1208185 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 四 季 折 々 (俳 句)

2020年11月23日
XML
カテゴリ:冬の歳時記
​​​

来年もよく実るようにというまじないで、木に取り残しておく果実を「木守り」といい、柿などに遣われる。野川沿いのとある家に木守柿が青空の下に生っていた。未だ此の風習が継承されている。

  ​青空の木守柿を愛でにけり​


      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




     俳句・冬・植物、木守柿(きまもりがき)​​






最終更新日  2020年11月23日 15時00分04秒
コメント(2) | コメントを書く
[冬の歳時記] カテゴリの最新記事


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 あみたん@ Re[1]:水温む(02/27) New! 阿辻 雨雄さんへ サスペンスで時々鴨川…
 あみたん@ Re[1]:水温む(02/27) New! ake02さんへ そうですよ、友達も家族も男…
 阿辻 雨雄@ Re:水温む(02/27) New! 少女が混じっての戯れ、そのとおりですね…
 ake02@ Re:水温む(02/27) New! 楽しそうな声が聞こえてきそうです。 女子…
 あみたん@ Re[1]:沈丁花(02/25) New! アケ02さんへ 白い沈丁花も白い絹の様に品…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.