000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とるこ音楽観察日記。

PR

X

プロフィール


Nilufer

カレンダー

バックナンバー

2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11

コメント新着

Nilufer@ 私も「Mesafe」見た (〃▽〃)/ こちらは今インターネット・エクスプロー…
alaturka@ ソシエテ・・・ 本物のソシエテだったんですね、ドクトル…
alaturka@ 「怪子ちゃん」って。。 バカウケしてしまいました… これ、使わせ…
Nilufer@ ドクトルは40歳ぢゃ…。 私が調べたところによると40歳だったん…
alaturka@ トシの話 このクリップだと、abiって感じですけど。…

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2008.03.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

トルコとはまっったく関係ないけれど、ウチの会社には、前職持ちな人が多い。
コレだけ書くと、何か吹き溜まりみたいだ o(≧∀≦)○
けど、みんなあちこちで苦労してきた末だからねぇ(*^ー^*) ゥンゥン

まぁ、いろんなバックグラウンドを持つ人が多くて、トラブルもあれば、ベストマッチングもアリで。


で。
日本の歌手たちもそうだと思うけど、トルコの歌手たちも、 苦労の末・努力の末に今の成功を得た人が結構いたりする。

例えば、オズギュン君はオーケストラのビオラ奏者だったし、ギョクハン・オゼン君もラジオ番組の司会をしていたそうな。


以下は、外国人向けのトルコ語教科書に掲載されていた読み物から。

アラベスクの帝王ことイブラヒム・タトゥルセスは、歌手になる前、建築作業員だったのは有名な話なのらしい。

で、ギュルベン・エルゲン姐さんは、司会業や広告関係の仕事をしていたそうで。

セルダル・オルタチは、工業高校の旋盤加工科を卒業後、父親のアトリエで手伝いをしていたけれど、歌の世界を目指したんだとか。

一番ユニークだったのは、ミルケラム。
何と彼、地質関係のエンジニアだったのらしい ( ̄□ ̄;)!!

それなのに何故、歌手になったのか? (´ω`)

…それは、フリーページで彼のバイオグラフィが出来てからの、お楽しみに (≧ω≦)ノ彡
< って、いつ出来上がるのかは、定かでわない… (_´Д`)ノ~~

――――――――――――
おお、今思い出したけれど、今日がヤルン君のコンサートの日だ…
見に行きたかったな (ノд<。)゜。






最終更新日  2008.03.15 22:55:23
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.