000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆんたく物語

全106件 (106件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

2022年06月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

沖縄語ぬ特徴とぅ復興11

 うちなあぐちにちいてえ、日本(やまとぅ)はじみウランダ-んでえぬ言語学者達(たあ)が18世紀(しいち)まんぐるから検(あらた)みらってぃ来(ち)ょおいびいん。
 他所(ゆす)ぬ検みやあたあが、自(どぅう)なあたあくるぬ語(くとぅば)し、検みてえるむんゆ書(か)表(あらわす)しえ、合点(がてぃん)ないびいしが、うちなあんちゅぬやいがなあ、うちなあぐちし書ちぇえる検み文や、いいくる、見(ん)ちゃる事(くと)お無(ね)えやびらん。あらんでえまた、我(わあ)勉強不足(びんちょうぶすく)がやらあん分(わ)からのおあいびいしが…。
 うんな​んまた、うちなあぐちがちゃんとぅそおる書ち言葉(くとぅば)、持(む)っちぇえ居(をぅ)らん事ぬ表わりえあびらに。
 
 「ちゃんとぅそおる」書ち言葉ぬ無えんでぃゆしん、またうちなあぐちぬ特徴(しょうしち)ぬ一(てぃい)ちやいびいん。
 あらぬ、うちなあぐちし書かっとおるる本(ふん、しゅむち)、書ち物(むん)やまんどおい、比嘉ぬ言(い)ちょおる事お当(あ)たらんでぃち、ちゃあき、叫(あ)びらりぎさあやいびいん。やいびいしが、大言語(うふくとぅば)ゆ良(ゆ)う見(ん)ち、書ち言葉ぬ形(ない)、考(かんげ)えてぃ見(に)いねえ、似(に)ちょうてぃん、同(い)ぬ如(ぐと)おるむぬおあいびらん。「ちゃんとぅそおる」書ち言葉あ、ただ、話し言葉ゆ書ち表わちょおるうっぴぬむぬおあらんくとぅやいびいん。
 
 言葉ぬ書ちい様(よう)にちいてえ、ばんじ、あらがあさっとおいびいん。
 うんなあらがあぬさっとおる事くるが、うちなあぐちゆ言語(くとぅば)とぅしち、スタートラインんかい置(う)ちゅるしいじやびいん。あんしまや、復興(またうくし)にちいてぃ、いいくるアイヌ語とぅかハワイ語んでえとぅ比(く)なびらりいる事ぬあいびいん。
 くりかあや、我(わあ)が某紙(なにがしぬしんぶん)ぬんかい書ち送(うく)たる論壇(るんだん)とぅ似ゆしが、書ち行(い)ちゃびら。

筆:比嘉清



沖縄語の特徴と復興11

 沖縄語をめぐって、日本はじめ欧米の言語学者らが18世紀ごろから研究されています。
 外部の研究者が彼らの自国語で研究内容を発表するのは分かりますが、内部の研究者でも沖縄語で書かれた研究発表はおよそ目にしたことがありません。あるいは私の勉強不足かもしれませんが…。
 こうした​事情も沖縄語が確固とした書き言葉を有してない事の表われではないでしょうか。
 
 「確固とした」書き言葉がないというのも沖縄語の特徴の一つです。
 いや、沖縄語で書かれた本や書き物は多いし、その指摘は当たらないと即座に指摘されるでしょう。しかし、メジャーな言語を参考に書き言葉の要件を考えてみた場合、必ずしもそうした要件を満たしてるわけではありません。「確固たる」書き言葉は「単に話し言葉を書き表したもの」ではないからです。
 
 表記の問題は盛んに議論されています。
 この議論がなされること自体、沖縄語をスタートラインに置くことを意味します。そして、復興についてよくアイヌ語やハワイ語が引き合いにされることがあります。
 このくだりは、私が某紙に投稿した論壇内容とダブりますが、あえて触れていきたいと思います。

筆:比嘉清







Last updated  2022年06月24日 12時07分14秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年06月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類

​沖縄語ぬ特徴とぅ復興10​

 

 うちなあぐちぬ、復(ま)た興(う)くする為(たみ)ねえ、なあいふぃへえ、うちなあぐちぬ特徴(しょうしち)とぅうぬ歴史(りちし)ん、把握(か)ちみとおかんでえならんでぃ思(うみ)やびいん。

 やいびいくとぅ、なあふぃん、うちなあぐちぬ事(くとぅ)ぬ語(かた)らなやあんでぃ思とおいびいん。

 

 美(ちゅ)ら、あらんでえ又(また)、昔(んかし)うちなあぐちえ、南米(なんびい)ぬうちなあんちゅんちゃあんかいどぅあんでぃぬ話(はなしい)やいいくる聞(ち)ちゃる事ぬ人(ちゅ)おまんどおる筈(はじ)やいびいん。
 沖縄ぬいちなあんちゅとぅ南米ぬうちなあんちゅんかい、うちなあぐちぬ使(ちけ)え様(よう)ぬ違(ちげ)えみぬあんでぃしいねえ、戦後(いくさとぅ)ぬ歴史ぬ別(びち)なとおたる事おあらんがあらんでぃ思とおいびいん。

 戦後ぬうちなあや本土(やまとぅ)向(ん)かてぃ、方言札(ほうげんふだ)さあに、言語懲(くとぅばぐる)ち、南米ぬうちなあんちゅお、故郷(くちょう)思(うみ)いし、うちなあちゅとぅしち、意地(いじ)持(む)ち、うちなあぐちかたくじらうちなあ文化(ぶんくゎ)、あたらさしちゃるむぬやいびいん。うんなああきぬ違えみぬあくとぅどぅ、南米んかいや美らうちなあぐちぬあんでぃさっとおるばすおあいびらに。

 復帰(ふっち)し直(ちゃき)頃(ぐる)までえ、うちなあぐち使(ちか)ゆる人(ちゅ)お、「あしばあ配(くば)い」さってぃん来(ち)ゃあびたしが、死(し)ぬるまでぃ、一言(ちゅくとぅば)ぬ「標準語(やまとぅぐち)」んちょうん、叫(あ)びゆさんたる祖母(はあめえ)とぅか孫(んまが)とぅ話(はなしい)するばすびけん、「標準語」、てえてえ物言(むに)いそおみせえたる母(あんまあ)とぅか、「標準語」叫びゆさんたるうんにいぬ人々(ちゅんちゃあ)や、うちなあぬ戦後(いくさあとぅ)教育(うしい)んかい、如何(ちゃ)ぬ様(ゆう)な思(うみ)いが持ちょおみせびいたら。
 確(たし)かに、1980年(にん)代頃(でえぐる)までえ、沖縄ぬ遊(あし)ばあたあや、自(どぅう)なあたあ「標準語」ぬ如(ぐとぅ)、うちなあぐち、能(ゆ)い使(ちか)とおいびいたしが、うりん、時代(ゆう)どぅやびいたる。
ちぢちゅん

文:比嘉清


沖縄語の特徴と復興10

 

 沖縄語の復興は沖縄語の特徴とこれを取り巻く環境を知り、把握しなければならないと思います。

 ですから、もう少し、沖縄語を取り巻く環境について書いてみたいと思います。

 

 きれいな(あるいは古い)沖縄語は南米の沖縄人の間に残されているという話を耳にしたことがある人は多い筈です。沖縄の沖縄人と南米の沖縄人の間に、沖縄語の違いがあるとすれば、戦後の歴史を共有してないからだと思います。

 戦後の沖縄は本土を強く志向し、方言札という言語弾圧の嵐の経験してきたのに対し、南米の沖縄人は、そうした経験をすることなく、故郷に思いを馳せ、沖縄人としての誇りと沖縄語や文化を大切にしてきたことがうかがえます。この差こそが両方の沖縄語の差なのではないでしょうか。

 復帰間もない頃まで沖縄語をはなす人は「不良扱い」されたりもしましたが、死ぬまでついに片言の「標準語」を話すことができなかった祖母や孫と話するときだけそれこそ片言の標準語を話した母など、「標準語」をちゃんと使えなかったあのころの人々は、沖縄の戦後教育にどんな思いをいだていたのでしょうか。
 確かに、1980年代頃までは、沖縄ヤクザの間では自分たちの「標準語」であるかのように沖縄語を使っていましたが、それも時代という「成り行き」でしかありませんでした。
つづく

文:比嘉清







Last updated  2022年06月09日 13時02分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類

​沖縄語ぬ特徴とぅ復興9​

 くぬめえ、沖縄県(うちなあきん)ぬ文化観光(ぶんくゎくゎんこう)スポ―ツ部(び)ぬ「しまくとぅば」ぬ今(なま)ぬ有様(ありさま)ぬ検(あらた)みなかいや、コロナ禍(さび)故(ゆい)んでぃんさっとおいびいしが、「しまくとぅば」使(ちか)いゆうする人(ちょ)お、14%ん、減(ふぃ)なとおんでぃぬ事(くとぅ)やいびいん。
 如何(ちゃ)ぬ風儀(ふうじい)ぬ検みがやたら、委細(いせえ)な事お分(わ)からのおあしびいしが、うちなあぐちさあぬいきらくなとおしえ、今迄(なままでぃ)と変(か)わやびらん。
 
 うりえ措(う)ち、うちなあぐちぬ特徴(しいしち)ぬ事んかい話(はなし)、戻(むどぅ)さびら。
 うちなあぐちぬ無(ね)えらんなてぃ行(い)ちゅる一番(いちばん)ぬ原(むとぅ)お、日本語(やまとぅぐち)とぅ入(い)り替(か)とおる事どぅやいびいしが、やくとぅんでぃち、なあ、うちなあんちゅから日本語、取(とぅ)い外(はん)する事、如何なしんないるむぬおあいびらん。言葉(くとぅば)んでぃせえ、一回(ちゅけん)、うぬ味(あじ=良たさ)、覚(うび)いねえ、すびけえないびいん。
 今ぬ英語(いんじりい)ん、言葉ぬ半分(はんぶん)びけえや、フランシ語どぅやいびいしが、しょう英語んかい戻さりやびらん。日本語やてぃん、中国語由来(ゆりい)ぬ漢語(かんご)ぶったなやい、元から日本語やたんねえ、取い外する事お、じょういないびらん。
 やいびいくとぅ、今ぬ有様あ、うぬまあまあそうち、別(びち)ぬしい様(よう)さんでえならんばすやいびいん。あんせえ、如何しいねえ済(し)まびいが。

筆:比嘉清


​​​沖縄語の特徴と復興9​

 先頃、沖縄県の文化観光スポ―ツ部は「しまくとぅば」の現状についての調査によると、「コロナ禍の影響もあるものの」とした上で、「しまくとぅば」を使う人が14%も減少したのと結果でした。
 どのような調査内容が適切かどうかは分かりませんが、話者が減少傾向にあることは従来と変わりないようです。
 
 それはさて措き、話題を戻しましょう。
 沖縄語話者が減少していく一番の原因は、日本語と置き換わっているからなのですがびいしが、だからといって、もはや、沖縄人から日本語を取り除くことは不可能で非現実的です。言葉といいうものは、一度使い、その良さを身に着けてしまえば、外す事はできません。
 現代英語も、その語彙の約半分はフランシ語だとされていますが、古代的英語には戻すことはできません。日本語でも、中国語由来の漢語は日本語語彙の圧倒的部分を占め、元から日本語だったかのうようでであり、取り外す事はできません。(註:「当分の間用いる」という意味の「当用漢字」という表現を止め、今「常用漢字」に改めています)。
 ですので、現状(沖縄人が日本語を普通語としている現状のこと)は、そのままにして、ただ、「使いましょう」方式ではなく、別の沖縄語復興方法を確立しなければなりません。
 ではどのような方法があるのでしょうか。

筆:比嘉清







Last updated  2022年05月27日 12時55分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類

沖縄語ぬ特徴とぅ復興8​

 米軍(びいぐん)なかい掛(か)きらたんでぃぬ異風(いふう)な代(ゆう)んなやあに、戦後(いくさあとぅ)ぬうちなあぐちがすそうんさってぃちゃる事(くと)お、沖縄(うちなあ)ぬてえげえ、まあんくぃんぬ小学校(しょうがっこう)うとおてぃ「方言札」掛(か)きぬさってぃ来(ち)ゃる事(くとぅ)からん分(わ)かゆる事やいびいん。
 やいびいしが、戦前(いくさめえ)、「沖縄学の父」んでぃ、言(い)らっとおる伊波普猷が「うちなあぐちえは滅(ふる)びる言語(くとぅば)やん」でぃち言(い)ちゃる事ん、今(なま)ぬ有様(ありさま)ぬ先走(さちば)いとぅなとおたる事んあら筈(はじ)やいびいん。
 学校うとおてえ「標準語(日本語)」ぬ上手(じょうじ)やる組(ぐう)とぅ下手(ふぃた、ひた)やる組(註)んかい分(わ)かりやい、学業ぬ成績ん、てえげえや、上手組や出来(でぃ)きやあ、上手あらぬうや、出来らぬうんでぃ分かりてぃ行ちんでぃ言らっとおいびいしが、我考(わあかんげ)なかいや、あねえあらんでぃ思(うむ)とおいびいん。
 我(わあ)同期(ちるみい)なかい、大学(でえがく)を卒業(すつじょう)し、公務員んかいなたる人(ちゅ)ん居(をぅ)いびいしが、今(なま)ちきてぃ、「標準語」(やまとぅぐち)え上手(じょうじ)えあいびらんしが、うちなあぐち叫(あ)びらしいねえ、人ぬけえ変(か)わたんねえ、叫びたっくゎあさびいん。
 また、シマかじなかい言葉(くとぅば)ぬ変わゆしん、うちなあくるぬ特徴(しいしち)やんでぃ思(うま)っとおいびいん。我くるん、確(たし)かに、シマ毎(かじ)ぬ言葉ぬ違(ちげ)えみぬあんでぃ思(うむ)とおいびいん。
 やいびいしが、言葉ぬ地域(しまかじ)ぬ違えみえ、沖縄びけんぬむぬおあいびらん。話し言葉があんないしえ、世界中(しけじゅう)、同(い)ぬ特徴どぅやいびいる。
 ただ、書(か)ち言葉ぬあぬ言語や、うりがなあシマ言葉ゆ引(ふぃ)っ張(ぱ)やあ引っ張やあする為(たみ)なかい、なあ地域(シマ)言葉同士(どぅうさあ)ぬ違えみえ、まぎくお、なてぃ行かんでぃち考(かんげ)えらりやびいしが、書ち言葉ぬ無(ね)えらな、てえげえ、話し言葉びけんなとおる言語ぬばあや、なあシマくとぅばぬ違えみえ、まぎくなてぃ行ちゅんでぃ思ありやびいん。良(ゆ)し悪(あ)しや措(う)ち。

註:うちなあぐちえ、遊(あし)ばあたあ、言葉やたる事んあいびいたん。

筆:比嘉清


【語句】
​沖縄語の特徴と復興8​

 米軍統治という特殊な時代を背景にして戦後の沖縄語が粗末に扱われてきたことは、沖縄のほぼ全域で戦後も小学校で「方言札」が実行されてきたことで十分、説明できます。
 しかし、戦前、「沖縄学の父」とされた伊波普猷が「沖縄語は滅びゆく言語である」と予言したこともその素地になっていた可能性もあります。
 学校では「標準語(日本語)」の上手なグループと下手なグループ(註)に二分され、学業成績も概ねそれに比例していったといわれますが、私見では実際はそうでもなかったと思います。
 私の同期の中では、大学を卒業し、公務員になった人もいますが、いまだに、「標準語」が上手でなく、うちなあぐちでは水を得た魚のように喋ります。
 また、集落単位で言葉が異なるのも沖縄語の特徴だとされます。私も確かに狭い沖縄で言葉の地域差を実感します。しかし、言葉の地域差は何も沖縄に限ったことではなく、世界中にある話し言葉の特徴の一つです。ただ、書き言葉を持つ言語はその共通する強い回帰性(参照できること)によって差が薄まると考えられますが、書き言葉を持たず、話し言葉中心の言語の場合は、薄まらないと考えられます。良し悪しは別として。
註:沖縄語は沖縄ヤクザの言葉だったこともあります。
筆:比嘉清







Last updated  2022年05月27日 12時50分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類

​沖縄語ぬ特徴とぅ復興7​

 うちなあぬ言語(くとぅば)が、前(さち)、述(い)ちゃる通(とぅう)い)、やまとぐちんかい入(い)り替(か)わたる後(くさあ)んかいや、他(ふか)ぬ「少数言語」とお変(か)わとおる経緯(いちない)ぬあいびいん。
 戦後(いくさあとぅ)、敗戦(まきいくさ)ぬ慣(なり)とぅしち、米軍(びいぐん)なかい掛(か)きらったる事(くとぅ)やいびいん。占領(うふぃぬ)米軍んかいぬ反発(げえ)んあてぃ、うちなあんちゅお日本(やまとぅ)ゆ「祖国(すくく)」んでぃち扱(あちけ)えやあなかい、戦前(いくさめえ)ぬ本土政府(やまとぅしいふ)ぬ「皇民化政策」とぅ同(い)ぬ如(ぐとぅ)、自(どぅう)なあたくるし、本土化(やまとぅない)、進(しし)みてぃちゃるむぬやいびいん。うりんまた占領軍(びいぐん)かいぬ抵抗(げえ)んやいびいたしが、けえてえ、抵抗ぬ「象徴(しるし)」がやたらんわかやびらん。
 あんさあに、日本語(やまとぅふち)ゆ本土人並(やまとぅんちゅなみ)に使(ちけ)えくなあち、勝負(すうぶ)する如し、「日本的(やまとぅふうじい)エリート」ゆっ志(っくるざし)しちゃるむぬやいびいん。
 うぬ陰(すば)んじえ、うちなあぐちえ、いいくる、粗(す)そうん軽(かろ)うんさってぃ、来(ち)ゃあに、なあだ、うちなあんちゅぬ100%がそううちなあぐちさあやたる戦、終(うわ)てぃ直(ちゃあき)どぅやいびいしが、「哲学書ぬ一頁やてぃん、琉球方言なかい翻訳(とぅんじい)なゆみ」(でならんさに←筆者加筆)んでぃち、大概(てえげえ)、うっちゃんなぎらってぃちゃるばすやいびいん。

 うんな事がどぅ、うちなあぐちに哀(あわり)やいびいる。他ぬ少数的危機言語とぅぬ違(ちげ)えみんやいびいん。目(みい)ぬ覚(さみ)てぃにいねえ、そううちなあぐちさあや、うすまさ、けえ減(ふぃ)なてぃ、2009年(にん)ねえ、「消滅危機言語」とぅしち、定(さだ)みらたるばすやいびいん。

筆:比嘉清


​沖縄語ぬ特徴とぅ復興7​

  沖縄の言語が前述のように、日本語への入れ替わりが進んだ背景には、他の少数言語と異なる歴史的事情がありました。
 戦後、米軍に占領されたという歴史を背負わされたことです。占領米軍への反発もあって、沖縄県民は日本を「祖国」と位置づけ、戦前の本土政府の皇民化政策と踏襲する形で、自ら本土化を推進してきたのです。それも占領軍への抵抗の一つであり、むしろ、抵抗の「象徴」であったのかも知れません。
 そして、日本語を本土人並に使いこなし、競って、「日本的エリート」を目指した側面もありました。その陰で沖縄語は、まだ、県民の100%が話者で終戦後間もない頃に既に「哲学書の一頁、琉球方言で翻訳できるか」(できるわけないだろう←筆者加筆)と、無視に近い扱いをされていたのです。
 こうした考えが、復帰の頃まで支配的だったのが沖縄語の悲劇です。他の少数的危機言語との背景の違いです。気付いた帰途には話者は激減し、2009年にはユネスコは沖縄語を消滅危機言語に指定しました。







Last updated  2022年05月10日 13時16分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
沖縄語ぬ特徴とぅ復興6​

 ​​​​てえげえや、話(はな)し言葉(くとぅば)ゆびけんなかい「使(ち)やびらう」運動(うんどう)びけえせえ、うちなあぐち、受(う)継(ち)行(い)ちゅる事(くと)お、いいくる、難(むち)かさああいびらに。
 たとぅれえ、大阪弁とぅか東北弁ねえし、ただ話(はなしい)さい、語(かた)たいするうっぴせえ、なあ、ちゃあんならんなとおいびいん。
 ​​​​​​書(か)ち言葉ぬなてぃちゃる政治(しいじ)ぬ入要(いりゆう)とぅか宗教(うがんぐとぅ)ぬ入要とぅかん無(ね)えらなそおてぃ、今更(なまでぃい)から、実(じゅん)に書ち言葉ぬ入要やみんでぃうあらがあいやあら筈(はじ)やいびいん。やいびいしが、言語(くとぅば)ぬ受け継じんでぃぬちむむええからあ、ちゃあそうてぃん入要どぅやいびいる。
 他(ゆす)ぬ言語ぶ場合(ばあ)ぬ継承(うきちじ)や、平生(ふぃいじい)から、むとぅうち、あんしまた、日々(ふぃび)ぬ仕口(しくち)ぬ中(なあか)うとおてぃ、「うびらじに」受き継がっとおいびいん。どぅく、当(あ)たい前(めえ)過(し)じてぃ、言葉、受ち継じょおんでぃぬ肝(ちむ)ん無えらんあたいやいびいん。
 やいびいさ、学校(がっこう)うとおてぃ、教科書、通(とぅう)ち、受ち継がってぃどぅ居(をぅ)いびいる。
 
筆:比嘉清

沖縄語の特徴と復興6​

 ​​話し言葉を中心とした「使いましょう」運動だけでは、沖縄語の継承は困難ではないでしょうか。
 たとえば、大阪弁や東北弁のように、ただ話し継いでいけば継承できるというものではなくなっているのです。
 ​​​​​​書き言葉の成立要件であった政治的要請や宗教的要請もない現代で、今更、書き言葉が必要かという議論はあるでしょう。だが、言語の継承という側面からどうしても必要なのです。
 他の言語の場合は、その継承は日常的に、継続的に、そして日々の活動の中で、ほぼ「無意識に」継承されています。当たり前過ぎて、継承であることを気付かないほどです。
 そうです。学校で教科書を通して継承されています。
 
筆:比嘉清






Last updated  2022年05月03日 14時02分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​沖縄語の特徴とぅ復興5

 言(い)いどぅんせえ、本土語(やまとぅぐち)ぬばあや、ちゃんとぅそおる学校言葉(書ち言葉=回帰言葉)ぬあくちぅ、なあく国々(地域)ぬ弁(くち)までぃん、いいくる、むとぅうち来(ち)ょおい、よねえ、くじりてえ居(をぅ)いびらん。
 やいびいしが、うちなあぐちぬばあや、学校言葉(がっこうくとぅば)あ、本土語どぅやい、なあしまくとぅばぬ回帰言葉(書ち言葉)あ、あいびらんどいぅあくとぅ、本土とお違(ちが)とおる有様(ありさま)んかいないる外(ふか)あ、無(ね)えやびらん。
 うぬ有様んでえ、如何(ちゃ)様(ゆう)なむんやがんでぃ、言いねえ、うちなあぐちが日本語んかい置取(とぅ)い換(け)えゆる事(くとぅ)どくやいびいる。
 どぅく、違えみぬある言語同士(くとぅばどぅうさあ)や、回帰言葉とぅしちぇえ、あらんようい、入り替(け)えてぃ行ちゅる命(みい)やるしいじやいびいん。
 学校んでえんじ、保良(たむちゆ)たしく、むとぅうち行ちゅる事ぬないる書ち言葉(回帰言葉)ゆちゃんとぅ習(なら)ゆる仕組(しく)みぬなてえ居(をぅ)らんでえ、言葉あ、廃(した)りてぃ行ちゅるびけんやあいびらに。
 あんしまた、うちなあぐちん、日本語語彙(やまとぅぐち)とぅ沖縄語音(うちなああぎさき)ぬまんちゃあくんちゃあ、けえなやあに、テレビドラマんじ聞(ち)ちゅる「沖縄弁化」(クレオール化)なてぃ来ょおいびいん。
続ちゅん

文:比嘉清

沖縄語ぬ特徴とぅ復興5

 つまり、本土語の場合は、ちゃんとした学校言葉(書ち言葉=回帰言葉)があるから、それぞれのお国言葉も、(相互作用的に)概ね維持されきており、簡単には崩れないのです。
 ですが、沖縄語の場合は学校言葉は、本土語(標準語)なのであり、それぞれの「しまくとぅば(地域語)」の回帰言葉(書き言葉)ではないのであるがら、本土とは異なる現象が起きてしまうのです。
 その現象とはどういうものなのかといえば、沖縄語が日本語に置き換わるという現象です。
 あまりにも、差のある言語同士の場合は、回帰言葉としては機能せず、入れ替わるという運命が待っているのです。
 学校などで、安定的に持続していくことのできる書き言葉(回帰言葉)をきちんと学習できる制度がなければ、言葉は廃れていくほかはないでしょうか。
 加えて、沖縄語も日本語語彙と沖縄語音が混合し、テレビドラマでみるような「沖縄弁化」(クレオール化)になってきています。
つづく

文:比嘉清






Last updated  2022年04月21日 11時31分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​沖縄語ぬ特徴とぅ復興4
  
 やいびいしが、学校(がっこう)うとおてぃ習(なら)ゆる言葉(くとぅば)と家(やあ)、シマんじ使(ちか)ゆる言葉ぬ変(か)わとおてぃん、異風(いふう)なあ、思(うみ)いらんせえ、まあまでぃん、本土(やまとぅ)うとおてぃぬ話(はなしい)どぅやいびいる。
 標準語とぅ胴(どぅう)なあ達(たあ)が丸平生(まるふぃいじい)ぬ使とおる言葉とぅ何(なん)ぞう、変わらんあい、標準語ん方言(地域語ゆ元(むとぅ)とぅさあに、作(つく)らっとおるむぬやくとぅやいびいん。
 やいびいしが、うちなあぐちぬばあや、また、別(びち)やいびいん。
 国語学(くくぐがく)ぬ慣(なり)や、かあま昔(んかし)に日本語(やまとぅぐち)とぅ沖縄語や日本祖語(にふんぐぬあひゃあ)から分(わか)りてぃ来(ち)ょおんでぃ言(い)らっとおるあたい、「二大方言」けえなやあに、今(なま)いや、なあ互(たげえ)に通(つう)じらん言葉んかいけえなとおいびいん。
 やいびいくとぅ、学校んじ習ゆる標準語お、まあまでぃん、日本語どぅやい、家シマんじ使ゆる言葉とお、別(びち)ぬ言葉どぅやいびいくとぅ、言葉ぬ継承(ち)じや、むさっとぅ、ならんしいじや、沖縄語ゆ継(ち)じゅる事(くと)とお、何ぬ関がないん無(ね)えやびらん。

続ちゅん
文:比嘉清

沖縄語の特徴と復興4
  
 ですが、学校で習う言葉と家庭地域で使う言葉が変わっていても、違和感を覚えないのは、あくまで、本土でも話です。
 標準語と自分たちが普段使う言葉とそれほど変わらないし、標準語とはいえ、地域語を元に作られたもものだからです。
 ですが、沖縄語の場合は事情が異なります。
 国語学の「定説」によれば、はるか昔に日本祖語から日本語と琉球語に分かれてきたされるほど、「二大方言」に変化し、今では、もはや互いに会話ができない言言語になってしまっているのです。
 ですから、学校で習う標準語はあくまで日本語なのであり、沖縄の家庭や地域で使う言葉とは、別の言語なのであるから、言葉の継承にあなるとは言えないし(当然ですが)、沖縄語の継承とは何ら関係がありません。

つづく
文:比嘉清
  






Last updated  2022年05月03日 12時26分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​うちなあぐちぬ特徴とぅ復興3​

 話(はな)しち言葉(くとぅば)や、うぬ特徴(しょうしち)故(ゆい)に、いいくる、しまぬかあじ、分(ぶん)ぬかあじ、代(でえ)ぬかあじ、またええずう同士(どぅうさあ)うとおてぃ、変(か)わてぃ行(い)ちゅるむぬやいびいん。あんし、長(なげ)えさ、ようそうちねえ、別(びち)ぬ言語(くとぅば)んかい、けえないるむぬやいびいん。
 書(か)ち言葉ぬ役(やく)ぬ一(てぃいち)なとおる回帰言葉(うてぃけえいくとぅば、たちむどぅいくとぅば)や、うぬゆうな話し言葉ゆ纏(まとぅ)みゆる役ぬあいびいん。言語んでぃせえ、確(たし)かに親(うや)から子(くゎ)んかい、子から孫(んまが)んかい継(ち)じ行ちゅるむんやいびいしが、うぬ事(くと)お、まあまでぃん、うぬシマぬ話し言葉ぬばあどぅやいびいる。
 書ち言葉あ、学校(がっこう)んでえ、教育現場(ならあするとぅくる)とぅかや書ち物(むん=書物)、通(とぅう)ち継がってぃ行ちゃびいん。シマかじ、話し言葉ぬ変わとおてぃん、学校(教科書)んじ習(なら)ゆう言葉あ、一ちどぅやい、またむとぅうゆる書ち言葉どぅやいびいる。
 童(わらび)生徒(しいとぅ)ん達(ちゃあ)や、自(どぅう)ぬシマ言葉とぅ変わとおてぃん、異風(いふう)な思(うみ)んさんようい、当(あ)たり前(めえ)ぬ事ねえ、うんな書ち言葉(がっこう)ゆ、取(とぅ)受(う)きとおるばすやいびいん。


筆:比嘉清

【語句、訳】
​ 話し言葉は、その特徴として常に、地域ごと、階層ごと、世代ごとあるいはグループごとに変化し、枝分かれしがちです。長い年月、ほっておくと、別の言語に分化していきます。
 書き言葉の役割の一つとしてある回帰言葉はそうした話し言葉を束ね、纏める役割を担っています。言語は確かにその地域のなかで親から子へ、子から孫へと継承されていくものですが、それはあくまで話し言葉の場合です。
 書き言葉は、学校等教育現場や書き物を通して継承されます。地域ごと話し言葉が異なっていても、学校(教科書)で習う言葉は統一的で安定的な書き言葉です。
 子供たちは地域で話す言葉と違っていても、違和感を抱くことなく当然のように、書き言葉を受け入れています。

続く
筆:比嘉清​​






Last updated  2022年04月11日 12時27分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​うちなあぐちぬ特徴とぅ復興2​​​​
​​ 
​​​ 例(たとぅ)れえ、戸籍名(くしちなあ)や書ち言葉(くとぅば)やい、音引(うんび)ちさっとおる名や話し言葉やんでぃしいねえ、書ち言葉とぅ話し言葉ぬ違(ちげ)えみえ、いふふぇえ分(わ)かゆるむのおあいびらんがや。
 元々(むとぅむとぅ)、書ち言葉んでぃせえ、御万人(うまんちゅ)、かきゆる為(たみ)なかい、また宗教(うがんぐとぅ)ゆ保(たむ)ち、広(ふぃる)みゆる為(たみ)なかい、話し言葉ゆ元(手本)とぅさあに、作(つく)らったるむぬどぅやいびいしが、月日(ちちふぃ、ちちひ)ぬ経(た)ち次第(しでえ)、立場(たちふぁ)あ、うっ返(ちぇ)えりやあに、今(なま)いや、書ち言葉ぬどぅ、話し言葉ゆ扱(あち)けえとおるばすやいびいん。
 うぬ現象(ありさま)あ、まあぬ大言語(うふくとぅば)ん大概(てえげえ)、同(い)ぬ道(みち)歩(あ)っちちょおいびいん。
 あんし、書ち言葉あ、色(いる)んな役目(やくみ)ぬ被(か)んじゅんねえしなてぃ来(ち)ょおいびいん。うぬ一(てぃい)ちえ、回帰言葉(うてぃけえいくとぅば、たちむどぅいくとぅば)やいびいん。
ちぢちゅん。
文:比嘉清


【語句、訳】
 ​うちなあぐちぬ特徴とぅ復興2​​​​
​​
​​​ 例えば、戸籍名が書き言葉であり、音引きされた名は話し言葉だとすれば、書き言葉と話し言葉の違いが、少しは理解できるだでしょうか。
 元々、書き言葉なるものは、人民(国民、民族、その共同体の構成する人々)を統治する目的で、また宗教を安定的し、かつ広める目的で、話し言葉を元に発明されたものでしたが、歴史時間の経過とともに双方の立場が逆転し、今では、書ち言葉が話し言葉を制御するという風になってきています。
 この現象は、メジャーな言語では大抵、同様な経緯を歩んできています。
 そして、書き言葉は、様々な役割を担うよになっています。その一つが、「回帰言葉」としての役割です。
つづく。
文:比嘉清






Last updated  2022年04月11日 11時43分08秒
コメント(0) | コメントを書く

全106件 (106件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR


© Rakuten Group, Inc.