481373 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「つきちゃん」「なぁに」

PR

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

看護 介護

2020.01.31
XML
カテゴリ:看護 介護
昨日の朝の強制給餌が上手くいったので割と気楽に夕方の強制給餌に取り掛かった。
胃腸薬を飲ませてから少し時間が経ったくらいがタイミング的にもいい感じで。

 でもそうは問屋が。
つきみ、朝とは打って変わって顔を背けて食べようとしない。

 何回か挑戦してみてあえなく撃沈。時間を空けてから再度挑戦してみた。

 今度は上手くいってつきみは自分から口元に持って行ったスプーンで食べてくれる。
マドラーのスプーンは小さくて何度口にはこんだことか。

 何回目かの給餌の時につきみに異変が起こった。
おえっとえずくように何度も何度も吐きそうな仕草をしている。

 さっと血の気が引き数年前のペレット誤飲の件を思い出した。

 つきみは苦しそうに手足をバタバタとさせ
そのうち鼻を大きく ふん!ふん! と鳴らしだした。

 水っぽい音がして鼻から緑色の液体が出てきている。
やっぱり鼻の方に流れてしまったよう。

 あえぐように何度も鼻をならしているつきみ。
このまま窒息なんて事になったらと生きている心地がしなかった。

 そのうちつきみは鼻を鳴らす事も動く事も止めてぐったりと倒れこんだままに。
苦しんでいた時間はおおよそ5分程度。

 呼吸はしているので窒息という最悪の事態は免れたよう。
でも苦しいのか目に力がない。

 つきみを見ているともう、飲み込む力もあまりないように感じる。
麻痺は口にも及んできているような・・・

 そう考えるとお口に入れてもモグモグしない理由も分かる。
しないのではなく出来ないから、だ。

 娘と話していて一つ、二人で決めた事がある。
それは明日の記事にて。

「つきちゃん皆応援してくれてるね」「うれしい」 

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.31 12:24:32
コメント(2) | コメントを書く


2020.01.30
カテゴリ:看護 介護
昨日病院から帰った後、シリンジから何度か強制給餌をやってみた。

 吸い上げるのが半分くらいは水分だったけたど
つきみはお口に差し入れたどろどろの流動食をちゃんと上手にもぐもぐしてくれた。

 でも夕方の強制給餌では殆ど食べてくれず。

 娘が100均で買ってきてくれたマドラーで
お口の中に入れてもそのまま口を動かさないでいる。

 食べるのを拒否している・・・?

 強制給餌で食べないなんて聞いた事がない。
口に入れさえすれば食べる、と大抵の情報では書かれているのに。

 火曜日くらいから食べているのは葉野菜くらいでそれさえ昨日は殆ど食べていない。
食欲が戻ってくれない事には何ともならない。

 お願い、つきちゃん食べて!!!

 祈るような気持ちでペレット、葉野菜、牧草をケージに入れたけど
葉野菜を1口2口食べただけ。

 このままでは最悪の事態になってしまう・・・
そんなのまだまだダメだよ。早すぎるよ。

 少し時間をおいて再度挑戦。
今度はつきみ、ちゃんとお口を動かしてくれた。


 でも小さなマドラーでの一口はせいぜい1cc。

 食べさせてほしいと言われた1回30ccなんてとてもとても。
結果30分以上かかっても食べさせられたのは半分くらい。

 そして今朝。
時間もかかるからと午前5時過ぎから1回目の強制給餌。

 マドラーでお口に差し込んでみるも食べようとせずお口を動かさない。
時間を空けて祈るような気持ちで本日2回目の強制給餌を試みる。

 すると今度はつきみ、マドラーを口の中に差し入れなくても
口元にもっていくだけで自分から食べにきてくれる。

 結果30ccを15分ほどで完食。
これでペレットと水分の補給が出来た事になる。

 昨日は最悪の事態を想像しては泣きたくなるほど(実際涙ぐんでた)
辛くて心配だったのに強制ではなくただの給餌で食べてくれるなんて。

 まだ他のモノは口元に持って行っても食べようとしないので
安心は出来ないけどこれで少しでも食欲が戻ってくれたら・・・

 でも吸収不全に関してはまだ解決したわけではない。
ペレットを食べていたのに体重は減っていたのにこのところの食欲不振。
 
 前途多難だけれど頑張らなくては。昨日の診察終了後先生が仰った言葉。

 これから介護だね。頑張って。

 頑張りますとも。つきみの為に。

「つきちゃんままと一緒だから頑張れるよね」「うん」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.31 12:41:06
コメント(6) | コメントを書く
2020.01.29
カテゴリ:看護 介護
つきみの体重が更に減ってしまった。
昨日は1000gをとうとう切って980gに・・・

 ここ2日ばかりペレットを残しがちだったせい?
一体つきみどこまで痩せちゃうんだろう。

 せっかく足が少し動くようになってきたのに体重減少が止まらないなんて。
少し見えた希望の光がまた遠くに行ってしまったみたい。

 そして昨夜からがくんと食欲が落ちてしまい葉野菜しか食べようとしなくなった。
それさえも量が少なかったので急遽病院に行ってきた。

 先生からは強制給餌の指示が。

 つきみは食べられるペレットに限りがあるので通常の流動食は食べられない。
今日はもしかしたら、と思っていつも食べているペレットを持参していった。

 それをどろどろに溶かしてポンプで強制給餌・・・となるのだが
やっぱり流動食用ではないので水分と上手く混ざらずポンプが詰まりがちで使えず。

 先生、ティースプーンで、と仰った。

 自宅に帰りやってみたけどつきみのあの小さなお口では
ティースプーンでさえ大きすぎて入らない。

 お薬用のシリンジの先をカットしてやってみたけど吸い込まれていくのは水分のみ。
それでも少しでもと頑張ったけど殆ど水分しか取らせてあげられなかった。

 困った・・・
でも何か方法を考えないと。

 病院で先生が少しだけ強制給餌した時つきみはもぐもぐと食べてくれていた。
先生も多分お腹が減っているんだろうと仰っていた。

 お腹が空いてるのに食べられない・・・
そんな可哀そうな事になってるなんて我慢できない。

 早急になんとかしなくっちゃ。

「つきちゃん病院頑張ったね」「もういかないっていったのに」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.29 12:01:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.28
カテゴリ:看護 介護
床ずれ対策にと購入したsusuもどきのバスマット。
薄手の為につきみがずりずりと這いずって動く為ズレてまくれてと使い物にならず・・・

 でもこれは嬉しい誤算。
つきみのずり這いは日に日に増えている。

 お耳の掻き掻きも昨日は左足も届かないながらも健気に動かしていた。
少しづつ回復傾向にあるのは私の期待のし過ぎではないような。

 どこまで回復してくれるかは未知数だけど
せめてお顔をあげて自分でお水が飲めるようになって欲しいな、と思う。

 食欲も少し回復してくれた。
うんちもごま粒から米粒くらいには大きくなった。

 でもまだまだだね。
もっともっとたくさん食べて大きなうんちを出して体重も増やさないと。

 昨日の体重測定では1010g。また若干減ってしまった。
1030gから1010g・・・

 食が少しとは言え戻ったので今晩は増えているといいのに。
そして何とか次の通院までには前回よりも増量していてほしいな。



 ブレブレだけど頑張って顔をおこしているつきみ。
こんな風に一瞬だけど顔をあげる事も若干増えてきた。

  つきみの神経症状は老化からではない。
という事は奇跡の回復もあるかもしれないって事。

 今はそれを期待してつきみの介護を頑張って行こうと思う。

 それからつきみのお耳。左耳だけずっとぴこんと立ったまま。
これも神経症状と何か関係あるんだろうか。不思議・・・

「つきちゃんお耳ずっと立ってるね」「ふしぎだね」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.28 12:34:40
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.27
カテゴリ:看護 介護
何か参考になるような情報はないかとかかりつけ医のブログを読んでいたらこんな記事が。

ウサギの食糞

 この通りならペレットをたくさん食べさせていれば栄養的には大丈夫?!
少し安心かな。

 それなのに昨日のつきみは少し食欲が落ち気味。
葉野菜ばかり食べているのでペレットも牧草もあまり食べようとしない。

 結果ゴマ粒みたいに小さなうんちばかり。これはあまり良くない。
ただでさえ盲腸糞を食べていないんだからせめてペレットだけでも食べてくれないと。

 ここ数日は足よりも手の方の自由が効かなくなっているようで
伏せのポーズは全く取れず顔は斜頸の子のようにずっと左を下にしたまま。

 これではお目々も良くなる訳がない。

 目薬をさす為に上半身を抱き起すと半分くらいしか開いていないお目々に
目ヤニが固まって周りの毛がカチカチに。

 ほっぺたの毛もぺったんこで人相、いや兎相は左右で全然違う。

 あご載せのクッションとかも考えたけど肩に力が入らないので
顔が上を向いて苦しいだけにしかならなさそう。

 最初に麻痺してきた右足だけどお耳をマッサージしてあげると
自分でしているつもりになるのかこんな行動も見せてくれる。

 これは26日の夜に撮った動画。

 全然お耳には届いていないけど自分で掻いてるつもりになってるみたい。

  19日からほぼ寝たきりとなったつきみだけれど
一週間経った26日の日曜日の朝から少しつきみに変化が。

 昼間は殆ど動かずずっと同じ姿勢で寝ていたのに
不自由な手足を使ってズリズリと這うようにケージ内を移動するように。

 足をキックするように曲げ伸ばししてその勢いで
ケージ周りのキルティングマットにそって這っている。

 少し足が動くようになってきているような。
小さな変化だけれどこれだけでも嬉しくて嬉しくて。

 もちろんまだ座ったりは全く出来ないし顔をおこす事が出来るのもほんの一瞬だけ。

 そして一番初めに麻痺が出てきた右足が今は1番動いている気がする。
左足はお耳を触っても殆ど反応していないのが動画からも分かる。

 麻痺が始まった順番通りに回復もしているならもう少しつきみは動けるようになるのかも。
そんな期待を持たせてくれるつきみのあんよの動きだった。

「つきちゃんあんよ動かせたね」「つかれちゃった」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.27 12:29:38
コメント(2) | コメントを書く
2020.01.26
カテゴリ:看護 介護
夜中に2度ほど起きてはつきみに盲腸糞を食べさせようと頑張っている。
でもこれがなかなか上手くいかなくて悩み中。

 当初は葉野菜にくるんで、と思い初日こそ半分は食べてくれたけど
その後は殆ど成功せずに全くと言っていいほど食べてくれない。

 もぐもぐしてても盲腸糞に気が付くとそこから先は食べようとしなくなってしまう。
貴重な完全栄養食の盲腸糞・・・何とか食べてもらう方法はないのだろうか。

 お腹が空いた時に差し出せば食べるという記述もあったけど・・・
それまでは乾燥しないようにラップでくるんで保存しておくそうな。

 そこまでして食べさせようとしている飼い主さんもいれば
落ちているのを見かけたらすぐに捨てている飼い主さんも。

 こんなに悩んでいるのに昨夜から今朝にかけては盲腸糞が一つも出ていなかったつきみ。

 自分で食糞出来たとは考え難い。
まさか盲腸糞を作れなくなったなんて事ないよね・・・

 もう、次から次から心配事やら考えなくちゃいけない事が出てきて悲しんでる暇もないくらい?

 介護が必要な子達の親はみんな色々工夫している。
その子その子によって介護の程度は千差万別だし。

 つきみの環境もそれに合わせて変えている。
合わせて変える、とは言ってもそれが悪化のせいだと思うとやっぱり悲しい。

 でもつきみにその気持ちをさとられないように。
つきみは赤ちゃんなんだと言い聞かせて介護というよりお世話に取り組むように。

 赤ちゃんなら歩けなくても寝てばかりでも当たり前。
せめてそのくらいの気持ちでいこうかな、と。

 昨日は私がお世話をしやすいようにとつきみのケージを復活させた。

 お散歩時につきみが自分からサークルに行けるようにとケージレスケージにしたけど
お散歩をしなくなった今、床の高さより高さのある方が私のお世話が楽だから。



 そして床ずれ対策にsusuもどきのバスマットも取り入れた。
布を噛む事をしなくなったので大丈夫かなと思って休みの間に試してみる事に。



 あの突起のぼつぼつを噛まないか心配したけどその突起が床ずれ対策になるらしい。
ただ薄手なのでまだ多少なり動きのあるつきみはズレてしまうかも・・・

 そうなると下にペットシーツを敷くのは心配なので先日購入したバスマットを。
これでかなりふかふかになりつきみも快適に過ごしてくれるのではと期待している。

「つきちゃん新しいマットどうかな?」「ふかふか」 

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.26 11:30:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.25
カテゴリ:看護 介護
去年の子宮癌摘出手術の後のつきみの体重は1250g。
その後足の神経症状が出だしてからの推移は下記の通り。

 12月初旬 1160g
 12月下旬 1140g
 1月初旬 1040g
 1月20日 1000g

 このままでは吸収不全で生死に関わるとまで言われたつきみの体重減少。
特に12月下旬から1月にかけての2週間強で100gも減ってしまっている。

 1月の頭には急激な悪化で立てなくなった。それも関係しいているのか・・・
つきみの負担もさることながら体重管理も大事だと通院後マメに体重を量ってみる事に。

 先ずは22日、1050g。

 増えているのは嬉しいけど病院の体重計との誤差の場合もありえるので
ここから減るのか増えるのかが問題となる。

 そして23日1030g。減っている。
 翌日の24日1030g。変化なし。

 何とも判断の難しい結果となった。

 最近のつきみは水分補給の葉野菜をたくさん食べているせいか牧草の減りが随分と減っている。

 すこしでも食べてもらおうとつきみの好きな3番刈を多く給餌していたら
1番刈は全く食べなくなってしまった。

 生死に関わる大事な時だもの。
少しくらいの食のワガママは目を瞑らなくちゃね。

 そしてペレット。増量したら一気に食べなくなった。
気が付いたらなくなっているといった感じ。

 でも少しだけ動く手足で体を動かすので直置きしたペレットもあちこちに散らかり気味。
今は半分づつ給餌してなくなったらまた出して、といった感じ。

 そして散らかって残すペレットもあるので
どれだけ食べたかの判断が難しくなってしまった。

 葉野菜でふやけたモノも食べようとはしない。
なので良いか悪いか分からないけど今は日に何回もペレットの給餌をしている。

 歯やお腹の調子・・・もちろんそれも気にはなる。
でも今のつきみはそんな事より体重を戻す事を優先させなくては。

 この判断基準は自己責任だけど私の目安は下痢をしていなければ良しとしている。
かかりつけの先生もペレット増量を指示した時に 下痢に注意して と仰っていた。

 葉野菜もペレットも下痢をしない量なら大丈夫。
今ではまったくお水を飲まなくなったつきみは葉野菜からしか水分補給できないのだし。

「つきちゃん3番刈好きだね」「おいしいもん」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.25 11:09:25
コメント(4) | コメントを書く
2020.01.24
カテゴリ:看護 介護
つきみの介護が始まり数日たった頃下側になっている左側の太もも裏の汚れが目立ってきた。
あんなにキレイ好きでいつも毛づくろいをしていたつきみなのにと悲しくなる。

 でも悲しんでばかりもいられない。
つきみの出来なくなった事は私がしなければ。
 
 体について問題になるのはうんちではなくおしっこの方。
尿やけを起こすと脱毛して地肌が露出してしまうそう。

 脱毛自体はそこまで問題ではなく剥げた地肌が傷つく事が問題だという。
いつも同じ側を下にしているので床ずれ、褥瘡とかになりやすいのは考えなくても分かる。

 これからは週一くらいで体を洗った方がいいのかな。
でもまずはその前に蒸しタオルで汚れた部分を拭いてみる事に。

 娘に膝上抱っこをしてもらい私が拭いて。
二人がかりで取り掛かろうとしたら・・・

 寝たきりのつきみのどこにあれだけの力があったのかとビックリするくらい
全力で抱っこを嫌がりバタバタと暴れる。

 そして名誉の負傷。


 なんだ、つきちゃん。まだまだこんなにあんよ動かせるじゃない。
痛いんだけれど何だか嬉しくなってしまった。

 仕方がないので抱っこは諦め伏せの姿勢をとらせるように保定して
支えながら汚れた部分を拭いていく事に。

 これは何とかできた。
時間の取れる休みの日にはもっと本格的にお手入れしてあげよう。

 これもネットで見つけた方法だけれどペットシーツの上で保定して
そしてシリンジで汚れた部分に水をかけ少しづつて流していくという方法。

 これなら何とか出来るかも。
嬉しい誤算でつきみのお風呂は完全に四肢が麻痺するまでは無理かもしれない。

 もちろんそれは望むところ。
つきちゃん、お風呂が嫌ならお手々もあんよもバタバタ動かしてままにアピールするんだよ。

 つきみはねたきりなんかにまけないよ おふろもはいらないよ ってね。

「つきちゃんお目々良くなったかな」「すこしなった」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.24 12:25:29
コメント(2) | コメントを書く
2020.01.23
カテゴリ:看護 介護
ほぼ寝たきりとなったつきみは顔を起こす事も難しくなった。
それで次に困ったのは飲み水の事。

 かかりつけ医のブログには介護時のシリンジでの飲水は
誤飲を招くので避けた方がいいと記載があった。

 でももうつきみは自分からお皿で水を飲むことは出来ない。
そこまで自分でいく事が出来ないし顔を上げる事も難しいのだから。

 しかも平日の昼間は仕事があるのでつきみには9時間以上留守番させる事になる。
 
 これは困った・・・

 こんな時も頼りになるのは介護経験者の生の声。
やっぱりネットで情報収集するとここでも登場するのは葉野菜。

 葉野菜の水分で水分補給を行う。
個体にもよるけど葉野菜だけで殆ど水を飲まないで済んでいる子もいるようだ。

 つきみは葉野菜大好き。これならいけるかもしれない。

 洗ったまま水分を切ったりせずにそのまま与えた方がいいとの事。
でも、それだとマットまでびしょびしょになってしまうのでは?

 留守がちでマメにマットも交換してあげられないので表面についた水分は切ってから
つきみの顔の近くに置いてみた。

 細長い方が食べやすいそうなのでまずはザク切りにしたチンゲン菜と白菜を。
軸が太くて水分がたっぷりと取れそうだとチョイスした葉野菜。

 枚数にして合計4枚くらい?小さめの白菜2枚とチンゲン菜2枚。
朝昼晩の3回、そのくらいの量を置いてみた。

 こんなにたくさんの葉野菜をあげるのは初めてかも。
しかも夜中にも盲腸糞を食べさせる為にも葉野菜は食べている。

 下痢の心配もあったがつきみはお腹をこわす事無くほぼほぼ完食。

 葉野菜の水分で満足したのかお皿のお水を口元に持っていっても
顔をそむけていらないと飲まなくなった。

 これでお水の件は解決かと思いきやそうではなかった。

 仕事から帰宅してつきみのケージを覘いてみると食べ残した葉野菜の上に乗っかり寝ている。
つきちゃん、冷たくないの?体が冷えちゃうよ。

 慌てて場所を移動させるとつきみのいたその下のバスマットは
つぶされた葉野菜の水分でぐっしょりと濡れている。

 こんな冷たい湿った場所にずっと寝ていたのかと思わず涙が。

 寝たきりとはいえ四肢が完全麻痺はしておらず多少なりは動く。
ただ座ったり起き上がったりするまでの力は残されていないだけ。

 そのため寝ている位置が少しづつズレてしまって葉野菜の上に載ってしまったのだろう。
飲み水の件はクリアできてもこの環境はすぐに改善しなくては。

 まだまだ介護は始まったばかり。
試行錯誤が続くけどもっともっと創意工夫を重ねなくては。

「つきちゃん可愛いお顔だね」「わぁい」

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.23 12:37:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.22
カテゴリ:看護 介護
何よりも体重の減少をくい止める事を優先させないと生死に関わる。
そう、つきみのかかりつけ医は仰った。

 その為にもペレットはもちろんの事盲腸糞の食糞も重要になってくる。
と、いうのも寝たきり状態になった土曜日の夜からつきみは自力で食糞が出来なくなったから。

 日曜日の朝、つきみの傍にいくとお尻のあたりにいくつも盲腸糞が落ちていた。
出してから時間も経って冷たくなったその盲腸糞は差し出してもつきみは食べようとしなかった。

 休みの日の昼間はマメにケージを覗いていればいい。
もし出ていたら口元にもっていき食べさせればいいのだから。

 でも夜中は?仕事に出ている平日の昼間は?

 睡眠障害の気のある私は中途覚醒で必ず夜中の2時とか3時に目を覚ます。
その時つきみの様子を見に行くと盲腸糞は出ていたり出ていなかったり。

 出ていてもやっぱり冷たくなったそれは食べようとしない。

 何か食べてもらういい方法はないかと情報収集していると
葉野菜に包んで食べさせるという介護経験者の声を見つけた。

 葉野菜包み!これならつきみも食べてくれるかも。
さっそく昨日仕事が終わり帰宅してから出ていた盲腸糞で試してみる事に。

 冷たくなったそれは普通に差し出してもやっぱりつきみは見向きもしない。
そこで葉野菜に包んで差し出してみる。

 葉野菜大好きなつきみは喜んで食べ始め包んだ盲腸糞も一緒にお口の中に。
上手くいった!多少なりはこぼれたり落ちたりしたけど8割がたは食べてくれた。

 良かった。100%は無理でも8割なら上出来だろう。
出来るだけ新鮮なうちに食べて欲しいから夜中も葉野菜包みを試してみようと思う。

 そして夜中。
午前2時に見に行った時はなかったけど午前3時には4つほど出ていた。

 さっそく冷たくなった盲腸糞を葉野菜で包んでつきみに食べさせてみる。

 葉っぱだけを食べたいつきみと盲腸糞を食べてもらいたい私との攻防戦で
時間は30分くらいをかけて半分ほど食べさせる事ができた。

 朝は朝でやっぱり3つくらい落ちていたので葉野菜に包んで食べさせてみる。
今度も成功して食べてくれたのは半分ほど。

 全く食べないよりかはずっとマシ。
これからもずっとこれを続けていかなくてはいけない。

 介護ってこういう事の連続。つきちゃん、まま 頑張るよ。
 
「つきちゃん自分で綺麗にできて凄いね」「ぺろぺろ」 

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ランキング参加中。クリックお願いします。
押してくださった方へ ありがとうございます。






最終更新日  2020.01.22 12:21:12
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.