んでくれるかな?

「つきちゃんこっち向いて」「びょういんいかないっていったのに」
 
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2019.12.26 11:57:25
コメント(2) | コメントを書く
2019.12.25
カテゴリ:神経症状
一晩経って不安な気持ちでつきみの傍に行くと あ まま と
よたよたしながらも近づいてきてくれた。

 そして座って倒れこむ事もなく頭を下げて撫でられるのを待っている。

 これはクリスマスの奇跡?
立つ事さえままならなかったつきみなのにじっと座る事が出来るまでに回復してくれている。

 これが月曜日のつきみで。


 こっちが昨日のつきみ。


 ちゃんと座って牧草を食べている。

 動けば着地と共に倒れこみじっとしてても体はだんだん左側に傾いていってしまう。
でも、じっとしていればとにかく座る事が出来ている。

 月曜日は座る事さえままならなかったのに!

 つきちゃん、凄いよ!もう、嬉しくて嬉しくて。
今までで1番嬉しいクリスマスプレゼントをつきみから貰ってしまった。

 確かに今までも調子のいい時と悪い時には波がありその度に一喜一憂してきた。 
でも今回は最悪の事態からの回復でつきみの生命力にただただ嬉しい驚きで胸がいっぱいに。
 
 悪くなっても回復する事もある。
その事がこれからのつきみの闘病生活に於いてどれだけ励みになる事か。

 ひょっとしたら完全回復は無理でも
ある程度までは回復してくれるかもと明るい希望が持てたのだから。

 お皿にしたペレットの給餌も以前のペレット入れに戻す事も出来た。
お水入れもこれなら溺れる心配もなくなると思う。
 
 そして最初に足の異変に気がついてから1ヶ月半が経過。
進行の具合から脳腫瘍の可能性はそろそろ除外してもいいような気がする。

 ならば例えこのままゆっくり進行したとしてもつきみはまだまだ私の傍にいてくれる。
そう信じてこれからもつきみを支えて頑張っていこう。

「つきちゃん昨日嬉しくて写真1枚しか撮ってなかった。」「おんなじしゃしんだ」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2019.12.25 12:29:25
コメント(2) | コメントを書く
2019.12.24
カテゴリ:神経症状
昨日帰宅してみるとつきみの状況は朝から比べると一気に悪化してしまっていた。
こんなに急にどうして?と戸惑いと驚きで胸が苦しくなるほどに。

 腰が抜けたようになり立つ事も難しく腕だけでほふく前進している。
それでも何とか頑張って立ち上がるもすぐに下半身が崩れ落ちてしまう。

 ペレットを食べていても顎をペレット入れに入れたまま倒れこみ
起き上がれずに顎がペレット入れに引っかかったように。

 それでも頑張って何度も何度も立ち上がろうと力が入らない足をバタバタさせて。
これは危ないとすぐに今までのペレット入れを撤去してお皿で出してみる。

 固定できない器はつきみが咥えたり引っ張ったりして動かすからと使わなかった。
今のつきみは器を咥えてひっくり返すなんてできやしないだろう。

 なんて思いきや少しその場を離れてから様子を見に行くと見事にお皿をひっくり返している。
こんな時までやっぱりつきみはつきみ。

 でも困った。
ひっくり返したせいでペレットは床材の下にまで落ちている。

 次なる手を考えなくては・・・

 そして牧草フィーダー。
這いずっても入りやすいように1番下の底板部分を取り外す事に。

 使っているうちにずれてペットシーツが露出するといけないので
裏からガムテープでこんな感じに止めておく。


つきみはこんな風に上半身を乗り入れて食べている。



 
 ここまで慌てて対策をしてはたと気がついた。
ペレット入れに顔を突っ込んだままになってしまうならお水入れも?

 ・・・ぞっとした。
もしかして溺れてしまうなんて事もありえるのか。

 体が不自由になるってそういう事なんだ・・・

 留守中にお水が足らなくならないよう満タンにしていたお水は6割方しか入れないように。
あとは葉野菜を大目に下痢にならない程度をあげて水分を取ってもらおう。

 そして寝る前にも。
そう思って就寝前にレタスを差し出すと喜んで食べだすつきみ。

 つきちゃん、それ夜中の水分補給の為の夜食だよ?
ここでもやっぱりつきみはつきみ。

 今までも悪化の後は多少なりとも回復してくれていた。
どうかどうか今回も少しでも良くなってくれますように。

 そして最悪の場合も想定してその時に慌てなくても済むように
もっともっとつきみの為の住環境について考えておかなくては。

「つきちゃんままがついてるからね」「おねえちゃんもね」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2019.12.24 20:48:51
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.