2155199 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北国の遊び方 ~北海道の釣りブログ~

PR

X

Profile


氷河Ω

Free Space

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Calendar

Recent Posts

Rakuten Card

2021.01.31
XML
カテゴリ:ゴムボート
​​​​​​​​こんな季節なんで力を抜いたお話しでもしましょうか(⌒∇⌒)
今日はゴムボートを膨らませる時に使用しているブロワのお話しです♪

ゴムボートの空気れのお話し。ブロワって使ってます?

マキタ?ボッシュ?のブロワ



去年は本当に出港する機会が少なかったのでめっきり少なかったゴムボートのお話しなんですが、冬の間にできる準備もあるかと思いますのでチラっと書いていきます。


と、言うのも、来シーズンゴムボートを購入しようと思っている方もかなりいるんじゃないでしょうか??


で、​どんなゴムボートを買ったらいいの?​


って話なんですけど、コレ。

本当に悩みますよね。
普通のサラリーマンの給料なら、そんなコロコロ買える金額じゃないですしね!!




ただ、​一人でも乗りたいし二人でも乗りたい。最初は2馬力だけど、いずれ免許持てたら大きいエンジンでプレーニングしながら沖に出たい!!​

普段行けないようなポイントで釣りしたいな~って思っている方も多いのでは?

そんな方はには


アキレスのLW-310EXだったり、ECB310IBあたりだったら失敗した~って言うのはあまりないかな?って思ってます。



●アキレスECB310IB
  トーハツ2馬力



このボートの何が良いかって他のボートの良いとこ取りなボートなんです。

なので、多くのアングラーのストライクゾーンに入りやすいボートかな?と思っています。


私みたいなカミカゼのアルミフロア乗ろうとするなら多少の勇気は必要ですよ(笑)

全部積んで沖に出ようとすると総重量120キロ超えてますからね(´;ω;`)ウゥゥ
港の斜路から出るのが殆どなんですが、それでもかなりしんどいです。
カートップにする時は毎回泣きながら車に上げてますけど(笑)


ただ、一人でしか行かないってのであれば、広さ重視より軽さ重視にしたほうが、準備も後片付けも楽で良いかなって思ってます。

この辺はショップの方のお話しも大変貴重なんですが、知り合いに乗っている方がいらっしゃったら色々相談した方が良さそうですね。



さてさて、そんなゴムボートですが、

​何度やってもキッツイな~って思うのは準備と片付け!!​

これはほんっとうに何回やってもイヤ(笑)


後片付けなんて地味に重いし、腰にくるし、デカイし、潮まみれ、砂まみれ、血まみれ、ウロコまみれ、草みたいの付いてるし(笑)

これが楽であればあるほど、ゴムボートライフって快適なんですよね。

なので私のゴムボートは艤装と言う艤装はホボ無しです。

準備、洗うのが面倒なんで。





で、準備なんですが、膨らませるのって時間かかるしな~って思ってる方が多数かと。
そこでメーカーで販売されている高圧ポンプなどを使用していると思います。



●ジョイクラフト 超高圧電動ポンプ




そして私が使用している


●BMO ハイプレッシャーポンプ




ただ、コレ足で踏むよりは全然早いですけど、ほんとに空気充填が遅いんですよね(^^;




なので巷で有名な


●マキタ 充電式ブロワ 18V


を使っている方、結構いるんじゃないでしょうか?

これで大体のところまで膨らませられればあとは早いですよね。



私はカートップなので、現地で膨らますことが殆どありません。


なので、コンセントから電源を取っています。

使用しているのはボッシュのブロワです。







●ボッシュ ブロワGBL800E

コンセントからなので充電する必要もありません。
そしてパワーがあります。

最大風量:4.5㎥/min
最大真空圧:7.2kPa
回転数:0~16000min-1
消費電力:800w
風圧:0~7.2kPa



対するマキタの18Vは

最大風量は0~3.2㎥/min
真空度0~5.8kPa





単純に比較すると1.5倍風量がありますので、圧倒的にボッシュの方がパワーがあるのがわかると思います。





風量も無段階で変更できます。


空気の入れ方にもコツがあって、アキレスもジョイクラフトも最初は逆止弁を使用しません。

ある程度入ったら逆止弁をします。

その方が一気に空気が入りますね。特にアキレスの場合は。

本当に瞬殺で終わってしまいます。


空気を入れる時は特別なノズルは使用せず、




このノズルをゴムボートの空気を入れる弁に押し当ててるだけです。
それだけで十分空気が入ります。



また、逆止弁を入れた後にパンパンに空気を入れてあげるとフットポンプでちょっと踏めばOKなぐらいにまでもっていけます。

これは流石800wのブロワだな~って感じです。


ただ、これはブロワの本来の使用方法ではないので、本当はオススメできない方法ですけどね(^^;
ちょっと本体が熱くなるのでその辺空気が読める方が使用した方が良いかと思います。



また、後片付けはブロワであったり、高圧ポンプに集じん機能であったり、逆に空気を吸う機能があると思います。


あれ、使用している方あまり見たことないのですが、使うと結構良いです。

特にPVCのボートをお乗りの方は。




空気をボートから抜くのって結構大変な作業ですよね。


電動ポンプを使って空気を抜くと簡単に抜けますし、畳むの楽で、コンパクトに畳めますから、私はオススメしますね~(⌒∇⌒)



ってことで、今年度ゴムボートをお乗りを考えている皆様、ご検討された方が色々と楽になるかもしれません。


現地で膨らませる方は、マキタのブロワにフットポンプで十分かと思います!!!

自宅で膨らませる方はボッシュをオススメします♪

まとめ

ちょっと先のお話しですが、あっと言う間にシーズンは来ますよ~(⌒∇⌒)
私はライセンス取得して3月ぐらいからオフショアサクラマスでもやろうかな?

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ




PVアクセスランキング にほんブログ村
​​​​​​​​






Last updated  2021.01.31 11:56:04



© Rakuten Group, Inc.