2076189 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

turbo717's Activity 

2008年 屋根の上の猫

健太の2008_story(1097) 2008.1.11

久々のcat健太 
我輩はcat健太である。
「健太」という人間様の名前を付けられ早や9歳になんなんとしている。
最近は、なかなか登場する機会に恵まれず、静かな日々を送っている。

ところがである。

午後の太陽に誘われて屋根のお気に入りの場所で毛づくろいしている時に
不覚にもスケッチされてしまい、久々の登場となった。




cat_kenta_20080111_2

cat健太が屋根の上でくつろぐ
樋にはくぬぎの葉が一杯つまているヨ!

午後の日差し。木々の陰が屋根に落ちるが、
そこを避けて最上の場所を確保。
今年の抱負を語った。
ニャンとしても数の子をGetしたい!
ということであった。
貝柱の佃煮など、封を解くと飛んでくる。




cat健太・・・
すこしやつれ気味で、描かれているが、僕はいたって元気だ。

双子の兄弟のもう一方は三毛で親戚の家にもらわれた。
最近遊びにきた人から写真を見せてもらった。

なんと、栄養が行き届いているのか、丸々と太っている。
毛が固く、タワシのようにも見える。しかし洗濯されればやせ細るということであり、中身は同じかもしれない。
こちらは、極細の毛であるので、皆から触られて困っているが。

この2人(猫)、似ている点は、すごく甘えん坊らしく、
家人の肩にしがみつく点が似ているらしい。
また敷物を両手で踏みそろえる仕草は、
どうも、幼いころに母親から離れたためか、お乳を探す癖だという。
これは新説ながら驚いた。

獣医学科の次女の診察をよく受けたものだ。
裏返しにされたり、聴診器で心臓の鼓動を看られたり、脈拍を測られたりと結構観察の対象になったものだ。

小さい頃はダンボールの3mにもおよぶ、長いトンネルを作ってもらってよく遊んだ。
所々開いた窓から手を出したり、その手を握られたり、面白かったナ。次女が高校生の頃だ。勉強そっちのけで、僕とよく遊んでくれたものだ。

絵は屋根にくつろぐcat健太(180° pm0.10 Google Earth 地名=相模原 スケッチpoint 35.569269 ,139.322561 (単位は°)(北緯、東経表示では、35°34′9.37" N,139°19'21.22" E))



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.