766032 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

悪性リンパ腫になっちゃった!!!

麻薬系鎮痛薬【デュロテップパッチ】

【デュロテップパッチ】

デュロテップパッチ2.5

【商品名】 デュロテップパッチ ( Durotep )一般名:フェンタニル (fentanyl )
【規格】 2.5, 5.0, 7.5mg/枚
【適応症】 激しい疼痛を伴う各種癌における鎮痛 <効能・効果に関連する使用上の注意> 本剤は,オピオイド鎮痛薬の継続的な投与を必要とする癌性疼痛の管理に使用すること。
【用法用量】 本剤は,モルヒネ製剤から切り替えて使用する。 通常,成人に対し胸部,腹部,上腕部,大腿部等に貼付し,3日毎(約72時間)に貼り替えて使用する。 初回貼付用量は下記の換算表に基づき2.5,5.0,7.5mgのいずれかの用量を選択する。 その後の貼付用量は患者の症状や状態により適宜増減する。

 モルヒネやフェンタネストなどの痛み止めの量(1日トータル)を減らすために、貼り薬(デュロテップパッチ)が加わった。デュロテップパッチはドラックストア・薬店などで自由に買える貼り薬とは違い、がん患者の強い痛みを和らげるために医師が処方する麻薬で、ほかの人に使ったり、譲り渡すのはとても危険で、法律でも禁止されている。
 モルヒネとは別で、強い痛みを和らげる(麻薬)に分類されており、1960年代から注射薬として使われているフェンタニルという成分が、皮膚からも吸収されやすい特性を生かして貼り薬に作られた。したがってお腹などに貼って3日間持続的に痛みを止められ、持続注入が必要なくなった場合に点滴を外しても疼痛から解放された状態をもたらす。
 フェンタニルの副作用ははモルヒ ネに比べて嘔気・嘔吐・便秘・眠気の頻度が少ないと言われている。

【感想】
3日に1度貼り変えるだけで、身体を洗ってもはがれないし管理は楽でした。これなら自宅でもいたみのコントロールが出来て便利な薬だとも思いました。
 痛みと釣り合いが取れているときは、全てが快適で問題ないのですが、症状が改善し薬が強く感じられると、私の場合は昼間も眠くて意識が朦朧としていました。7.5mgからサイズダウンしていくと、症状が改善されていくのがわかり治療の励みになりました。

デュロテップパッチ7.5


© Rakuten Group, Inc.