885822 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あやしぐえBlog(つれづれ草Blog2)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


六辺藤電二

Calendar

Category

Comments

Favorite Blog

箒星 航平0857さん
Performers Radio St… performersさん
『日本文化主義』尋… 湯けむり力さん
ALL NIGHT MARINES よっちゃん7672さん
谷村昌信のガッツ全快 谷村昌信さん

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Headline News

2007.11.16
XML
黒田博樹や新井貴浩、そして福盛和男のFA宣言が気に掛かることだが、もう1つFA絡みで気になることがあった。
それはドラゴンズの福留孝介がFA権を行使して『たかが選手と言う暴言を吐く人物が経営の実質最高責任者の極悪球団・虚塵(きょぢん)』へ移籍する可能性が出てきたということだ。
まあ、この出来事自体は、金銭にシビア(*まだ一応ドラゴンズの選手なので軽めに表記)な選手と『選手狩り』を趣味にしているチーム。
ある意味相思相愛なのだが、問題はこの記事を各スポーツ紙が好意的に取り上げていることだ。
『来期こそ日本一を奪回するために』こういう主張で各紙はこの移籍をかなり好意的に取り上げているが、私に言わせれば、『日本一の奪回をして欲しいのは他球団も一緒』だと言うことである。
なぜ虚塵の日本一だけマスコミはこうも後生大事に祈願するのだろうか。
私ははっきり言って『虚塵には永遠に日本一になって欲しくない』もっとはっきいり言えば、『虚塵にはプレーオフ(クライマックス・シリーズ)さえ永遠に出て欲しくない』と思っている。
そもそも虚塵が最後(*できれば永遠に最後)の日本一になってから、まだたったの5年しか経っていないのだ。
5年以上日本一になっていないチームなんて他にたくさんあるというのに・・・。
パ・リーグならオリックスが11年。
セ・リーグだとスワローズが6年、ベイスターズが9年、タイガースが22年、カープが23年日本一から遠ざかっている。
いや、それどころか、かつてBuこと大阪近鉄バファローズを応援していて、現在イーグルスを応援してる人間など、まだ1度も日本一を経験していないのだ。
まずはそれらの球団が日本一を奪回すること、あるいは達成することにエールを送るのが先決ではないだろうか。
「たかが5年日本一から遠ざかったくらいでブツクサ言うなヽ(`д´)ノ!」と私ゃ声を大にして言いたいです。
この楽天プラザに登録している虚塵ファンのBlogを読んでもらえれば分かるが、実はこの福留の虚塵への移籍は正直あまり歓迎はされていないようである。
正直、FA制度が導入されて以降の毎年のように繰り返されるまるで『人狩り』とも言うべき虚塵の大物選手補強にはもう虚塵ファンでさえうんざりしているンでしょうねェ・・・。
もちろん、福留が権利を行使して他球団へ移籍すること、そのことには移籍先のことさえ考えなければ文句は無い。
しかし、この虚塵ファンでさえうんざりするようなことを、マスコミが応援するような論調で取り上げることはいかがなものかと
思う。
金銭だけに目が眩んで移籍を決定する選手にももちろん問題はあるだろう。
メジャー・リーグの球団と比べればはるかに少ない資金しか用意できない球団にも多少は責められる要素はあるだろう。
しかし、だからと言って毎年のようにファンに不愉快な思いをさせる球団へ移籍を奨励するような記事を書くのは言語道断ヽ(`д´)ノである、私はそう思いますね。
日本の一流選手が海外へ流出してしまうことは確かに憂うべきことである。
しかし、だからと言って、その一流選手がすべて特定のチームに集中することもファンは望んでいない。
特定のチームが毎年リーグの上位を占めるプロ野球と、毎年首位から再会までが僅差でどこが1位でどこが最下位でも不思議ではない。そんなプロ野球界とどちらがおもしろいであろうか。
私は断然後者です。
そして、後者のようなプロ野球界なら、選手がどこのチームでもやりがいを感じるから移籍の必要性自体を感じないだろうし、仮に「生まれ育った故郷のチームでプレーしたい」などと言う理由で移籍したとしても、それはそれでファンは納得するし、うんざりした思いをさせることもないし、記者会見で涙を流す選手が出てくることも無いだろう。
新井さんの涙と福留の言動。
これをマスコミは捻じ曲げる事無くしっかり真実のみを報道して欲しい。
ただでさえ特定のチームにだけ有利になっている現在のFA
制度をこれ以上特定チームの恣意的で利己的な道具にさせてはならない。






Last updated  2007.11.16 08:14:18
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.