000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

私のブログ(詩的風景の見える、カフェテラス)懐かしの文学・シネマ・テレビ・文化館・DVDショップ

2017年03月22日
XML


■ 福島第一原発の安全装置は小泉政権(2003年)が撤去していた / 原口一博氏

 福島原発の爆発原因が、イルミナティの陰謀であったと考えられるので、イルミナティの暗号と、行為を、原発事故と関連付けて、追及してみた。


(1)愛知万博と、原発事故。原発の安全装置は、イルミナティの、小泉総理によって外されていた?


 小泉総理の時、原子力発電所の安全装置が外されてしまった。

 なぜ、外されたのか?

 事故原因を追究すると、安全装置が外されていたから、事故が起きたと判断されるであろうが、しかし、4号機は、プルトニュームは外されていたので、爆発するはずはないのである

 その、小泉総理は、2005年に、愛知万博を開き、自分や皇族方も、イルミナティである事を、世界に知らしめた

 そして、その6年後に、福島原発での事故が起こったのである。

 6と言う数字は、イルミナティの犯行を意味する。





(2)愛知万博(日本崩壊の序曲)に合わせて、イギリスから、大量のプルトニウムが、日本に輸送された。


 さらに、愛知万博の、一年前に、イギリスから、プルトニウムの大量なコンテナが日本に輸送され、それが、再使用され、福島原発に異変が起こった

 つまり、2005年の、愛知万博から、6年後の、2011年の3月11日に、大爆発させる為の、基礎的な準備(事故)が、2010年に始まったのである。

 ぞろ目、ぞろ目の、悪魔の数字が連なっている。

 ちなみに、集団ストーカーにも、ぞろ目ナンバーの車が出て来る事から、犯人は、同一組織と言う事になる。

 その6年後の原発事故を準備する為に、どの様に仕組まれたかは、知らないが、原発では、通常より残留熱と蒸気が3倍も高い状況になってしまったので、それを、外部に放出した

 何で、そんな現象が起きたのだろうか? 

 これが、最大のポイントである。

 安全装置を外した連中は、この異常事態を予定し、「なぜ、安全装置がいらないのか?」の質問に対し、「蒸気は、外に出すから」と答えているのだ。

 放出された、残留熱と蒸気に、放射線が含まれるかどうかは知らないが、安全装置をはずす理由は、不明である。

 あるいは、最初から、大気を放射能で汚染する、計画だったのか?

 それは、原発反対派の、自作自演だった可能性もあるのだ。

 しかし、自作自演と言っても、本当の意味での環境主義者ではなく、利害関係のある反対派の犯行ではないか?

 イギリスから、プルトニュームが送られたので、その段階で、日本の指導者との合意で、何か、工作した可能性もあるが、イギリスが関係しているのか?

 それとも、日本が、単独で工作したのか?

 あるいは、原発を無くす為の、善意の工作を行って、想定外の事故に結びついた可能性もあるが、そう言う話を持ち掛けられ、騙された可能性さえもある。

 噂によると、イギリスを支配しているのは、バチカン、つまり、イルミナティだと言う。

 愛知には、アメリカに赤字をもたらす為の、戦略的タックスヘーブン企業である、カトリック系企業の、トヨタ自動車がある。 これは、偶然か?

 「ノア」の箱舟の車? 「ブラマンテ」


(3)福島原発では、その残留熱と蒸気が、通常より3倍も高い状況になってしまった。それが、大事故の、すべての始まりであった。 日本とアメリカは、それを、ハープで、解消しょうとしたが・・・。


 原発では、通常より、残留熱と蒸気が3倍も高い状況になってしまったが、職員たちは、その危機的状況を解消する為に、原発から、残留熱と蒸気を放出した。

 ところが、福島上空に、窒素のイオン化現象が起こった

 そこで、窒素大気が爆発しないように、ハープでそのイオン化を解消しょうと試みたのである

(しかし、これは、ある研究者が言うには、窒素の、空気中での大爆発を引き起こす可能性があるので、無知な行為と評価されている。)


(4)爆発の原因。

1、オーロラ観測装置ハープ使用による、メタンハイドレート爆発説

 この電磁波照射は、アメリカのハープと、日本のハープが共同で、行ったらしいが、ちなみに、この時点で、日本は、世界に17基のハープを所有していたらしい。

 しかし、この前、創価の三菱電機が、南極にハープを構築すると言う記事が有ったので、完成していれば、現在、18機と考えられる

 ちなみに、6+6+6=18で、悪魔の数字だ。

 なぜか、悪魔の数字と一致する。さすが、悪魔の代官。

 ハープの原理は、電離層に高周波を当て、それが、電離層レンズ効果を受けて反射し、極低周波になって、地球を突き抜ける様にもなるらしいのだ

 その原理を、もっと簡単に言うと、ドアが開いた電子レンジオーブンの様なものらしいが、集団ストーカーに使われている、日本人絶滅の為の、電磁波兵器も、これと、類似のものではないか?





■ 【あす楽対応】電子レンジ ターンテーブル 50Hz/東日本・60Hz



 原発周辺では、この技術を使ったケムトレイルで、窒素のイオン化を解消しょうとする試みが続いたが、その最中、想定外の事故が起きた考えられる。

 それが、メタンハイドレートの大爆発である。

 アメリカや、ヨーロッパでも、同様な事故が起きているので、この説が、一番、説得力があるのではないかと思われる。

 その説では、福島原発の地下、2000メートルにも、メタンハイドレートがあり、それが、ハープの作用によって168倍に膨張し、大爆発に至ったと言うのである

 米軍の、攻撃説もあるが、そうは考えにくい。

 が、しかし、中国、北朝鮮に近い関係の、旧・民主党が、政権をとっていたので、ミリタリーバランスが崩れると、大変なので、はじめから、メタンハイドレードを狙ったとも考えられる。

 この場合、ウランが、最初から、抜きとられていたので、ウランが爆発して、本当の大惨事にならない様に配慮されている為、日本のハープが、メタンハイドレードを狙った可能性が、一番高いのである。

 ロシアと中国も、この様子を、モニターしていたらしい。

 ここで、窒素と言う言葉も、何処かで、聞いた様な気がした。

 そこで、思い出したのが、水俣病だ。

 
 これらの事を、調べてみると、水俣病を引き起こしたチッソの社長、江頭豊氏は、皇太子妃雅子さまの母方の祖父である事が分かった。


■ 311地震のHAARPには日本も関与? フィンランドの科学者が暴露(1)

■ 311地震のHAARPには日本も関与? フィンランドの科学者が暴露(2)



2、小型原子爆弾によるテロ説。




■ イルミナティ――秘密の盟約 "Secret Covenant"   ( 上の、一つ目が、プロビデンスの目 )

 
 さて、他にも、爆発原因は考えられるが、爆発時にキノコ雲が上がるのは、核爆発であり、超小型の核爆弾が、原発に仕掛けられた可能性がある、と言うものだ。

 日本が、イランに、ウランを提供した報復に、イスラエルが、テロを行ったと言うものである。

 イスラエルの、安全管理会社が設置したカメラは、実は核兵器であり、これが福島原発事故の本当の原因で、原発が直接事故を起こしたものではないと言うものである。

 何しろ、4号機では、プルトニュームは外されていたので、それが、核爆発するはずはないのである

 それ故、放射能による汚染は、それ程、ひどくはなかったのである。

 現在、そこで、7000人も、働いているのは、その為である。

■ 4号機の燃料棒は原発テロ前から抜かれてる 「謎の真相」


 ここで、暗号をひもといてみよう。
 
 窒素の、イオン化が、爆発と関係あるとも考えられるが、「イオン」は、民進党、岡田の会社

 旧・民主党の、「プロビデンスの目」の、仲良し、イルミナティ。





 悪魔崇拝の、プロビデンスの目を連想させる眼帯。 居る居る、イルミナティ

 旧・民主党にも、イルミナティが居たのである。

 彼らが、政権を取れた理由は、自民党が、創価と組んで、選挙で、わざと負けたからだ

 これは、党内の、改憲派に反対する議員を排除し、改憲派議員と入れ替えて、政権を掌握する為である

 つまり、憲法改正をする為に、一時、民主党に政権を預けたのであるが、その民主党政権の時、原発事故が発生したのである。

 と言うよりも、初めから、民主党政権の時に、事故が起こる様に設定されていたのである。

 さらに、小泉総理は、先を読んでいたと考えられる。

 もし、メタンハイドレートが、爆発しなかった場合にそなえて、安全装置を、わざわざ、外しておいたのではないか?

 つまり、念には、念を入れて、原発事故で、日本が汚染される様に、仕組んだ可能性もある。

 あるいは、本当に、メタンハイドレートの爆発を、想定していなかったのか?

 それは、彼の息子が、TPPの恐怖を、知らなかったのと同じ様にだ。


 「この、小泉が、日本をぶっ壊してやる!」

 やがて、311が発生する。

 「感動した!」


(5)今日のテーマ「事故と、イルミナティの犯行の、シンクロ、ほのめかし」をまとめてみた。 


1、愛知万博での、日本の指導者達による、気持ちの悪い、イルミナティの、指サイン。

2、窒素のイオン化。

 ・「窒素」、水俣病関連の、チッソの社長、江頭豊氏は、皇太子、妃雅子さまの母方の祖父。

 ・「イオン」、旧・民主党の、岡田議員の、父親が、スーパー「イオン」の経営者。

  「イオナ」と言う化粧品会社があるが、「イオン」と言う名前が出て、消滅。

  惑星「イオ」は、ジュピター(木星)の、第一衛星。ジュピターは、カトリックの神ゼウス。


 ・原発の爆発時、旧・民主党が政権を取っていた。


3、愛知万博が、2005年で、その6年後の、2011年、3月11日に、原発事故。

 6と言う数字、さらに、ぞろ目の連発。


4、プロビデンスの目  眼帯の二人組。


 安倍総理が、戦後レジームを、改革したいと言うが、維新レジームも、ついでに復活を許さず、当分の間、向こう50年間、江戸時代の、将軍・幕臣、あるいは、源平藤橘の血統の中から、議員を選出すべきだろう

 また、天皇の婚姻も、藤原氏と行うべきであり、他の氏族から、天皇を出す事は、伝統に反する事なので、これからは、そうすべきである。

 イルミナティなど、天皇にすべきではない。

 江戸時代の、孝明天皇の血統に遡り、その親戚筋から、天皇を出すべきである

 そして、徳川幕府に、大政奉還せよ。

 


■ 青山繁晴 福島原発 事故の真実と現状 「マスコミが報道しない東電・福島原発の驚くべき真実!!なぜ東電もメディアも重要な事実を言わないのか?」







最終更新日  2017年03月25日 11時26分38秒
コメント(2) | コメントを書く
[@ 国際情勢・政治・経済・信じられないニュース] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


秘密神社

日記/記事の投稿

ランキング市場

インナー・下着・ナイトウエア
1位:今だけ送料無料 (エメフィール) カシュクールレース 脇高ブラ 単品 ブラジャー(下着 女性 育乳 谷間 脇肉 セクシー 総レース 痛くない ひびかない 響かな...
1位:今だけ送料無料 (エメフィール) カシュクールレース 脇高…
最終更新日: 2018/08/14

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

■ ご先祖様の、日本史探訪。

(23)

■ 私の親戚筋

(2)

■ 富士文明、文字発生論

(32)

♪ CD・DVD名曲 by Jun Secret

(146)

◆ 日本近代史

(2)

◆ 日本史

(68)

◆ 日本史雑談

(1)

◆ 世界史

(3)

◆ 宇宙論

(7)

◆ 物理論

(9)

◆ 医学論、ガンは治る

(9)

◎ 健康生活

(8)

▲ Googleマップで見れる宇宙人?の遺跡。

(1)

@ 歴史学の論客達。 

(9)

◎ 古代文字、神代文字

(1)

@ 国際情勢・政治・経済・信じられないニュース

(18)

@ サイエンス・ワールド

(10)

@ 宇宙考古学への道・未来科学

(18)

◎ 次元・UFO・超常現象・超能力・予言

(15)

■ マイクロソフト、Windows 関連。

(8)

■ Google 関連。

(1)

@ 【 教養・体験談 】

(2)

@ エッセー

(3)

@ 芸術サロン

(2)

■ シンクロニシティ (偶然の一致)

(79)

◎ 記事を書き終え、コーヒータイム

(14)

◆ ゾンビ・「人食い人種主義人民共和国」

(33)

◆ 決戦、スモーキーマウンテン

(21)

◆ 短編小説、不審者

(8)

◆ 短編小説、死刑

(2)

◆ 超短編、読みきり小説

(23)

◆ ニュース解説(小説)

(14)

◎ 楽天ショップ

(14)

★ 何だ、この事件は!

(4)

★ 不可解な出来事

(10)

★ 日常生活(行事、日程、つぶやき、雑談)

(52)

★ 評論

(12)

★ こうすれば、日本は、良くなる。

(11)

★ ブログ紹介

(29)

◎ ブログをやり始めた頃の文章

(57)

◎ お知らせ

(3)

■ 反日・侵略勢力

(14)

■ 日本人成りすまし密入国者・在日

(7)

■ 集団ストーカー

(63)

◎ ストーカー用語集

(2)

★ 思考盗聴器

(2)

★ 集団ストーカー被害者の会

(2)

★ 創価・集団ストーカー被害者リスト

(5)

★ 集団ストーカー被害者データベース

(1)

★ 集団ストーカー被害者の会、街宣活動。

(81)

サイド自由欄

<関連サイト>

■ 秘密神社(地震予知ブログ)

■ 秘密ジュン Google 航海記

■ 秘密ジュン 芸術館 第一パビリオン Jun Secret Art Museum You tube

■ 英語なんか、音楽を聞きながら、ネットで学習。 ついでに資格も取もゲット。 翻訳サービスもあります。

■ 健康で若々しくアンチエージング

■ 漫画、イラスト、写真、動画パビリオン






































Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.