1570828 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 四 季 折 々 (俳 句)

 四 季 折 々 (俳 句)

2021年11月02日
XML
カテゴリ:秋の歳時記
​​​

この景色も昨日の散歩みちで出合った。春と異なり竹は秋になると青々と茂る。今は青空に朝月が白く浮かんでいるのも情緒がある。

  ​竹の春朝月白く浮かびゐて​



        クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




   俳句・秋・植物、竹の春​​​






最終更新日  2021年11月02日 15時00分04秒
コメント(2) | コメントを書く
[秋の歳時記] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:竹の春(11/02)   アケ02 さん
竹の春 麦秋 俳句の季語は趣がありますね。
源氏物語 今日は源氏が京の人々に送った文
  藤壺 紫の上 朧月夜 の返歌
でした。塩垂るる 源氏も皆も涙に袖を濡らしているようです。

紫式部の高い教養がしのばれます。

今朝の月は三日月が寝転がった形でした。これをなんと表現するのだろう?上弦の月ってどういうの?等と教養の無い私は思ったことです。 (2021年11月02日 17時00分21秒)

 Re[1]:竹の春(11/02)   あみたん さん
アケ02さんへ

>源氏物語 今日は源氏が京の人々に送った文
  藤壺 紫の上 朧月夜 の返歌

 源氏の色好みはさておいて、和歌は大好きです。
 紫式部は教養豊かな作家ですね。

上弦の月は弓張月とも申しますので右に月があり弓が左にあり、その逆が下弦の月のようです。

今の月は右に弦がありますので、下弦の月よりもっと日が経っていると思います。逆三日月というそうです。
逆三日月とは空に見える特定の形の月の名称を表したもので、
月の満ち欠けの周期が新しく始まって26日目の月を”逆三日月”と呼びます。

貴女の御陰で勉強になりました。 (2021年11月02日 19時03分21秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 あみたん@ Re[1]:ゑのころ草(08/10) ake02さんへ 7日、10日、13日と句会…
 ake02@ Re:ゑのころ草(08/10) 頑張って散歩を続けておられるのですね。 …
 あみたん@ Re[1]:立秋(08/07) ふたこぶ山さんへ 「野川が素敵な所」と…
 ふたこぶ山@ Re:立秋(08/07) 野川何時見ても素敵な所・・近くだったら…
 ああみたん@ Re[1]:夏惜む(08/06) ake02さんへ そうなんです。明日は立秋で…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.