2058911 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

turbo717's Activity 

Melide

サンティアゴへの巡礼路 その第12夜

(巡礼9日目)Portomarin(ポルトマリン)《93.2km》→Melide(メリデ)《53.1km》 40.1km

Portmarin(ポルトマリン)には新旧2つの大きな橋がかかる。旧市街が丘のうえに広がり、船のような盛り上がり。斜面に沢山の建物を擁し、車はS字カーブで丘を登りつめる。
歩行者用には階段が続き、短絡している。何百kmも歩いたcaminoにはつらいものである。
夜の8時になってもまだ明るい。夕食は9時ころから。この時間を利用し、町を見物。教会を中心にして坂道が幾つもあり、角に食料品店など。クリニックもあり便利。そこで、なんとturbo717のひ弱な足の治療が始まった。左足のダメージが大きいということで、包帯でぐるぐる巻きにされる。


Portmarin
Portomarin(ポルトマリン)




6:00発。この川を渡り返して、caminoが続く。Santiago de Compostelaまでは100kmを切っているので、もう最後の踏ん張り。
全員もくもくと歩く。早朝の6時はまたもや真っ暗。

丘へあがっていく。車道にぶつかりあいながらほぼ並行して進む。
Melide(メリデ)《53.1km》にpm2:50到着。
アルベルゲでcheck In。

アルベルゲに行く途中で地面に座って談笑している少年グループがいた。
pm7:20頃、アルベルゲのある通りをスケッチしていると、その少年達が通りかかる。
全員15歳ということである。いろいろ話しかけてくる。
小生が何歳に見えるか当てっこする。
スケッチブックの表紙に思い思いに年齢を書いてもらう。
「99」と書いた少年は別として、22、33とか書くので、うれしくなって頭を強く笑いながら、なでてあげる。
インターネットを勉強しているというので、名刺を渡し、メールをくれといっておく。かれらの名前をカタカナで名刺に書いてあげると大いに喜ばれる。


Melide_Pulperia
Melideのタコ料理(Pulperia)
左手に緑のグム手袋
右手にハサミ。
チョキチョキとものすごい速さで
ゆであがった蛸の足を切っていき、木の器に盛り付けていく。


ここのタコ料理(Pulperia)が有名ということで、専門店に駆けつける。入り口近くに名物オバチャンがタコを蒸す。 それをあげ、ハサミでチョキチョキと小気味よく切っていく。その速さといったら。
お皿もタコをゆでている同じ釜につける。赤いパプリカの粉をふりかけオリーブオイルであえるだけの簡単な料理。
熱々をいただけという。ときどき、彼女もタコをいただく。
ずっと奥まで細長いテーブルの列が続く。
ものすごい人数がタコを食べている勘定。家族連れも多い。パン皿とタコとぶどう酒のみがテーブルに並ぶ。
ぶどう酒は素焼きの器にそそぐ。伝統だという。



上の絵は(0° pm8:10 Google Earth 地名=Portomarin 42.805753,-7.615608) 
東の方を見据える。

下の絵はBarbadelo(270° am11:50 Google Earth 地名=Melide 42.914064,-8.016389) 

店内はごったがえしていたが、ここでのタコ料理がすべて。右側が湯が煮えたぎるパン。ここで、タコを蒸す。これを取り出し、目にも止まらぬ速さでたゆでたタコをハサミで切っていく。



Google Earthのpositionを掲載しています。North,Eastは+、South、Westは-記号がつきます。Search ウィンドウに 北緯、西経を入力してください。地名でもOK。)





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.