庄内釣りマニア

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

拘りの道具

2016/02/15
XML
カテゴリ:拘りの道具
最近、釣り出来ないからその反動?
って感じでハマッテ(?)しまっているジグリメイク。

ショアジギシーズンは年間トータルでも4ヶ月程だけど、
その間、行けるときはフルに行くためか、
キズだらけのジグと言うのも結構ある。

まぁ、去年はタイラバ投げてた時の方が多い気がするので、
例年に比べればまだ少ないかもなのだが。


さてそのリメイクも、どうせやるなら綺麗にしよう。

となると、それなりの手間も掛かる訳で。

で、今回はその下地補修編。


岩や堤防にぶつけてちょっと凹んじゃったとか、
サワラの歯で深い傷が~
なんて事で、素地に凹みや傷が有ったとき、
そのままホロを貼ると凸凹しちゃう。

それを回避するためには、
その凸凹を埋めちゃえばいいと言うだけの事。

例えば、



rblog-20160214110209-00.jpg

こんな状態を、



rblog-20160214110209-01.jpg

こんな風に。


これはハンダゴテを使い凹みにハンダ付けして、
盛り付けた凸を金属&紙ヤスリで平らにすると言う方法。


まぁこれは、完全に塗装を剥いじゃった場合の方法だけど、

焼き付けの下地塗装が残っている場合、

例えば、



rblog-20160214110209-02.jpg

こんな状態での凹みには、
パテを詰めて綺麗に削ってやればOK。

因みにパテが無い時はエポキシボンドを使うのも有りかと。
今やどちらも100均で売っているからね。


まぁ、エポキシボンドだと、
綺麗な面を作るのは以外と大変だけど、
そこは根気で何とかするしかないかな(笑)

因みにこれを素地にやってもいいんだけど、
塗装面にエポキシボンド盛る以上に段差が出来やすいみたい。
でもこれも、根気と根性で何とかなるか?


他に、とりあえず手元に有るもので!
と言う向きには、トップコート用のエポキシコートを流し込んで埋めるとか。
ただしこれは、エポキシ自体が目痩せするので、
何度か削りと盛りを繰り返さなくちゃいけないから、
気の長い人向きかな?(笑)


さて、下地が出来たらホロ貼りだけど、その後がまたなかなか。。。








気が向いたら続く。。。






Last updated  2016/02/15 12:10:25 AM
2016/02/10
カテゴリ:拘りの道具
沖ではとっくにヤリイカシーズンに入っていると言うのに、
天候やその他都合でなかなか沖に出られず。

なので。。。



と言う訳でもないのだが、
色々妄想してこんなものまでリメイクしている訳で。


rblog-20160210151008-00.jpg


何度か使ったイカヅノだけど、
表面にコキズが付いてちょっと曇り気味。

古いイカヅノには乗りが悪いと言うのは定番事項だけど、
それは、透明度が落ちた物には乗りが悪くなると言う話らしい。

そりゃ、何度も使えば細かいキズもついて、
曇っている様に見えるからね。

と言う訳で、軽くクリアをスプレーして表面ツルツル。

ついでに、


rblog-20160210151009-01.jpg

ケイムラタッチペンにホロパウダーを混ぜた物をヌリヌリ。


全体じゃなくて、腹にあたる部分だけに塗るのがミソだったり。




とまぁ、準備は色々といいんだけど、
また明日も波が落ちず船は出れないみたいな。

こりゃ、出漁前にシーズン終わっちゃうかも?









Last updated  2016/02/10 07:10:19 PM
2015/01/29
カテゴリ:拘りの道具
昨年末のショアジギで
海の藻屑にしてしまったストリンガー6本、
残りのストリンガーが6本程しかないので、
それじゃ~心許ない!

と、年始のセールで買ったのがこれ。


rblog-20150127200852-00.jpg



普通に買えば、
スナップストリンガー1本辺り100円位するのだが、
これにはロープとスプールも付いているのでお得?


さて、買ったはいいが、
このままだと使いづらい。

で、プチ改良。


rblog-20150127200853-01.jpg


こんな奴を、


rblog-20150127200853-02.jpg

こんな風にして、、、





間違い探しか?(笑)











ストリンガーに下げて魚を生かしておこうとしたとき、
鰓に通すと魚が弱るので、
下顎の薄皮に通す様にしている。

そのために先端を鋭利にして刺さりやすい様にする。

ほんのちょっとの手間が後々に影響するので、
この釣り物のない今のうちに~なのである。

後でいいやなんて呑気に構えていると、
いざって言うときに忘れていそうだからね~

と言う訳で、
思い出したが吉日な作業完了!










Last updated  2015/01/29 07:40:21 AM
2014/12/26
カテゴリ:拘りの道具
今年はショアタイラバにハマった。
マダイって、こんなに簡単に釣れるんだね~
と、まざまざと見せつける結果にはほぼ満足。

しかし、まだまだ考える事は有るようで、
来年はその実践かな。

で、今から地道に仕掛けを作っておかないと~
と、鯛玉の改造と塗装を行っているんだけど、、、



rblog-20141226124655-00.jpg

水深と潮流を考えた重量調整、
微妙な形状調整による乱水流のコントロール、
カラーリングの変化で見せるアピール性etc...

色々と妄想しながら、
空いた時間を見繕っての作業、、、










自宅と倉庫を繋ぐ、暖房なんてない渡り廊下。

そこで作業をしている訳だけど、

家着のままでやるもんだから
半端なく寒い~^^;






Last updated  2014/12/26 12:46:57 PM
2014/07/11
カテゴリ:拘りの道具
投げ釣りを本気でやっていた時は、
それなりのクーラーをつかっていたのだが。

久々にキス釣りを再開しようと、
昔のクーラーをひっぱり出したら、
超きたない+蓋が変色+蓋表面にひび割れ

な~んて事になっていたので、
ちょっと使えないな~と。

そこで、最近キス釣りで使っているレジャークーラーをちょいいじり。


本体内部の保冷材質をいじるのはちょっと大がかりなので、
先ずはお手軽な方法で。


本体保冷力はひとまず置いておいて、
クーラー内の冷気が逃げる大きな要因は、
蓋の開け閉めの時。

クーラー内にたまった冷気が、
蓋を開けた瞬間に外に逃げちゃうから、
またクーラー内を冷やすために保冷剤の冷気を使う。

そんな事を繰り返すうちに保冷材も冷気を失い、
結果、クーラー内がの温度が徐々に上がる。

と言う事は、蓋を開けても内部の冷気が逃げなければ、
クーラー内は冷え冷え~のはず。


要は、蓋の内側にもう一枚蓋をしておけば、
外蓋をあけても内部の冷気はクーラー内に留まれると言う事。


早い話が、



rblog-20140710215933-00.jpg

さすがにみんな蓋しちゃうと、
魚を入れる時にガバッと開けなきゃならないので、
それじゃ~意味がない。

で、魚の投入口だけ開けて、
あとはみんな塞いでしまう。

一応オプション?で、
餌ストック用の箱が収まる穴も開け。


因みにこの蓋の材質は、
プラダン(プラスチック材で作られた段ボール)。

そしてストック用餌箱は、
使わなくなったタッパー。


自宅に丁度いい材料があったので、
結果材料コストは掛かっていないけど、
ホムセンで揃えても200円行かない位か?



因みにこれは既に実践投入されてるけど、
いつもなら家に帰る頃には氷が皆溶けてるのに、
内蓋ありだと半分近く氷が残っていた。

と言うことは、効果ありだろうね~




ただ一つ問題が。


内蓋は段ボール構造ゆえ、
隙間に生臭汁が入り込むと、ほぼ取れなくなる。

まぁ、あまりにも酷いときはまた作ればいいので、
あまり気にしてはいないが(笑)













Last updated  2014/07/11 12:08:47 AM
2013/10/12
カテゴリ:拘りの道具
以前の釣行時に壊れてしまったライト。
本体は大丈夫なんだから、
まだ買い替えるまでもないかなと、
サクッと修理。

ライトユニットとその台座を繋ぐボルトは問題なし。
角度を調整固定するために必要なワッシャは、欠落。

ならば、ワッシャを組み入れれば元通り。

しかし、プラスチック系の丁度良いワッシャと言うのもなく、、、

ならば作ってしまえと言うことで、

rblog-20131012115955-00.png


材料は、ラインが巻かれていたスプールの平板の部分。

これにボルトが通る穴をあけ、
後はニッパーとヤスリを使って丸く仕上げ。

切り出したプラスチック板は1ミリ厚なので、
計3枚のワッシャを作って組み込んだのが、↑。


締め込みを調整して、
任意の角度でちゃんと止まるので、
問題なく使えそう。


さて、実践テストはいつしよう?








Last updated  2013/10/12 06:43:24 PM
2013/07/24
カテゴリ:拘りの道具
地元中古ショップを定期的に回っていると、
思わぬ掘り出し物に巡り会える時がある。

いつもはルアー類なのだが、今回は。。。


スプール


定価が13000(税別)なので、
半額とはいかないものの、
傷は発見できないほどの程度で、
オークションで買うよりずっと安い。

糸巻きも0.8で200なので、エギングにも根魚にも使える。

で、早速リールに着けてみた。


装着!


全体が黒ベースで、締まって見えてGood!





さて、スプールもイメチェンしたし~

 

いつ、使おうか?












あ、まずはライン買わなきゃ(^_^;











Last updated  2013/07/24 12:40:42 PM
2013/07/21
カテゴリ:拘りの道具
ショアジギとしては釣り物のないこの時期、
秋に思いを馳せ、色々と思考。

春はジグがメインとなるけれど、
秋からはミノーやバイブレーションでも楽しい。

しかし、皆が似たようなルアーを使ってしまうと
そのうちに見切られるので、
人とはちょっと違った事をしましょうかねと。

で、取り敢えず思いついたのが、
バイブレーション用。

バイブレーションのスピンテールは普通なので、
ちょっと思考を変えて、ピロピロテール。


ピロピロ~


バイブレーションのテールに何か物を付けると、
肝心のバイブレーション効果が出なくなる事があるけど、
これはバッチリ!

思惑通りの泳ぎで、納得。




が、、、






これが釣果に結びつくかの検証は、
まだまだ先の話だな(^_^;







Last updated  2013/07/21 05:37:06 PM
2013/07/10
カテゴリ:拘りの道具
ロッドの話。

私のエギングのメインロッドは、
G-craftのBLACK-MARK

このロッド、張りが強くて遠投性がよく、しかも高感度なので、
私のエギングスタイルには欠かせないロッドなんだけど、
更に高感度には出来ないものかと色々画策しているのだが、
ブランクス自体には手を入れる事は出来ないので、
残るは表面塗装の剥離かガイド交換。

塗装剥離は、見た目にも美しくなくなる可能性が第なので、
残るはガイド交換か。


ガイド交換と言っても、
小口径の多点付けにするのがいいんだけど、
やたらとガイド数を多くしても、
重量がかさむと振り切りも悪くなるから適度がいい。

幸い、今のガイド数と位置に不満はないので、
トップから7番までを小口径化。

オリジナルは、2番から5番までがLDBの#5を使っているのだが、
今回は#4に変更。

大きさのちがいは、


サイズ比較


ガイドの軽量化+ラインがブランクスに近くなって、
どの程度感度が上がるのか?

で、久々のエポキシコーティング。


エポ盛り



スレッドカラーはロッドと同系色なんだけど、
画像色の関係か違う色に見えるけど、
それはまぁ、実際の色はもっとましだから~(^_^;


それと、以前に別のロッドから移植して、
ずーっと仮止め状態だった元ガイドも、
スレッド巻き巻き。


元ガイド



これでカラーの統一感もでて、変な違和感もなくなるか?



さて。。、





後は。。。







注文しているトップガイドがまだ届かない~





トップガイドはとりあえず今までのままか?(-_-;)






Last updated  2013/07/11 12:50:07 PM
2013/01/20
カテゴリ:拘りの道具
釣りに於いて、魚を掛けるには針が重要。

それは、魚に合わせか形状と強度、
それにつながるラインの長さと強度、
そしてフックとラインの特性も加味したトータルバランスで、
掛けた魚を如何にして穫るか。

そんな事を考えながらの仕掛け作りは楽しいものである。


で、シーズンオフの今、
地道~に、


アシスト


制作中。


これは、サワラ、イナダ用のアシストとワイヤー。

春のワラサ位なら問題のない強度で作ってます。


間違ってブリクラスが来たら、
ドラグ効かせていなしながら穫るしかないですね。

去年も一度だけ、あれはブリじゃない?
と言うのに遭遇しましたが、
やり取りする前にフックアウトしたんで、
まぁ!まともに掛からなかったんでしょうね~

そんな事もあって、
去年の秋からシステムをワンランクアップしているんですけど、
なかなか、どでかいやつには遭遇しないもんです。



今年こそ、ショアからマサやブリを穫りたいとは思っているんですけど、
こればかりは、事故的な確率なんでまずは通うしかないんですけどね。

さて、今年はどんなドラマが待っているのか、
今からちょっとウキウキ?






Last updated  2013/01/20 04:50:32 PM
このブログでよく読まれている記事

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Calendar

Category

Headline News

Comments

 いっち@ Re:夕まずめプチ近場でマダイ調査(06/07) 素晴らしい釣果おめでとうございます! …
 @えいきち@   釣り鯛さん江 >いつもブログ楽しませてもらっています…
 釣り鯛@ ショアジギ いつもブログ楽しませてもらっています。 …

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.