004657 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛のカサンドラ妻 アンニュイな日は五七五

PR

カテゴリ

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2019.11.25
XML
カテゴリ:カサンドラの独白
一家団欒は、理想なのだろうか。皆で仲良くご飯を食べる。一緒にTVを見たり、日々のことを話し合う、それは理想なのだろうか。

リビングで、子どもたちは勉強をする。上の子はもう成人しているし、学生の子もいる。なので、下の子たちにとってリビング学習は都合がよい。わからない問題があれば、聞けばすぐに答えてくれる。今のところ塾いらず。微笑ましいばかり…

それが、不満らしい。自分の部屋にいけ!とキレる。うるさい、邪魔、なんでいつまでもここにいるんだと。では、彼は何をするのか。スマートフォンでパズルゲーム。それだけである。彼にも自室がある。

家族で仲良く、DVDを見る。こんなことは普通だと思っていた。でも、彼は、誰かを排斥せずにはいられない…皆で何かが昔から嫌いだ。全てが自分シフトで動くことを望む。その根底に、育ちの問題だろうか、誰かを仲間はずれにして、喜ぶという黒いものがある。気持ち悪いものだ。しかも無意識の中に…幼稚な心。職場でも、事務員さんのことをバカにして喜んでいる…

仕事で夜遅く、帰ってきた。お風呂に入りたかったらしい。ただ、娘が入っていた。キレる。入れるないことを…そして、寝室で食事を始めた…

リビングでは勉強する子どもたち。この光景に微動だにしない。オロオロする私を尻目に、パパはいつもでしょ、ほっとけばいいよ。と気遣う…

理想が、私を戸惑わせる。現実を見る子どもたちは強い。






カサンドラ症候群ランキング






最終更新日  2019.11.25 09:45:37
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.