000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とるこ音楽観察日記。

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2008.06.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

ね、眠たい… (ρ_-)ノ

連日連夜、あれやこれやに格闘してるうちに、
どんどん睡眠時間がへつられて(=削られて)行ってます… (+_+)

やりたいことが多すぎてですなー ゜+。(*′∇`)。+゜
困っておるんでございますのよ。
 何も目的の無い人生よりかは充実してるから、イイっか ^m^

お手が空いておればですが。
ニートな引きこもりさん、手伝ってくれんかね (〃▽〃)/

む。
さすがに寝ぼけながら意識もうろうとしながら書くと、あきませんな (>_<)
…昨日の日記を読み返してみると、なんか文章がいつものようぢゃない… ^m^
恥ずかし (*_*;


さて週も明けたことで。
トルコな音楽情報も更新されてます。

…って、あっ Σ(゜ロ゜;)
21日はYalin (ヤルン)君のコンサートだったぢゃん…。

すっかり忘れてたよ~~ (ノд<。)゜。
 見に行ったワケでも、見に行けたワケでもないのに。
そのコンセルの評判がなかなか聞こえてこないのは、なぜだ?
まぁ、イイけど。


で、改めて。
murat_boz←Murat Boz (ムラット・ボス)が、マキシシングルか
シングルを出すようで。
 「Ucurum」って、ドコへ飛んで行くんだろか。

PowerTurkFMの記事には
音楽界の実在する戦士
とか、大層な肩書きを書かれてますなー ^m^
 彼にはあんまり似合わんが、のぉ (≧▽≦)/

あ、この写真。
なんか、フィギュアスケートの
大輔くんにソックリでわ (〃▽〃)/


次に。
女王様Sezen Aksu (セゼン・アクス)も3年ぶりくらいにアルバムを出すようです。
題名は「Deniz Yildizi (デニズ・ユルドゥズ)」。
…あのー。えっと。
そのココロは、「ヒトデ」でよろしいんですか、
それとも直訳して「海の星」なんでしょーか?? (+_+)

ま、ソレはそれとして。
女王様、このアルバムの中で、もうかれこれ12年くらい前にお亡くなりになった
プロデューサーOnno Tunc (オンノ・トゥンチ)と競演してるらしいんですよねー。
どんな曲なんだろ。






最終更新日  2008.06.23 21:35:34
コメント(0) | コメントを書く


2008.06.21
カテゴリ:カテゴリ未分類

サッカーEURO2008で躍進中のトルコなんですが。

ついに4強入りを果たしてしまいました ヽ(´▽`)/今日の夕刊には、2002W杯当時の正GKリュシュトゥ・レチベルの写真がカラーで載ってたし d(*^∇゜)/


で。
トルコな女子も、日本で頑張っておられました (≧ω≦)b

今日、柳本ジャパンと対戦したトルコ女子バレー。
イイ試合を繰り広げたものの。
フルセットの最後まで競り合った末、トルコは負けてしまいましたー (ノд<。)゜。

最近、トルコのスポーツも世界レベルになってきて、
日本と対戦するコトが増えたら、悩むなー。

…どっちを応援していいか迷うぢゃん (´ω`)






最終更新日  2008.06.21 21:48:28
コメント(2) | コメントを書く
2008.05.17
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日の真夜中にShowRadyoで流れていたのを聴いていて、ふと懐かしく思った曲。

Fulden Uras (フルデン・ウラス) - Bensiz Olsun (ベンスィズ・オルスン) <2000>
(↑リンクをクリックすると、別窓でYouTube上のクリップが見れます。)

そういや、だいぶ前によくRadyoで聴いたよなー o(^∇^o)(o^∇^)o
と思いながら聴き進めると。

…む (-"-)
最近もどっかで聴いたような…。

名前もどっかで見たことあるような…。
 (…検索中)

…うほッ (〃▽〃)/
この曲この人だったのねん。

あちらであれだけ話題になってたにもかかわらず。
この曲のことを言っておられただなんて、今日初めて知りましたわん。
 「もう、その話終わったよ…」とか言われそう (+_+)


この曲は、Serdar Ortac (セルダル・オルタチ)の作詞作曲で、
原曲では「Kac Kere Sever Insan (カチ・ケレ・セヴェル・インサン)」。
ふむ、題名は変えてるのね。
そっか。


で、クリップの話なんですが。
…初めて見たかも (+_+)
この曲を、ってのもだけれど。
逆ハーレム状態なクリップってのも。
ダンサブルなクリップって以外は、コメントを差し控えさせていただきます m(_ _)m
 だって…ねぇ (+_+)


そんで。
YouTubeのお陰で、Frikik (フリキック)というトルコ語の意味を知った。
時々聞くこの単語の意味は、(以下自粛)。
…サッカーのフリーキックから来ているのに、そんな意味もあるんですか~ \(◎o◎)/!
 イイ子は使わないでねん (b^ー゜)♪






最終更新日  2008.05.17 07:52:43
コメント(2) | コメントを書く
2008.05.03
カテゴリ:カテゴリ未分類

ソレは先日の真夜中。
日付が変わろうというころ。

そろそろ寝よっかな… (ρ_-)ノ と思い始めていたころに、
ふと今回買ったCDを専用キャビネットに収めようとした。
で、一目でわかった事。
…このままぢゃ、入らんやんか \(゚ロ\)(/ロ゚)/
そう、ダンナと共有のCDキャビネット、400枚くらいは入るはずなのだけれど。
す、隙間が… ない?

そう、ソコには。
トルコだけでなく、日本やLatinな方々もいてるのである。さすがにトルコほどの数は無いけれど。

トルコな方々は数が多すぎるので、男女アーチストABC順に並んで頂いている。

で。
思い切って並べ替えを実施。
結果的には、それから1時間くらいかかって終了。
いつも遅い時間にご就寝なのに、さらに遅くなってしまった(´ω`)

で、思ったこと。
聴かないCDは処分せねば… (ノд<。)゜。
新しく買ったCDが入らなくなる…( Д|||)ガーーーン


ってことで、近いうちに放出するかも。
どうやってしたらいいものやら。
ってか、欲しい人いるだろか?






最終更新日  2008.05.03 21:49:05
コメント(0) | コメントを書く
2008.04.20
カテゴリ:カテゴリ未分類

ちょっと~、見ました?奥さま~ (≧∇≦)ノ彡

天下のT●Sの有名番組「世界遺産」は、イスタンブルを取り上げてましたのよ~ \(≧▽≦)/

ひっさしぶりに、モスクの立ち並ぶ風景を見れて、大満足 (*^ー^*)b

今日は重要なインフラとして、水をクローズアップした番組構成で。

アヤ・ソフィアやスルタン・アフメット・モスク(ブルー・モスク)、
グランド・バザールに地下宮殿(貯水池)、トプカプ宮殿…。

懐かしー o(^∇^o)(o^∇^)o
いかんいかん、行きたくなってしまったやんか (´`)
トルコチャイも飲みたいー。

…って。
今年はイスタンブル(限定)に行けるんだろーか。


ところで。
この番組、やけにCM多いのね。
矢○永吉っつあんも出演者の1人なのかと思えるくらい、
ひっきりなしにお会いしたゾ Ψ(`∀´)Ψ






最終更新日  2008.04.20 22:08:49
コメント(6) | コメントを書く
2008.04.18
カテゴリ:カテゴリ未分類

下の日記の続きの話。

今回の発注は、6日に注文、10日に現地から発送、
ドバイ経由で17日に関空着、18日にD社から電報で連絡ありという経過。
この後は18日に通関手続き21日に我が家着という予定。
ココからの発送は来週いっぱいを予定。
ぐわんばるぞ~ o(≧∀≦)○
 今日、包装資材とか買い込んで来たし o(^∇^o)(o^∇^)o
 あとは同送物やお手紙の用意が待っている… (^▽^ゞ



冷静に考えてみると。
電報で連絡ってなかなか古典的な手段と思われ。
ニューストピックスでちょうど電報のコラムがあったので読んでみると。

うーむ (≧ω≦)
最近でも電報は年に2000万件くらいの取扱いがあるんだとか。
私が考えていたように、慶弔関係の用途が最も多い模様。
体裁とかいろいろあるので、結構サマになる言葉のギフトなんだそーだ。
そりゃー、お悔やみの文面がFAXで来たら誰だって怒るよな。
 原理は一緒なんだけどねぇ。

む。
似て非なる仲間で、郵便局のレタックスってのは廃れちゃったのか?
ご香典と弔文とかみたいな、遠隔地にお金と一緒に送るには最適だったんだけどな。

ああ。
もう少しでFeridun (フェリドゥン)兄の曲が、
Suat suna (スアット・スナ)の「O Lelli (オー・レッリ)」が、
お腹いっぱい(?)聴けるよ~ (〃▽〃)/






最終更新日  2008.04.18 23:28:57
コメント(2) | コメントを書く
2008.04.05
カテゴリ:カテゴリ未分類

Mustafa Ceceli (ムスタファ・ジェジェリ)兄さんが、YouTube上にチャンネルを開いておられました。
と言っても、まだCeceli兄さんには「Unutamam (ウヌタマム)」1曲しかありませんから~ (≧ω≦)
というオチ。
えぇ、以上です。
 とは言え。「YouTube上にチャンネルを持ってるトルコ歌手特集」ページなんぞ、作ろうとは思ってるんですがね。


あ、さて。
このCeceli兄さんの曲が入ったアルバム『Enbe Orkestrasi』から、3曲目のクリップが出来ております。
今回は、Asli Gungor (アスル・ギュンギョル)ちゃんがソロで歌っております。
Asli Gungor & ENBE- Izmir Bilir Ya (イズミル・ビリル・ヤ)
(↑リンクをクリックすると、別窓でYouTube上のクリップが見れます。)

出だしがちと欠けておりますが、高品質かつ歌詞が出てるのを選んでみました~。
案外さっさと終わっちゃう、このクリップ。

…相変わらずスゴいねぇ、Asliちゃん。
シンデレラ・ストーリーを地で行ってるよ…。
 トルキッシュ・ドリームとも言えるか。
でも。
アルバムの収録曲に比べれば、格段に発声法や歌が上手くなったような。
しかも、今回も自作曲で勝負だよ~ o(≧∀≦)○


今回はウエディングドレスですかい?ってな感じのズルズルな服をお召しになって、
街中を歩き倒しますのよん
もしくは真っ赤な肩出し豪華ドレスで、歌ってたり。
キレイなんだけど、ちょっと浮世離れしすぎでないかい?
顔が何となく薄くて、日本人風に見えるんですがね。


YouTube上の解説によりますと。
「Genco」というドラマの俳優たちが、クリップで熱演している模様。
 や。トルコのドラマはあんまチェックしてないので、よく知りませぬ m(_ _)m
女優さんのお肌や目がキレイなのに、注目 (b^ー゜)♪


これが撮影されたのがIzmir (イズミル)かどうだかは知らないけれど。
観光化されていない、普段着なトルコの街中の様子が伺えまする。
最後にトルコ風の相合傘みたいな落書きが出てきたり、
女の子が花占いみたいなのをやってて、微笑ましい雰囲気。






最終更新日  2008.04.05 08:15:17
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.28
カテゴリ:カテゴリ未分類

…なので、ウダウダしながらネットを散策~。

ガラッと一変した職場環境には、ようやく慣れたものの。
まだ、何処の誰かよく判らない人が闊歩している現実には不慣れ (>_<)

> 人がたくさんいる職場で、全員と仲良くするのは不可能だと思われ。


自分の業務には何とか慣れたんだけどね~。
まぁ、まだカンペキではないけど (^ ^ゞ
全く未経験だったのに、私にしては迅速に憶えられたので、
ヤル気切羽詰った状況を用意してもらえれば(?)、
年取っててもいろいろ出来ると実感できた出来事であったり。

以上の状況を知ってるハズなのに。
以前のエライさんは私の仕事ぶりを見て、
前(にこの業務を)やったことあるんか?』と尋ねてきたのには笑えた。
アンタは私の経歴を全て把握してるでしょーがっ (ノ-_-)ノ ~┻━┻
と突っ込みそうになったけれど、
子供や無いんやから、見てたら覚えますわ。 (-_-)
無表情かつ仏頂面で答えた私は、そう、世渡りベタですわ~ ゜+。(*′∇`)。+゜


決算時期がもう終わりかけ、ってか業務的には終わったので、まったり
で、殺人的な仕事量から解放されたので、ぐったり _(_ _)_
そんなワケで魂が抜けたように、ちと気が入らん状態なのだった…。

でも。
今日は帰宅して、ShowRadyoでYalin (ヤルン)君の曲が3曲も聴けたので、幸せ~~ (〃▽〃)/
< 単純なヤツめ~ o(≧∀≦)○






最終更新日  2008.03.28 21:30:29
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
に更新しようとしたら、ブログの管理画面のまま、携帯携帯電話が突然フリーズ。
…何なんだ、一体 ( ̄∇ ̄|||)
やっぱ、丑三つ時の魔力なのか…。(違)


ところで。
あんだけ寒かったのに。
季節はもうすっかり、春が来た模様。
テレビテレビでは、気の早い人たちが早くもお花見をしたそうだったし。
いいなー大笑い日本酒さくら

こちらの方も、道端の桜は準備万端の雰囲気。
つぼみが膨らんで来てるだけで、かすかにピンク色にけぶっている感じ。
いよいよ開花間近か…。ヽ(´▽`)/


桜の花びらって、その色から薄さから、儚くてキレイで
日本人の感性を甚く刺激するものだけれど。
子どものころ沢山集めてみたりした人は多いと思うけれど。
花びらでは、あのキレイなピンク色には染められないんだそーだびっくり

小学校の教科書にあった読み物によると。
花が咲く前の樹皮を剥いで、これで布を染めると。
スゴくキレイなさくら色に染まるらしい。
…だからと言って、試そうとは思わんけれど。
第一、皮を剥いだら可哀想だし。

今年は花見、行けるかなぁ…しょんぼり






最終更新日  2008.03.28 03:16:53
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.15
カテゴリ:カテゴリ未分類

トルコとはまっったく関係ないけれど、ウチの会社には、前職持ちな人が多い。
コレだけ書くと、何か吹き溜まりみたいだ o(≧∀≦)○
けど、みんなあちこちで苦労してきた末だからねぇ(*^ー^*) ゥンゥン

まぁ、いろんなバックグラウンドを持つ人が多くて、トラブルもあれば、ベストマッチングもアリで。


で。
日本の歌手たちもそうだと思うけど、トルコの歌手たちも、 苦労の末・努力の末に今の成功を得た人が結構いたりする。

例えば、オズギュン君はオーケストラのビオラ奏者だったし、ギョクハン・オゼン君もラジオ番組の司会をしていたそうな。


以下は、外国人向けのトルコ語教科書に掲載されていた読み物から。

アラベスクの帝王ことイブラヒム・タトゥルセスは、歌手になる前、建築作業員だったのは有名な話なのらしい。

で、ギュルベン・エルゲン姐さんは、司会業や広告関係の仕事をしていたそうで。

セルダル・オルタチは、工業高校の旋盤加工科を卒業後、父親のアトリエで手伝いをしていたけれど、歌の世界を目指したんだとか。

一番ユニークだったのは、ミルケラム。
何と彼、地質関係のエンジニアだったのらしい ( ̄□ ̄;)!!

それなのに何故、歌手になったのか? (´ω`)

…それは、フリーページで彼のバイオグラフィが出来てからの、お楽しみに (≧ω≦)ノ彡
< って、いつ出来上がるのかは、定かでわない… (_´Д`)ノ~~

――――――――――――
おお、今思い出したけれど、今日がヤルン君のコンサートの日だ…
見に行きたかったな (ノд<。)゜。






最終更新日  2008.03.15 22:55:23
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.