2014/10/07
XML
カテゴリ:気になる商品
あ、スーパーファイヤーラインね(笑)




先日の釣行で投入してみたんだけど、
謳い文句に違わず、水切れはいいみたい。

一般的にPEは、それ自体の比重も軽いため、あ
海中で一直線になるという事はなかなか無い。

無風で潮流で浅いエリアであれば、
どんなラインでも一直線に近づける事は出来るだろうけど、
水深が深い、潮が速いとなると、
ラインはその抵抗を受けて湾曲してしまう。

陸から投げるにしても、船から直下に落とすにしても、
ラインの曲がり型が違うだけで、
その外部的影響は避けられない。


で、ラインが湾曲するとどうなるか。



アタリが出てもその湾曲部分が吸収し、
手元に伝わる魚信が小さくなってしまい、
ショートバイトやモゾモゾバイトを感じる事が難しくなる。

早い話、感度が落ちる。


それと、アワセを入れた時には、
ラインが直線に近くなって初めて力がかかるので、
ロッド操作が魚に伝わる頃にはかなり力が弱まってしまい、
確実なフッキングと言うのは難しくなってしまう。


ルアー等でアクションを入れる時も同じ事で、
自分のイメージした動きが出来ているかは甚だ微妙。


そんなデメリットをある程度解消できるのがファイヤーライン。

水切れがいい(ラインが馴染むのが早い)
→糸立ちが早い(早く直線状態になる)
=着底感知性が高い、バイトが伝わりやすい。

ルアーで、特にディープエリアでは抜群の操作性がありそうだし、
ジギングにはなかなか良いラインかもしれない。


まぁ、実際に魚は掛けていないので、
それ以上の事は判らないが。。。



さて、メリットはいいとして、
デメリットは?


PEラインの浮力を利用した釣りには向かないか。

例えば、エギングの跳ね上げシャクリとか、
ショアタイラバのスローリトリーブとかだと、
返って使いにくいし釣果も落ちてしまうかも?

とは言え、そんな使い方は特殊かもしれないが(笑)


あ、メリットがデメリットになる事として、
直線性が良くて感度が高いと言うことは、
バイトが出たときはロッドにモロに伝わるので、
魚が感じる違和感も大きいのでは?

となると、食い込みも悪いかも?

だからやはり、
ショートバイトでもガンガン掛けていく様なジギングでは、
なかなか使えるかもしれない。



後は耐久性だが、
これだけは長期で使ってみないと~



以前のは表面のコーティングが剥げるといきなり強度もおちたけど、
スーパーになって耐久性も向上したみたいだから、
その辺は期待してるのだが、、、



いつまでかは判らないが、
1.2号がスペシャル価格になっているので、
今のうちにショアジギ用に買い込んでおこうかな~











Last updated  2014/10/07 11:36:15 PM
コメント(2) | コメントを書く
[気になる商品] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Category

Headline News

Comments

 いっち@ Re:夕まずめプチ近場でマダイ調査(06/07) 素晴らしい釣果おめでとうございます! …
 @えいきち@   釣り鯛さん江 >いつもブログ楽しませてもらっています…
 釣り鯛@ ショアジギ いつもブログ楽しませてもらっています。 …

© Rakuten Group, Inc.