2409700 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北国の遊び方 ~北海道の釣りブログ~

PR

X

Profile


氷河Ω

Free Space

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Calendar

Recent Posts

Rakuten Card

2021.10.10
XML
カテゴリ:料理
今日は私のイクラのしょうゆ漬けの作り方をご紹介!
度々北海道の釣り人で勃発される、ぬるま湯VS熱湯戦争ですが、今回は熱湯派の私の作り方です!

【作り方】イクラのしょうゆ漬けを熱湯をぶっかけて作る。


勇気を振り絞ってイクラに熱湯をぶっかけろ!


イクラのしょうゆ漬けを作る時ってぬるま湯を使ってほぐしたりしている方が多いと思うのですが、私のように熱湯はも少数ではないはず。


知らない方はイクラに熱湯なんてかけたら茹で上がってしまうよ!!

と思うかもしれませんが大丈夫。

写真付きで解説していきます。

【材料】
・イクラ 500g~1kg

調味料A
・日本酒 100cc
・みりん 100cc
・白ワイン 30cc
・しょうゆ 130cc
・白だし 10cc
・昆布 一切れ(無い場合は昆布しょうゆでOK!!)


★まず鍋にお湯を沸かし熱湯を作ります。




イクラをボウルに入れ、用意していた熱湯をかけます。





★ほんの少しだけ箸を入れてすぐに熱湯を捨て、再度熱湯を注ぎます。
※可能な限り大きなボウルを使用すると作業しやすいです。

再び箸を入れ、イクラをほぐすように箸でかき回してほぐれてきたら熱湯を捨てます。

すると、こんな感じ。




皮があっという間にとれます。


ちなみに、




イクラが白く茹で上がってるじゃないか!!

と思いきや大丈夫!!後ほど調味料を入れると透明になります。

この時点でイクラ独特の汚れや臭みは取れています。


★ボウルにぬるま湯を入れ、優しくかき混ぜると筋や膜が浮いてくるの綺麗になるまでぬるま湯を捨て、この作業を繰り返しザルで水を切ります。



★調味料Aを作ります。
みりんと日本酒と白ワインを軽く沸騰させ、アルコールを飛ばし、火が消えたらしょうゆ、白だしを入れひと煮立ちさせます。
※味のしょっぱさは白だしで調整してください。

★調味料Aが冷めたら切り刻んだ昆布を入れ、イクラが浸るぐらいに調味料Aを入れて一晩冷蔵庫に入れておけばできあがり!!!




ね?透明に戻ったでしょう?

熱湯を使用することで臭みや雑味、汚れた薄皮がとれますのでオススメの調理です。





味もしっかり染み込んでうま~~い!!!
しょうゆの中に隠れている日本酒と白ワインとみりんのうま味も最高です。

お好みでノリやワサビを付け加えても美味しいですね!!!

ごちそうさまでした♪

まとめ


熱湯をかけるのは勇気がいりますが大丈夫です。美味しくできますよ(⌒∇⌒)
それとこの料理。地味に日本酒とみりんと白ワインがキーワードです。
特にみりんはみりん風調味料ではなく、本物のみりんを使用すると奥深い味になりますし、日本酒と白ワインの配合もお好みで変えることでオリジナリティが増します。
そして、昆布は切り刻むことで独特な粘りとまろやかさがでます。調味料が暖かい状態では入れず、冷めてから入れると雑味が抑えられますよ♪
以上、元料理人の私が作るイクラのしょうゆ漬け作り方でした!

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ




PVアクセスランキング にほんブログ村







Last updated  2021.10.10 09:31:25



© Rakuten Group, Inc.