975723 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 四 季 折 々 (俳 句)

2008年11月05日
XML
カテゴリ:奥の細道

 

国府多賀城から塩釜、松嶋へと一人で吟行し、松島大観荘の句会場で皆と合流した。グループで吟行すると、同じ時間・同じ場所を詠むので、どうしても同じような句が出来る。ところが、一人だと句会で自分と同じような句が出ない。兎に角句会で類句が出ると、両方の句が駄目になってしまうので要注意。そんな訳で真の俳句は孤独の中から作られると言っても過言ではない。

今回「末の松山」とホテル近くの「雄嶋」に寄らなかった後悔がある。またの機会としたい。

吟行の途中いろいろな秋草を見たがなかでも鳥兜と朝霧草は特に珍しい花なので、ここに載せ置く。

   鬼房の句碑への道や鳥兜

  朝霧草漁(すなどり)舟の出てをりぬ

 
最後までお読み頂き有り難う御座いました。
      クリックしてね
        ↓  

 人気ブログランキングへ







最終更新日  2011年02月18日 09時31分02秒
コメント(2) | コメントを書く
[奥の細道] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 あみたん@ Re[1]:正月飾(01/14) アケ02さんへ アケさんは喪中でいらっ…
 アケ02@ Re:正月飾(01/14) お正月らしい金屛風 末広がり いいです…
 あみたん@ Re[1]:祝月(01/13) アケ02さんへ 私も明神下の銭形平次、テ…
 アケ02@ Re:祝月(01/13) 若い巫女さんですね。 忙しそうなのは、若…
 あみたん@ Re[1]:寒林(01/12) アケ02さんへ もう、御姑さんが亡くな…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.