1017148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 四 季 折 々 (俳 句)

2018年01月26日
XML
カテゴリ:冬の歳時記
​​​​

        雪やこんこ あられやこんこ 降って は降っては ずんずん積る
               山も野原も 綿帽子かぶり  枯木残らず 花が咲く
        雪やこんこ あられやこんこ  降っても降っても まだ降りやまぬ
             犬は喜び 庭 駈けまわり  猫は火燵で丸くなる

この猫はマンションの老女が毎日餌を与えているが、自分の家で飼おうとはしない。猫好きなのに何故だろうと思う。そんな訳で雪が降っても炬燵には入れない。そこで切り株の日当たりで日向ぼっこをしている。

  ​切株の日向にをりぬかじけ猫​



       クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




    ​俳句・冬・動物、かじけ猫​
  
​​






最終更新日  2018年01月26日 16時26分04秒
コメント(2) | コメントを書く
[冬の歳時記] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 happy100点@ Re:土筆(03/25) 俳句、楽しみにしております。ブログで取…
 あみたん@ Re[1]:春の雪像(03/30) アケ02さんへ 雪は7cm位降りました…
 アケ02@ Re:春の雪像(03/30) 雪だるまができるくらい雪が降ったのです…
 あみたん@ Re[1]:春の雪(03/29) 阿辻 雨雄さんへ 三月の雪は淡雪できょ…
 阿辻 雨雄@ Re:春の雪(03/29) 三月の終りの雪ですか。東京には珍しいこ…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.