1020105 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 四 季 折 々 (俳 句)

2018年01月27日
XML
カテゴリ:冬の歳時記
​​​​

午前11時頃、野川に沿って上流へ向き歩いた。川岸の日当たりの良いところは雪が解け、そうでないところはまだ雪が残っている。橋の上に立つと寒風が頬を刺す。川面に目を落とすと寒風による水皺ができていた。それを見るとまた寒さが襲ってきた。

  ​​寒風の水皺をなす野川かな​​



      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ





   俳句・冬・天文、寒風、野川​​






最終更新日  2018年01月27日 16時36分55秒
コメント(0) | コメントを書く
[冬の歳時記] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 あみたん@ Re[1]:かりんの花(04/04) New! アケ02さんへ 以前かりんの実でカリン酒を…
 アケ02@ Re:かりんの花(04/04) かりんですね。近所に植えてある家があり…
 あみたん@ Re[1]:万作(04/02) 819makerさんへ 万作でなく山茱萸とのご…
 819maker@ Re:万作(04/02) いつも楽しく拝見させていただいておりま…
 あみたん@ Re[1]:海棠(04/01) アケ02さんへ 海棠の花は美しい色をして…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.