2061727 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

turbo717's Activity 

Monte do Gozo

スペイン El camino de Santiago_MelideからMonte do Gozo(歓喜の丘)まで
サンティアゴへの巡礼路 その第12夜


(巡礼10日目) Melide(メリデ)《53.1km》→Monte do Gozo(モンテ ド ゴーゾ)《4.4km》 48.7km

早朝am6:15Melide(メリデ)を出発。真っ暗な森を歩く。アドニスの懐中電灯はすでに壊れている。
小生のLEDヘッドライト一つが頼り。
caminoの道は土道がおおい。
Arzua(アルズア)《39.5km》am 9:53でCoffee ブレーク。
ここAのバル;Barのバーテンダーは恐ろしくきっぷがいい女性。オレンジジュースを注文すると、やにわにオレンジをポンポンと機械の上に放り込む。と、機械がそれを真っ二つに割り、瞬時にジュースをつくる。半球になった皮が下からブルブルと列をなして飛び出してくる。面白い光景である。バーテンダーはすかさずそれを手でしごき出し、ごみ箱に。コーヒーはと見ると、豆をガチャガチャと2杯分いれ、口が2つ付いたもので、2杯分を同時に抽出する。ミルクはと見ると、ボトルをその横に置き、ノズルを差し入れ、スイッチを入れる。ジュルジュルと大きい音がし、ミルクを暖めていく。つり銭はカウンターの上をすべらせる。客がサッとこれを受け止める。これらがほぼ瞬時に行われる。
スペイン風というか。このBarをam10:12 スタート。

ガリシアの多雨多湿の環境で活躍する高床式穀物蔵;「オレオ」がいたるところにある。

Santiagoの空港のそばを通る。そこで、ようやく昼食。
pm4:10 トルティーヤ、トマト料理などを注文。

ひたすら車道を、MONTE DO GOZO(モンテ・ド・ゴーゾ(歓喜の丘))《4.4km》に向かう。
テレビ塔が見え、それを越し、 モニュメントの丘を下がり、アルベルゲに到着。
pm7:15着。本日は48.7kmとよく歩いた。巨大なアルベルゲで、800人が泊まれるという。

80人毎の棟が階段状に下の方に10棟、左右に展開される。このアルベルゲ 巨大で、Google Earthからも確認できます。(最下段の北緯と西経を入力してみてください。)

pm9:30 アルベルゲにタクシーを呼び、サンチャゴ市内に繰り出す。5kmほどだが丘を一つこえる感じ。マリサの息子:ゴンサロと宿泊のホテルで会う。フィアンセのジョイサから挨拶のキスを受ける。海鮮料理に舌鼓。この店にはあと2回入ることになる。彼らは来年に日本に来ると言う。深夜帰還。アルベルゲではまだ帰宅してない人もあり、近くのバルやレストランで騒いでいるのであろうか。



oreo
高床式穀物蔵;「オレオ」の光景







Monte do Gozo
最後の5km Monte do Gozoでくつろぐ




上の絵は(0° pm8:10 Google Earth 地名=Portmarin 43.018425,-7.967183) 

下の絵はBarbadelo(270° am11:50 Google Earth 地名=Monte do Gozo 42.887406,-8.498336) 
夕刻9:10でも まだ空は明るい。夕日が落ちた直後あたり。明日のサンチアゴ到着を前に、
思い出話に花が咲く。


Google Earthのpositionを掲載しています。North,Eastは+、South、Westは-記号がつきます。Search ウィンドウに 北緯、西経をそのまま入力してください。地名をドラッグして入力してもいいです。)



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.