庄内釣りマニア

全4件 (4件中 1-4件目)

1

魚の話

2008/11/28
XML
カテゴリ:魚の話
24日に、、、

081124日記 カワハギ?2

なんて魚を引っ掛けてからもう直ぐ1週間が経とうとしていますが、
とりあえず正体が判明しましたので報告だけ。。。


多数決の結果、


「 マンボウの子 」


と言うことになりました(爆違









え~~~。。。

冗談はさておき、
謎の魚の正体は、

アミモンガラ

でした。

いやぁ~~~、、、

調べるのに苦労しました!






なんてね^^;

実は、hirogonさんに調べてもらっていたりして(笑


しかしこの魚、浜なんかにも打ち上げられていて、
結構目撃されていたようです。

沖合いを泳いでいたやつが、海流の影響で沿岸に流されてきたのか?


何はともあれ、正体が判明してホッとしております。

hirogonさんに感謝ですね!





結局他人任せカヨ!。。。と思った方は、
ポチッと!
ランキングへゴー




TOP      日記一覧









Last updated  2008/11/28 09:57:54 PM
2006/12/16
カテゴリ:魚の話





魚なのに犬歯


サワラの歯です。

コレがまた切れ味がいいんですよ!

迂闊に手を触れるとスッパリ逝きます。
はっきり言って危険です。
危険物取り扱い許可証はちゃんと持っているのかと問いただしたくなるほど危険です。


で、この切れ味のいい歯で、リーダーをスパスパとやる訳ですね。

私の隣でジグっていた人も、何個もこの歯の餌食になっていたようです。

この歯からリーダーを守る為には、
ルアーの先に15cmほどワイヤーを入れればいいんだけど、
ワイヤーを入れると何故か釣果が落ちてしまう。

だから釣果を上げる為にはワイヤーリーダーは入れたくない。

ついでに言えば、この手のフィッシュイーターはベイトの頭からかぶりつくので、
キャッチ率を上げるにはアシストフックが有効。

しかし、リーダーに近い部分にアシストフックを入れるというのは、
それだけサワラの歯がリーダーに近づく事になり、
これまたスパッと切られる可能性が出てくる。

何とも痛し痒しな事なのだが。。。




さてサワラ、

本来暖海系の魚で、当地方には以前はいなかった魚。

地球温暖化が叫ばれる様になって、平均海水温も上がり、
それと共にこの海域にも生育するようになったのであろう。

とは言え、真冬の間は南下しているとは思うが。



当地域の釣期は下手をすれば1月初旬まで。
現在、海水温は13度程度だが、
1月に入ると10度位まで落ちてしまう。

普通はそんな低水温では生きられないはずなのだが、
この地に住み着いた個体が、徐々に低水温に慣れていったのだろうか?


所で、この釣ったサワラの腹の中には白魚がぎっしり。
釣った直後にも口の中から溢れてくるほどである。

白魚を捕食しているにもかかわらず、
それよりもはるかに大きなメタルジグにも襲い掛かる。

見境が無い位に獰猛な魚である。

だからこそであろうか、成長スピードは早く、
1年で50cmにもなると言われている。

と言う事は、この釣ったサワラは1年魚?

道理で、身が柔らかいと・・・(違


しかしまぁ~~。。。


サワラを釣った事が有る人なら分かると思うが、臭いのである!

独特の青物臭さがある。

船で釣れて〆た後、その強烈な臭いで、下手をすると船酔いしてしまうほど^^;


このサワラを〆る時、暴れるのを抑える為に頭を靴で抑えたのだが、
その時に付いた臭いが残っていたのだろうか、
車の中がちょっと凄くなってしまった。

夕食後に買い物に言ったときも、車内に異臭が充満していた様な。。。

いや、ひょっとしたら鼻に臭いが付いていただけかもしれないが、
それだけマッタリと後を引く臭いである。


食べれば美味しい魚なのであるが。。。


食べると言えば、我が家では定番となっているのが、
西京漬けと味醂漬け、塩焼き、唐揚げ甘酢あんかけ、
そしてたま~~に刺身。

あの、外見の臭いからは想像できないほど上品な味である。


堤防上で釣る人々、イナダは喜んで持ち帰るが、
サワラは嫌々持ち帰るか逃がすと言う人が未だに居る。

ちゃんと処理すればイナダよりも美味しい魚なのに、
何とも勿体無い話である。







要らないんだったら私にくれ!(爆








そんな冗談(謎)はさておき
恒例ポチッとおねがいします!
ランキングへゴー








TOP      日記一覧







Last updated  2006/12/17 09:39:52 AM
2006/05/10
カテゴリ:魚の話





     マトウダイ




漢字で書くと『 馬頭鯛 』
一般的には『 的鯛 』ですかね?

『 的鯛 』は、その名の通り体のど真ん中に白く縁取られた黒い斑点があるからです。
何故、体のど真ん中にあんな斑点があるかは疑問ですけど・・・
因みにあの斑点は、写真で見る限りは幼魚の頃から有ります。


『 馬頭鯛 』・・・馬の頭・・・そのモノです!
顔を見てもらえれば分かるんですが、まさしく馬の顔!

そしてこの魚、口が伸びるんです。
おそらく、エサとなるエビや小魚に近づき、
そして口を伸ばしてエサを吸い込むのだと思いますが、
その口を伸ばしたカンジが・・・馬!



所でこの、マトウダイ、鯛という名前が付いておりますが、どう見ても鯛じゃないですね。
いわゆる“あやかりタイ”というやつです。

鯛という名前が付いていても、実際の分類はマトウダイ目マトウダイ科
どちらかと言えば、カレイに近いというウワサもあります。
確かに、見方を変えればカレイとかヒラメですね!
体の薄さと言い、色的にも口の形も・・

あ、味はどちらかと言えばカワハギかな?
キモも割と大きめで、食味もカワハギに近いとか。
私は食っていないけどね!
どうもダメなんですね~あのキモの食感というヤツが。。。
口の中でねっとりとするカンジが


で、この魚を捌いてふと思ったんですけど、
この魚、全身凶器!
エラとかヒレの付け根とかに、固い棘みたいなのが有るんです。

実はこの魚を釣り上げた後、指のアチコチに傷があったんですけど、
多分この魚が暴れたときに棘に触れて付いた傷ではないかと・・・
今度間違って釣れたときは気を付けよう^^;

あ、この魚、釣った当日じゃないと、刺身では食えないと言う話でしたけど、
問題なく食えます!

んまいっす^¬^










Last updated  2006/06/24 07:29:34 PM
2006/05/01
カテゴリ:魚の話





               フグ





釣り人からの嫌われ者、フグ。

狙って釣る以外、これが釣れてきて喜ぶ人はいるんだろうか・・?

餌はとられる、ハリスはかみ切る・・
全くもって、迷惑なヤツ・・

でも、何故か料亭に行けば高級魚(トラフグ)。
しかし、何も告げられずこの魚を出されても、
果たして、直ぐフグと分かる人が何人いるだろうか・・?

自慢じゃないが、私は分からない。
多分、カワハギ(同じフグ目)の薄作りに混ぜられても、分からないと思う。


以前寿司屋に行ったときの話・・

取りあえずお任せで握ってもらい、その後に一品ずつの注文。

で、ふと目に入ったフグ・・

 私  「おやじさん!これ握って~!」
 板さん「一番最初に食ったよ!」
 私  「記憶にねぇ~な~~(笑」
 板さん「(笑)みんなそう言うよ・・」

所詮、人間の味覚なんて、そんな物である。(一緒にするなって?)



話がそれたが・・

このフグ、そもそもの名前の由来が、「腹がフクれる」から来ているそうな。


もう一つの説、

膨らんだときの姿が、瓢(フクベ=ヒョウタン)に似ているというので、「ふく」→「ふぐ」になったとか。



ふぐを漢字で書くと、「河豚」・・・「豚」は分かるが、何故海にいるのに「河」なのか・・?
中国では、川にふぐがいるので、河の豚と書いてフグと読む。
漢字が日本に輸入されたとき、
海の魚なのに、河の豚はおかしいという意見もあり、海豚にしようとしたが、
既に海豚(イルカ)という字があったので、やむなくそのまま「河豚=フグ」にしたという話がある。
しかし、何故イルカが海の豚なのかも、チョッと疑問だが・・・




河豚を釣ったことがある人は分かると思うが、
あの異常にふくれる腹、体重の2~4倍の水を飲み込むそうな・・
その飲んだ水は、胃にある膨張嚢と言う薄い袋にため込まれるのだが、
膨らんだ腹をへこますとき、水だけ排出して、胃の中の餌はちゃんと残すという。
何とも器用って言うか・・・^^;

ちなみに、フグがふくれる理由として、
自分の体を大きく見せて、外的から身を守るためだと一般には言われている。




さて「フグは食いたし、命は惜しし」でお馴染みのフグの毒。
ご存じとは思うが、「テトロドトキシン」と言う猛毒。
どのくらい強いかというと、青酸カリの1000倍の強さ
成人の人間の致死量は、0.4mmg
0.48ってどの位?と聞かれても、ちょ~~~少ない~みたいな・・


因みにこのフグの毒、
生まれたときから有るわけではなく、生後の食物連鎖によって、形成されると言われている。
その証拠に、養殖のフグには無毒の物が多いという。
もっとも、まだ不明な点も多いらしいが・・・






釣り人には嫌われ者のフグ、
でも、水槽で飼うと可愛いんだよね~


水槽で見ている分には癒し系なんだけど・・・

何で釣れるとあんなに憎たらしいのかな??











Last updated  2006/06/24 09:55:25 AM
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

Calendar

Category

Headline News

Comments

 いっち@ Re:夕まずめプチ近場でマダイ調査(06/07) 素晴らしい釣果おめでとうございます! …
 @えいきち@   釣り鯛さん江 >いつもブログ楽しませてもらっています…
 釣り鯛@ ショアジギ いつもブログ楽しませてもらっています。 …

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.