136618 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北国の遊び方 ~北海道の釣り~

PR

Profile


キグナス氷河Ω

Calendar

Category

Recent Posts

Free Space

釣りブログのランキングはこちらです♪多くの方の釣行記やグッズ紹介が見れます!

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ


釣り・フィッシングランキング












PVアクセスランキング にほんブログ村

Rakuten Card

2019.05.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​夜釣りの季節になりましたね。ヘッドライトは欠かせないですよね。今回はそんなヘッドライトに焦点を当ててみたいと思います。

​夜釣りに大活躍のヘッドライトは明るさ重視?軽さ重視?​

個人的なことを言いますと私は明るさ重視。

夜釣りの場合やはり横にも広く、直線方向も遠くを照らす方が見やすいし良いに決まってます。

こないだ久々に夜の支笏湖行った時、軽くて暗いライトを持って行ったため、帰る道がわからなくなってしまい、5分ぐらい夜中の支笏湖で藪漕ぎして帰り安そうなところをヘッドライトで照らして、ウロウロしてました^^;

やっぱり明るいライトは使いやすいです。



ただ、これは気を付けなければならないことがありますね。



ヘッドライトの明るさMAXで人に光を当てないこと。
そして水中をギラギラ照らしすぎないこと。

どちらもふとした時にやってしまいそうです。

明るさMAXの状態でガン見された時は目がヤバイですよね。
そして、水中をギラギラ照らしまくると魚がわ~~~~~っといなくなってしまいます・・・・。
これは本当に注意しないと他人に迷惑がかかります。

他にも明るさ重視だとどうしても重くなって首が疲れたり下を向いた時ズルっと滑ったりしますね。
これは宿命かもしれません。

一方、軽いタイプはなんてなって疲れずらい!!
港の釣りでわりと車に近いところで釣る時は間違いなくこのタイプが便利!!
疲労感が違いますし、他の人に迷惑をかけずらいです。



最近だと2灯式で近くを照らすライトと遠くを照らすライトのハイブリッドがあるようですね。また、今の主流は釣り場ではクリアの真っ白なライトではなく、赤いちょっと怪しい色のタイプが釣り場では主流になっています。

魚も逃げずらいですし、場の空気も悪くしないです。
そして、意外とラインも見やすいです。私もこのタイプはチョコチョコ使います。
便利な世の中になったもんですね。

明るさ重視と軽さ重視のバトルは使い分けで対応できそうです。
軽いタイプはその辺に2000円程度で結構売ってますので探して見てください♪


明るさ重視のタイプですが、ちょろっとネットで検索してみました。私も愛用しているゼクサス。
私が使ってるのと違うモデルですが、

個人的には首にもかけられるタイプが好みです。


zexus ZX-S700


ゼクサスのこのタイプはネックベルトも標準装備のようです。

しかも800ルーメンもあるようですので明るさも十分ですが、ゼクサスなので値段も十分です(笑)

釣り用にチューンしているので釣りにはもってこいですけどね!

ただ、ヘッドライトにこんなにお金かけられないよ~。
って言う庶民達には楽天ランキング1位の
こちら↓↓↓


もありかもしれません。

かなり安いですね・・・・。
私は持っていないので評価できませんが、評価はなかなかのものです。



他にも工事現場でよく使われているジェントスのライトも評判良いですね。



同じモデルですが、私も仕事で使っています。
これはレンズになっていて、広角にしたりビームにできたりするタイプです。

ビームにすると結構遠くまで照らせるので釣りの帰り道遠くを照らしながら歩いて帰ることができます。
ただ、このモヒカンタイプって言うのかな?(笑)真ん中にベルトあるタイプ。
個人的にあまり好きになれません・・・・。
物は良いのですがね。


もっと色々書きたいことがあるのですが、只今仕事が激務中で倒れそうです(笑)
休み?そんなの無いっす^^;私の仕事は世の中の多くの人を幸せにできる仕事なのでとりあえず、そちらに精を出したいと思います!!


さて、家に帰ってからの時間が少ないので今日はこのぐらいにしときますね。
また、釣りに行けたら記事アップしま~~す♪

最新のヒラメ・サクラマス・ヤリイカ・ホッケ・情報はこちらからどうぞ!!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ  





PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2019.05.19 11:20:05
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.