3903765 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫すごろく ねこすごろく ネコスゴロク

全70件 (70件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

健康

May 25, 2009
XML
テーマ:闘病日記(3906)
カテゴリ:健康
今日は月に一度の内科受診のための採血と採尿。
かなりスムーズに会計まで終了。

この1か月 スジャータの赤葡萄ジュース飲んじゃうわ、
いっぱい食べちゃうわで、きっと結果は最悪になりそう。
来週の診察が怖い。

で、そのまま母の病室へ。

今日はまた病室が変わっている。
この頃病室が変わっても看護師から説明はない。
大部屋は満室。

私「今日は自転車で来たから、食べたい物買ってきてあげる」という。
母「メロンがいい」という。
パン屋さんのサンドイッチも買って来てみるよといい買い物に行く。

サンドイッチ・メロン・ペットボトルのジャスミン茶・春雨サラダを買う。
いったん家に戻り薬を飲んで、今度は歩きで病院へ向かう。

病院のバンゴハンの時間よりはやく病院に到着。

なんとなく看護師に避けられている感あり。
昨日から母のそばに変なパネルが置いてあるがなんだかわからない。
点滴が増えているが、その説明もない。
看護助手さんがバンゴハンを持ってくる。

それは置いといて、持ってきたものを食べさせる。
サンドイッチを少し、春雨サラダは一口、メロンは結構いっぱいたべて終了。
助手さんがご飯を片づけに来て、食べた物と量を報告。

私がフォークやスプーンを洗いに行っている隙に、
食後の薬が置かれている。
ウーン 忙しいのかなぁ。

母「トイレ行きたい」
私「ん?それってどこでしてるの?この前は昼間は車いすでトイレ、夜間はポータブルだったよね?」
母はちゃんと答えないのでナースコール。
ポータブルでするようだ。

ということで談話室に行ってみる。
待てど暮らせど何も言ってこないので戻ると、
ポータブルトイレがない。

私「お母さん もうトイレ終わったの?」
母「はやく おしっこもれちゃうじゃない!(怒)」
私「え?え?どういうこと?」

証言者Aさん「看護師さん患者によって対応が違いすぎますよ。きちんと看護師さんに話を聞いてみてはいかが?」
私「えっ?」

ナースコール

私「トイレがって言っていますが?」
看護師「おむつにするようにいいました」
私「でも断固としてしないんですよ」

看護師「じゃあ持って来ますね」といって助手に任せ去る。
私と助手さんで母を介助しポータブルに座らせる。
助手さん去る。
私トイレットペーパーを出し拭く準備。
終了したというので、助手さんを呼んでやろうかと思ったら看護師さん登場。

この忙しい時に・・って感じが伝わってくる。
ベッドの置き方が良くないというので看護師さんと助手さんで直す。

ナースコールが根元から外れていてナースコールできない状況

ちょうど来たので、その旨きくと

「それはいまやりますっ」

私「あとー 母が個室がいいって話をしているんですがぁ」
看護師「はぁ?それって今考えた話ですか?」
私「以前 他の部屋にいる時に看護師さんに伝えましたが、それきりなので」
看護師「昨日別の部屋にお母さんいたでしょ?その理由を聞かなかったの?」
私「えっ 説明されてないけど」
看護師「ちょっと待っていて下さい」

すげー責めるけど・・あの何をいきり立ってるの?
てか、違う部屋に移ったりしたら、
こちらからお願いして看護婦さんに理由をお伺いするべきなの?

また怒鳴られたら、怒鳴り返すつもりになる。

看護師「あのー すみません。一昨日の夜にお母様が転倒された話伺いましたか?」
すげー低姿勢。
私「いいえ」
看護師「それで もしものために部屋を移して看護して、今日先生に見て頂いて大丈夫といわれたので、この部屋に戻ったのですが、まだ具合が安定していない状況ですし、この場所ならナースステーションからよく見えるので、こちらにいていただいているのね」
看護師「でも具合が良くなったら個室に移動できるよう課長に言いましたのでね」

てかバカなの死ぬの?

その後の母は、すごく機嫌が悪く罵倒され続け、「うるせーんだよ」とか
あなたは第2反抗期なの?くらいひどい状況なので、
しっぽを巻いて退散。

看護師に怒鳴られ、母に怒鳴られ心が折れました。

転倒したことを覚えていない母って・・痴呆?
それとも頭を強打した?

明日は殴られっぱなしのボクサーにならないようにしたいわね。


励ましの2クリックを!

ブログランキング
 
にほんブログ村






最終更新日  May 27, 2009 02:29:10 AM
コメント(4) | コメントを書く


May 24, 2009
テーマ:闘病日記(3906)
カテゴリ:健康
今日母は違う部屋にいた。

お腹の具合が悪く、いろいろなものを汚してしまったようで、
洗濯物が山のよう。

そういうことも考えてパジャマも沢山あるし、
タオルケットも2枚棚においてあるしと思ったけど、
バスタオルが残り1枚・・(滝汗)

1度家に帰って洗濯してコインランドリーで乾かして病院に戻った。
9時に病院が閉まってしまうのだけど、ギリギリだった。

昨日「お母さんの手術は成功したんだよ」と何度も言って、
完全無視され、看護士さんにお願いして説明してもらってご機嫌が直った母。

りんごを手づかみでムシャムシャ一気食い。
食べようと思えば食べれるのねが証明された感じ。

「気持ちが負けたら身体の具合も悪くなっちゃうのよ」

本当に食べたいものなら食べれちゃうようになったのね。
ということで、昨日看護婦さんが言った事は正しいのねぇと実感。

今朝私が日記に書いた事 ものすごくネガティブな話だけど、
嫁姑が不仲で姑が寝たきりになってその面倒をみなければ
ならなくなるお嫁さんはすごく多いと思う。
他人でしかも嫌なやつの面倒を見るって、すごい事だと思う。
私は肉親なんだから、当たり前って言われば当たり前なのよね。

そうそう 主人を主人実家に掃除にいかせたわけだけど、
掃除機が壊れたので捨てちゃった。といわれて、
お茶を飲んで話をして帰ってきただけだったみたいだわ。

掃除機が無かったら、「掃け!拭け!」と思ったわぁ。
今度は掃除機持参で行かなくちゃかしらね。
持っていった新茶は好評でナニヨリ。

励ましの2クリックを!

ブログランキング
 
にほんブログ村






最終更新日  May 25, 2009 12:33:48 AM
コメント(2) | コメントを書く
May 23, 2009
テーマ:闘病日記(3906)
カテゴリ:健康
手術をして1ヶ月以上もたっちゃった母。

ずっと大部屋にいるけれど、声がでないし、

ほとんど食べないし、立ち上がったらハァハァと苦しがる。

それでも先生の決断で、尿の管を取り、点滴もほとんどやめ、酸素もやめ、

高カロリー点滴っていうのかな(それでも1日千キロカロリー)、それだけになって、

来週は腹水を抜いている管もはずすって話になった。

私が見ていて、どうも精神的要素が強い気がして、

先週金曜日に来て、今日(土曜日)おくって行った妹に聞いてみた。

妹「そういえば 自分が来た日 母が”もう自分は長くないかも”といった」と証言。

えー なんでそうなるの?

血圧も安定、酸素濃度も99% 熱も無い 胸水もたまってないし、

腹水は減ってきた。

でも具合は悪くなるばかり・・食欲もなくなる一方。

私「お母さん 手術は成功したのよ。あとは具合がよくなっていくいっぽうなハズなのよ」

まぁ、感染症や心不全などまだ不安要素はあるけど、あなたが思っているほど悪くは無い。

そういう話をするが無視。

仕方が無いので看護士さんに応援を頼む。

看護士「娘さんが言っている事は本当なのよ。いくらなんでも娘さんもアナタがそんなに悪かったら本当のこというでしょ。」そのあと具体的に説明。

目をつむってつらそうな顔をしていた母が急に笑顔になった。

看護士「気持ちが負けたら身体の具合も悪くなっちゃうのよ。しっかりね」

目がキラキラして、看護士に微笑む母。

普段から思い込みがかなり激しい母。

明日から少しは元気になるのかな。

母に精神安定剤でも処方してもらいたい気分。

まぁ私たちが帰るときは、またむすっとしてたけどね。

今日は暑かったので「おろし蕎麦、キュウリの漬物、トマト」を持って行きました。

昨日は温室栽培の山梨の桃を持っていったの。

ほとんど食べなかったけどね・・・

明日からまた私一人でお見舞いに行く日々に戻ります。

励ましの2クリックを!

ブログランキング
 
にほんブログ村

明日は主人一人で主人実家に掃除に行ってもらいます。

自分がACと気が付いた。
はじめて精神科に通いだしたとき、
先生が「人格形成の段階で完全否定されたり虐待されたら一生治らない」といったけど、
なおるかも?それともやっぱりなおらないの?
世の中には 普通に生きている人、生きたいのにかなわない人、死にたい人がいて
私は3番目。また眠れないまま朝を迎えた。
なぜわたしをいじめ続け虐待し続けた人の面倒なんか見ているの?
私はバカなの?どうしようもないくらいバカなの?
何しているの?と問い続けながら、母より先に死にたいと思う。
眠れず迎えた朝は、こういう思考回路になるのです。
いつか精神が崩壊するの?チャロと主人のために生きていきたいと思ったけど今はどうでもいいきもする。
ごめんなさい。






最終更新日  May 24, 2009 06:59:33 PM
コメント(10) | コメントを書く
May 15, 2009
テーマ:闘病日記(3906)
カテゴリ:健康
母はちっとも病院食を食べないので困っている。

はじめは食べたい物を持っていけばいいのかと、
メロン・ヨーグルト・ゼリーを持って行っていたけど、
先生はオカズを食べてほしくて言っていた事に気がついた。
っていうか気がつかされたんだけど・・・

昨日は、
「シメジとベビーホタテの醤油炒め」と
「大きな玉子焼き一切れ」と
「アボカド1個分」と
「プチトマト2個」と
「メロン四分の一個分」を持っていった。

母のテーブルには同じ部屋の方からのおすそ分けでイチゴが4つのっていた。

ということで、それを全部食べて、その他におかゆも少し食べて満腹になった母だった。

一番喜んだのはアボカドだったかなー。
わさび醤油持参よー。

ICUと大部屋を目まぐるしく行ったり来たりの母。
昨日は熱があってちょっと不安。

昨日は大部屋だったけど、今日はどこだろう。

母の足の筋肉が無くなっちゃったな。
それと ボケちゃったかんじだな。

私もボケちゃった感じで、情けないくらいバカな事ばかりやってて、
土曜日は主人の実家に掃除をしにいって、
日曜日は一日寝かせてもらおうかと思ったりしています。

主人の実家はもっと先でもいいかな。
オオボケやらかしそうでね・・

励ましの2クリックを!

ブログランキング
 
にほんブログ村






最終更新日  May 15, 2009 05:38:20 AM
コメント(4) | コメントを書く
May 10, 2009
テーマ:闘病日記(3906)
カテゴリ:健康
肝臓癌の手術が4月21日あれから何日過ぎたのかな。

1時期は歩いてトイレに行ったり、起き上がってテレビをずっと見ていたり、

痛いといいながらも回復に向かっていた。

腹水を抜いていることで大切な栄養分が足りなくなったからか、

元から弱い心臓がかなり弱ってしまっていて、

起き上がることが出来ない。

ベッドの頭の部分をあげて起き上がる形にしても、

すぐハァハァいってしまう。

金曜日 あまりにつらそうなので「心臓内科の先生に診てもらいたい」と希望。

土曜日医大からくる専門の先生か誰かが診てくれて、

『アブルミン』の点滴をはじめた。

来週には心エコーで検査するそうだ。

昨日の午後4時50分寝ていたと思った母が急に、

「メロン・・冷たいメロンが食べたいの。持って来て」といった。

看護師さんに聞くと母については、とにかく食べたい物の持ち込みOKだそうで、

「朝は桃が食べたいとおっしゃって持っていったんですが見たらいらないって。。」

母に「桃ならあるってよ。どうする?」と聞くと、

機嫌の悪い声になって「煮たやつでしょ。そんなのいらない。メロンが食べたいの」

母はあいかわらず食べたい物しか食べたくないのだ。

でも、私は歩きで来ているし・・主人は会社。

えーい もうタクシーだ。

公衆電話からタクシーを呼んだ。

メロンが絶対置いてありそうなスーパーまで行き、タクシーに待っていてもらい、

買い物してダッシュでタクシーに乗り込み病院に戻った。

カットしてある冷たいメロンと、丸ごとの網目のメロン。

カットしたメロンを見た母は、可愛くほほ笑む。

「もうすぐ晩御飯の時間だからその時食べる?」ときくと、
 
「今すぐ食べるといい。私がメロンをすくって口に入れてあげる。

美味しい部分が終わってしまったら

「もういらない。あんたが食べていいわよ」相変わらずだ(笑)

その後ばんごはんがきたが、カブの煮物だけ食べた。

主人が病院に来て、しばらくいて病院から帰りスーパーに行った。

フジッコのフルーツセラピーシリーズが美味しいので、

ピーチとオレンジを買って、あと枇杷もかって病院に置いておこうと思った。

ダッシュで病院に行き、「これを持ってきたので冷蔵庫に入れておくね」というと、

「桃のは今食べる」という、8時なんだけどいいのかしら?と思いながら、

食べさせてあげたら、1個ぺろりと食べちゃった。

吐かなきゃいいけど・・・

水も冷たい水しか飲みたくないというので、

半分以上捨てて冷凍庫にいれて凍らせ、他のペットボトルの水を半分入れておく。

こうすると長い時間冷たい水のままなのでいいかなーって思ってる。

さて今日の具合はどうかな。

それと今日の食べたい物は何かな。

出来れば栄養のあるものを食べたいと言ってくれるといいんだけどね。

でも今日は主人が遠くに出掛けていないんだよね。

またタクシー使うのかな。

本当は大宮そごうあたりまでいって、おいしいフルーツを買ってあげたいけどね・・

母の具合が悪いと聞いて、妹がお見舞いに行くといったんだけど、

母は「具合が悪いから誰にも会いたくないのよ。断って頂戴」という。

私が「じゃあ私にも会いたくないの?」と言ったら、

「あんたは来なくちゃだめでしょ」という。

娘が二人いるんだから交替って手もあるんじゃ・・なんて世間は甘くないね。

励ましの2クリックを!

ブログランキング
 
にほんブログ村






最終更新日  May 11, 2009 03:25:29 AM
コメント(5) | コメントを書く
April 30, 2009
テーマ:癌(3430)
カテゴリ:健康
具合がよくなって寝てばかりだと思っていた母ですが、
実はお腹に水がたまり心臓が弱って、
今朝は血圧がものすごく下がってICUに移動しました。

家ではMサイズのパジャマを着ていて、
病院ではLサイズのパジャマを着ていましたが、
お腹が膨らんでLサイズも入らずゴムを切ってはかせました。

もっと大きなサイズのパジャマを買ってきてといわれ買って来ましたがまだ持っていっていません。LLでいいからっていわれたけど入るのかな。

ってわけでレポ休みます。







最終更新日  April 30, 2009 11:56:24 PM
コメント(7) | コメントを書く
April 25, 2009
テーマ:癌(3430)
カテゴリ:健康
メモ代わりですみません。
きっと 忘れてしまうので(もう忘れかけてますが)記録しておきます。

水曜日(22日)
尿がでなかったせいで、腕全体がパンパンに腫れている。(黄疸アリ、肝不全の心配アリ)
朝8時くらいにやっと麻酔から醒めたらしい。
「目覚めた時、私たちがいなかった」と怒っていた。
完全看護だし・・仕方ないんじゃと・・
体中 点滴やらなにやらだらけ。
まだまだ足がだるい。傷が痛い。
痰がうまく出せない。(肺炎にかかる可能性あり)
手術当日は声がほとんどでなかったが、少しマシになった。
氷10個までだったかな?(飲料禁止)
院長と主治医の回診があった。
母「私 癌だったんでしょ?」
全員凍りつき状態(だって告知したじゃん)
院長「それは顕微鏡で見てみないと これからね」(告知しない方針だっけ?と思ったらしい)
主治医「癌ですよ 癌だったんですよ」
主治医かわいそう・・院長に誤解されたかも。
あとから考えると、母はいい方に考えたくなる性格だから、
手術前 癌だと何回も聞かされたが、「あけてみたら違ってたよ」を期待していたっぽい

木曜日(23日)
手術日で 簡単な手術をした患者さんが一旦ICUへ。
ICU3人状態だが、一人はすぐに他の部屋に。
圧迫ソックスがきつすぎたせいで足が真っ赤になっていたらしく脱いだ。
腸閉塞防止のため歩行させようとしたが、無理と判断。
尿はでるようになり、腕のむくみもとれてきた。(まだ黄疸の気配アリ)
痰が苦しそう。傷も痛い。
吸入で痰を出しやすくし、傷は背中からの痛み止めだけでは無理なので、
肩の筋肉に痛み止めの注射。(注射は手術当日からしている)
話せるが、かなり痛そう苦しそう。
飲料水500ccまでokとのこと。
ペットボトルにストローを刺し飲ませようとすると、
看護士が怒って飛んできた。(ように見えた)
私「呼んでいませんが」
看護士「ペットボトルで適当な量飲ませられると困るので、これに入れて飲ませてください」といわれる。

この日の看護婦さんを怖い人という母。
感情を顔にもろだしするタイプの看護士さん、あだ名をつけてみた。「おかっぱ」
っていうか、一応 メモに時間と量と飲んだものを書き帰りに渡すが、それっきりだった。

金曜日(24日)
面会前に看護士さんから報告あり。
麻酔がきれたあと、よくあることだが、
一時的に妄想や幻覚などが起こるが、その状態にあった。
いきなり廊下を歩き、点滴をはずそうとして、
妄想を話し続けたので、危険と判断。
車椅子に乗せ、ナースステーションにいたそうだ。
歩けたのだからという理由かICUから大部屋へ。
面会してすぐわけのわからない事を話しまくる。
ずっと会えなかった私の内科の主治医と話せる時間が取れたので、
席をはずし他の階にいる内科医のもとへ。
この先の話を相談などした。
「ボケが心配だね。いっぱい頭を使うようにさせて」といわれる。
母の所に戻り、いっぱい話をする。
「監禁されていたの」「今日の看護婦さんはマラソンの千葉選手に似てかわいいの」
「千葉ちゃんが~」などといっていた。
後半は、ものすごく機嫌が悪かった。
テレビをつけてあげると、もっと見やすい位置に動きたいのに動けない。とイラつく。
肩付近についている点滴が重くて肩がこるんだよと怒り爆発。
ベッドを頭と足の部分上げてみたり、斜めになるように布団を丸めておいたり。
夜 肝臓のためになるからと「おもゆ」を食べる吐かなかった。
あまりにも機嫌が悪いので「お母さん退院したら、あの美味しいうなぎ食べに行こっか」と言ってみると、母は「ふふふっ」と満面の笑み。そんなにうなぎが好きなのか。

土曜日(25日)
起きたら3時15分だった。
主人が起きたら4時半だった。
大雨で寒い。腹帯を3枚しか用意していないので、毎日洗濯している。
今日も洗濯、そしてコインランドリー。
そして病院。
母に今日の報告をオネガイする。
「午後に20分くらいナースステーションにいた。妄想が時々出たりした」とのこと。
本人 かなりしっかりしてきたので大丈夫そう。
貧血なんだそうだ。で、血液製剤の点滴をしていた。
吐かなかったけど、口から食べるのはやめたそうだ。
顔色はいいが、白目が黄色い。(黄疸?)
むくみは完全にとれた。
痰がかなり出難く心配で吸入をオネガイする。
コインランドリーに戻り洗濯物を取って一旦家に戻り、
私だけ家に入り、主人が寝すぎで頭痛というので頭痛薬、チャロに市販のペットのササミを用意し、洗濯したものを片付け、母のものは持ち、また病院へ。
丁度 看護士さんがベッドの所にいてケアしてくれていたので、しばらく待ち時間。
主人はカップのホット珈琲を飲みながら1階で座って待っていたいというのでそのとおりに
私は昨晩から、腰から首にかけて下から上に向かう感じで、ずーんずーんと鈍く重い痛みが襲うようになったので痛み止めを飲んでいるが、効き目はイマイチ。
月曜日に整形外科にかかろうと担当医表を見たら激混みのセンセイの日。
っていうか、水曜日・金曜日・土曜日しか他の先生がいない・・・
しかも来週水曜日休みだし・・金曜日まで待てるかな?
母は結構自由に動けるようになったら、案外適当になりゴミ箱ジャない場所にゴミを捨てていて、動きなさいと叱咤する娘。
「ボケないように考え事をしまくりなさいよ」等といいながら話しまくる。
母が急に「漢字の本を買ってきて」という。
目がほとんど見えないのに?というと、大きな字で書いてあるのを探して欲しいという。
考え事=勉強と思ったらしく漢字を覚えたいそうだ。
飲料自由。但しトイレは貧血があるのでナース付き添いで。

以上 チラ裏なメモ書きでした。

励ましの2クリックを!

ブログランキング
 
にほんブログ村

えっと 悪意の書き込みがあったけど残します。
証拠になるからね。
こういうのは、本当にネット上で知っている人が書く事が多いというのが今までに経験したなかで思い知らされた事。っていうか、毎日ウイルスメールが来ているので、(´ヘ`;) う~ん・・・ってかんじ。

えっと 手術前にいった食べ歩き?2軒と土曜の夜のラーメン1軒レポまだです。
すみません(ペコリ)






最終更新日  April 26, 2009 05:46:28 AM
コメント(8) | コメントを書く
April 24, 2009
テーマ:癌(3430)
カテゴリ:健康
皆さん お久しぶりです。
母の手術結果を心配してくれているのかなと思いつつ、
かなり難しい手術で合併症などの問題もあったので、
報告が遅れましたが、手術自体は成功しました。

当日は、1時頃手術室に入り、痛み止め用の背中からの点滴確保、
その後 全身麻酔。

そして手術です。

ここからは、手術室の隣の部屋でライブというんでしょうか、
手術風景をテレビで見る事が出来ます。
手術室の照明っていうんでしょうか、あのあたりにカメラがあるようです。
はじめは、母の腹部が映し出され、メスが入った途端主人が「俺無理」といって部屋から出て行きました。
なるべく患部を映すようにしてあるようですが、医師が細かい作業で患部に覆いかぶさるとカメラには医師の頭が映って見えなくなりますが、まぁ結構見えたんだと思います。

手術は細かい作業が手際よく行われ、途中 肝臓が出てきた段階で肝臓の他の部位に腫瘍がないか直接エコーをかけていて、その最中は暗かったです。
母の場合、ペースメーカーが胸に入っていることで、MRIが撮れなかったのでやったのか、そういう手術の場合すべてそうするのかはわからないです。
「肝臓にメスを入れ糸で細かく結びながら作業している。
出血がかなり多い」
これくらいしかわからないでいたのですが、最終的に肝臓をかなり大きく切り離したのはわかりました。その後丁寧に内臓を戻し、筋肉・脂肪・皮膚を縫い閉じてカメラは切れました。
(皮膚は最終的にホッチキスみたいのでバチバチ止めてました)
しばらく部屋から出て待ち、またその部屋に術後説明ということで呼ばれました。

まぁ予想していましたが、銀色のものに切り取った肝臓と胆嚢が置かれていました。
ずーっと昔、母が子宮がんかなんかになった時、子宮&卵巣全摘した時も見せられたので・・

母の腫瘍は思ったよりも縦に長く2倍あり直径4センチ以上のものが2個くっついていました。場所は心臓と肺に一番近い部分だったためかなり難しかったと言っていました。
肝臓は肝硬変になっており、もうこういった手術が出来ないという話や、出血が多かった事で追加の輸血・追加の血液製剤をする話、今後考えられる合併症の危険など説明がありました。

手術室で意識が戻るのを確認(40分くらい?)、その後外科病棟のICUに移ります。

うわごとで「足がだるい。傷が痛い」と必死に訴える母。
足のだるさを軽減するため、あらかじめ圧迫する靴下を履かされICUから持ってきたベッドには、足のマッサージの機器がつけられ、母の足をマッサージしています。それでもつらいようでした。午後1時に手術室へ移動、5時にビデオ終了、6時にICU移動、7時過ぎ面会くらいの流れでしょうか。背中からの痛み止め点滴では足りず、肩から痛み止めの注射をし、母が眠りについたので8時ごろ帰りました。

このあと主治医は当直して翌日の夜まで診ていてくれたので安心でした。
夜中に一度血圧が下がり危険になったけど、どうにか乗り越えたというのは翌日聞きました。

この病院にしては、かなりな大手術の部類に入ったと思います。

長くなったので手術の報告だけさせて頂きます。
まだ問題はありますが、金曜日 本人気がつかないで歩いちゃったのでICUから大部屋へ移動しました。金曜日 私の内科の担当医と話をして、「おめでとう。手術大成功だね」と握手を求められ、ちょっと逃げ腰になった私でした。(ハグだったら逃げたと思う)






最終更新日  April 25, 2009 02:25:01 AM
コメント(14) | コメントを書く
February 4, 2009
カテゴリ:健康
他の人の病気のことを調べていて、
チェックシートがあったんで好奇心でチェックしたら、

「すぐ病院へいってください」になった。

マジ?と思った。

で、いろいろ思い返して見た。
いつからかはっきりわからないけど、
なんかおかしかった。
っていうか、そのことに気がつかなくて、
話し相手に指摘されて、そういえば、そうだなと思った。
この頃は自分でもイライラするくらいで・・

月曜日 毎月通っている内科で医者に相談してみた。

「うーん もしかしたらだから紹介状書くんで水曜日の午前中か
木曜日の午後病院行ってみて・・でも若すぎるでしょ。若すぎるからねぇ・・」


別に若くないんだけど、若く見えるわけでもないんだけど、
その病気になるには若すぎるって話だった。

で、今日の午前中行くつもりでいた。
行く気満々だった。

実際はいけなかった。

すごくこわくなった。

明日の午後は病院に行って、「違いますよ」って言われると思うんで、

うん 明日は病院行くつもりです。

1週間延ばせば、その分ずっと恐怖と悲しみでおかしくなっちゃうもんね。



昨日の夜 月曜日にチラシの裏にメモした内容を再度見て・・

[実家母から「○○が、3人に復讐するので覚えておけ。との事」]

(3人=母、私達夫婦)

と書いてあって、そうだっけね・・・と心が重くなった。

ドラマと映画と小説と漫画以外で、使われるのをはじめてみたっていうか、

自分が復讐してやるって言われる事になるとは・・

声に出すことによっての心理効果を狙っているのか、本当に復讐されちゃうのか

なんで主人までなんだろ。






最終更新日  February 4, 2009 04:45:37 PM
コメント(4) | コメントを書く
April 7, 2008
カテゴリ:健康
昨日は、オットと二人で健康ランドに行ってきました。

毎週行っているオットに、私がついていった感じです。

私の目的は、アカスリエステだったんですが、

中で予約を取って下さいと、いわれて入館したんですが、

浴場に行って聞いてみたら、予約が全部入っているの今日は無理と言われました><

健康ランドに来たことを 激しく後悔。

オットには「1時間半後ね♪」といってしまったけど、

実際は30分くらいで出て、健康ランド名物 ムームーに着替えて、

髪を乾かしたりして、50分後くらいに、待ち合わせ場所に行ってみたけど、

オットは来ない・・・

健康ランドを見渡してみたら、

レディース フィットネス ルームとかいうのを発見。

誰もいない部屋に、体重計とジョーバとぶるぶる振動マシンがあった。

ジョーバは以前家電量販店で試してみたら、

腰痛激痛になって無理だったので、

ぶるぶる健康マシンをやってみることにした。

お金を入れて、スタート。

結構すごいカモ。

でも、1~20あるレベルが、1だったので、

徐々に上げてみることにした。

もともと前日のコストコで謎の腹筋の筋肉痛になっていた私。

ブルブルのレベルを上げると、右足がどんどんずれていく・・

左足がきき足なのか、右足に力が入ってない??

レベル20(最高)にすると、肩くらいまでブルブルする。

結構つらい。

6分やっただけだけど、お風呂に入った後冷ました身体が、

熱くなり、汗がじんわり。

身体も疲労感が・・・

こりゃあいいかも~。

このあと、もう一回お風呂に行って、汗を流し、

またムームーに着替えて、待ち合わせ場所に行ったら、

喫煙ルームで、コーヒー牛乳を飲みながら一服するオットを発見。

二人でお食事どころに入ったのでした。

お食事所で注文をして、10分で親子丼がきたオット。

私の天ざるが来ない。店員に2回くらい言ってみたけど、

30分待っても来ない、私より後に来た人には、

どんどん食事が行き渡っていくのに、

天ざるはまだ作っていないと言うので、

キャンセルして帰りました。

帰りにスーパーに寄って、お弁当を買って、家で食べました;;

まぁ、私は、食事運がないっていうか、こういうことがしょっちゅうなんです。

ブログランキング

今回は、留守番が苦手なチャロに留守番をさせてしまいました。

夜中何度も寝ている私の顔を バシバシぶって起こしては、

自分のベッドに戻っていったチャロ。

仕返しでしょうか・・・


レビューを書いてもらおう!1000円キャッシュバック!ぶるぶる振動マシーン体脂肪測定機能付

健康ランドにあったのは、コレだった気がするんですが、

案外安いのね。買おうかしら、でもオットに反対されそう。

送料コミなのか、コミじゃないのか、激しく紛らわしい店だ。






最終更新日  April 7, 2008 07:16:19 PM
コメント(2) | コメントを書く

全70件 (70件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.