2587115 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北国の遊び方 ~北海道の釣りブログ~

PR

Profile


氷河Ω

Free Space

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Calendar

Recent Posts

Rakuten Card

2021.12.02
XML
カテゴリ:小ネタ
多くの釣り人であれば一度はヒットしたことのあるウグイ。
時には好かれ、時には嫌われ者の魚ではありますが、なんと馴染みのあるマルタウグイ(アカハラ)の名前が旧種名になっていました。
その真相はいかに。

あれ?マルタウグイ?ジュウサンウグイ?





一部のマルタがジュウサンウグイへ


札幌市内のお話しをさせていただくと、ウグイ、マルタウグイ、エゾウグイの3種類いるのは今まで知っていたのですが、その中のマルタウグイに関してジュウサンウグイと呼ぶようになったとのこと。
※くどいようですが札幌想定のお話しをさせていただきます。また、一般の方にわかりやすいように種名→名前とさせて下さい。


色々調べているとこんなことを書いている文献を見つけました。以上の見解の不一致は,マルタの2型すなわちマルタ型とジュウサンウグイ型の形態学的な差異,生態学的差異や遺伝学的差異についての詳細な検討が未だされておらず,それぞれの分布域も明らかではないことに起因する。
引用:降海性コイ科魚類ウグイ属マルタ2型の形態的分化と地理的分布*
天野翔太1,酒井治己2†
Journal of National Fisheries University 63 ⑴ 17-32(2014)
↓参考文献
降海性コイ科魚類ウグイ属マルタ2型の形態的分化と地理的分布*
天野翔太1,酒井治己2†
Journal of National Fisheries University 63 ⑴ 17-32(2014)



前置きが長かったのでかなり削った引用になりましたが、↑の文献のP2に詳しく書いてあります。
基本的に今までマルタと呼ばれていたウグイの中にはマルタ型とジュウサンウグイ型がいるのでは?と言うのは前からあったそうで、凄い似ているこのウグイですが、他の研究においても、マルタ型とジュウサンウグイ型は異なる可能性が指摘されていたようなんですね。


そう、ぶっちゃけ大したハッキリしてなかったそうなんです。


そんなこんなでこの2種のウグイを研究した文献なのですが、結果的にこうなりました。
本研究では形態学的にマルタ型とジュウサンウグイ型が異なる資源であることが判明した。今後の本種の資源増殖や保護を図る際には2型を別の存在として考えなければならない。今後,生活史や遺伝学的形質に関する2型の生態学的,集団遺伝学的な比較検討を進め,学術的知見が蓄積されることが望まれる。
引用:降海性コイ科魚類ウグイ属マルタ2型の形態的分化と地理的分布*
天野翔太1,酒井治己2†
Journal of National Fisheries University 63 ⑴ 17-32(2014)
いきなり結論にたどり着いてしまいましたが、へ~違うんだ。

ってことなんですが、



私ね、何でこんな事書いてるのかと言うと先日、市内の魚を展示している施設に行ったのですよ。






こんな展示をしてありました。


’旧種名マルタウグイ’



なんと!!



思わず近くにいた飼育員のお兄さんに聞いちゃいましたよ(笑)

色々お話を聞きましたが、今までマルタと呼ばれていたウグイがマルタウグイとジュウサンウグイに分かれて、北海道の至る所に生息しているマルタウグイ(アカハラ)は現在ジュウサンウグイと呼ぶのが今流だそうです。



まぁ疑い深い自分なので、こんなんで簡単には信用しませんぞ(笑)

で、日本魚類全種目録を覗いて見ました。


↓参考URL
https://www.museum.kagoshima-u.ac.jp/staff/motomura/jaf.html


そのリストを見るとジュサンウグイとマルタウグイの2種が分けられて記載されていました。
※エクセル版が最新なのでおすすめです。

和名:ジュウサンウグイ
学名:Pseudaspius brandtii brandtii (Dybowski 1872)

和名:マルタ
学名:Pseudaspius brandtii maruta (Sakai & Amano 2014)


生き物の分類に詳しい方ならスッゴイお隣どおしな魚なのがよくわかりますね。



ちょっと話は変わりますが、これ何年も前のお話しだそうで、お恥ずかしい話、数年経って私は知りました(笑)
水産高校や大学生だったらみなさん知ってたのかな?

いっつも偏ったお勉強ばっかりしてたらダメですね~(笑)

マルタとジュウサンウグイの分布


マルタとジュウサンウグイの違いについては文献を見ていただければ凄ーく難しく書いているのでゆっくり読んでいただきたいのですが、簡単に誰でもわかりやすい分布ってどうなってるんでしょ?
この分布について、文献に掲載されておりました。
引用:降海性コイ科魚類ウグイ属マルタ2型の形態的分化と地理的分布*
天野翔太1,酒井治己2†
Journal of National Fisheries University 63 ⑴ 17-32(2014)
●ジュウサン
○マルタ


この図は中村守純さんと言う方が、1969年に書いた文献の研究を追認かつ補強しその結果わかった分布だそうです。

ただ、今回の研究ではマルタ型が太平洋の大船渡湾か東京湾に分布
そして、ジュウサンウグイ型がそれ以外の地域(奥入瀬川から富山湾までの本州、北海道井、韓国東岸からサハリン)まで生息していることが確認できたとのこと。


と、言う事で札幌とは最初に書いたものの、北海道で今までマルタと呼んでいたウグイは今後ジュウサンウグイと呼んだ方が良さそうです。


来年、港でサケ釣りなんでてしててね、いや~ジュウサン釣れちゃったよ~!!

なんて聞こえてきたらちょっと面白いけど(笑)

じゃ、今日はこのへんで!!

まとめ


まず酒井さん天野さんありがとうございますm(_ _)m研究大変だっでしょうね。
で!生き物の世界っておもしろいでしょ?
今までの常識がゴロっと変わる瞬間があるんですね~。
私のいる業界でもたまに大した根拠もなく、外人がこれはこっちの分類だ!なんて言うと回りにフルボッコにされてるに数回見たことあります(笑)
さ、外道印象の強いウグイですが釣りあげたらたまには観察してからリリースして下さいな(^▽^)/








Last updated  2021.12.02 09:51:58



© Rakuten Group, Inc.