000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆんたく物語

2021年01月22日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
御主前(うしゅめえ)ぬ手袋(てぃぶくる)

 ウクライナ民話(んかしばなし)んかい「おじいさんの手袋」んでぃ言(ゆ)ぬむぬぬあいびいん。
 日本(にふん)於(をぅ)とおてえ童本(わらびふん)どぅしち出版ぬんさっとおいびいん。
 ある寒(ふぃい)さる日(ふぃい、ひい)、雪道(ゆちみち)なありい歩(あ)っちょおたる御主前が手袋ぬ片組(かたぐう)、無(め)えらんなち、とぅめえやあとぅめやあそおいびいたしが、雪ぬ中(みい)なやあに、なあ、とぅめえららな、うぬまあまあ、家(やあ)とぅめえてぃ去(は)やびたん。
 鼠(ゑんちゅ)が寒さがたがたさあに、歩っちょおたれえ、かたがた、手袋ぬあたくとぅ、うりが中(なあか)んかい入(い)やびたん。
 うりから兎(うさじ)ん、鼠ぬ許(ゆりい)、得(い)いてぃ、同(い)ぬ手袋んかい入(ふぇ)えりんち良(い)按配(やんべえ)そおいびいたん。同ぬ如(ぐとぅ)し、リス、オオカミ、熊迄ん、同ぬ手袋んかい入やびたん。
 人(ちゅ)ぬ片組手袋んかい、うさきいぬ動物(いちむし)ぬ入らりいみんでぃぬ不審(ふしん)ぬんあら筈(はじ)やいびいしが、だあなあ、うりえ昔噺(んかしばなし)どぅやびいくとぅ、異風(いふう)なあやてぃん、面白(うむ)されえ、済(し)まびいん。
 やいびいしが、実(じち)え、何(ぬう)がなぬ哲学風儀(てぃちがくふうじい)ぬ物知(むんし)らしんやら筈んでぃ、思(うま)ありいんさびいしが、分(わ)かやびらん。
 ただ、今(なま)あ、コロナ風気(ふうち)んかい罹かてぃん、病院(びょうい)ぬんかい、入ららん有様(ありさま)なとおんでぃぬ事(くとぅ)やいびいん。うんな有様どぅ本当(ふんとう)や医療崩壊(びよういんくじり)んでぃ言る筈やいびいしが、関(か)がなとおる人ん達(ちゃあ)や、未(なあ)だ、崩壊んでえ言やびらん。
 やいびいくとぅ、日本ぬ病院や「御主前ぬ手袋」風儀がやらんでぃ、思(うむ)とおるしいじやいびいん。

琉歌
病院入ららん
コロナ患かい者
まどぅ在る後生(ぐそう)ぬ
手招(てぃまに)ちすい

御主前手袋や
後生がやゆら
何時(いち)ん満(み)つ事(くとぅ)や
また無(ね)らん

おじいさんの手袋

 ウクライナ民話に「おじいさんの手袋」というのがあります。
 日本では童話絵本として出版されています。
 ある寒むい日、雪道を歩いていたおじいさんが手袋の片方をなく、探しましたが、雪の中ではもう探す事もできず、そのまま家路を急ぎました。
 寒さで震えていた鼠が、たまたま手袋があったので、その中に入り込み温まりました。
 それから兎も鼠の許しを得て、同じ手袋に入りました。同様に、リス、オオカミ、熊等までもその手袋に入りました。
 人の片手袋に、これだけの動物が入るものかと疑問が生じる筈ですが、これも昔噺なのであるから変ではあっても、面白しろければよいのです。
 ですが、実は何らかの哲学めいた教訓でもあるのかとも思まれますが、分かりません。
 ただ、現在、コロナに感染しても病院に入れない状況になっているとの事です。こういう状況を本当は医療崩壊と言う筈ですが、関係者は崩壊と言う言葉を使っていません。
 なので、日本の病院は「おじいさん手袋」みたいなのかと思う次第です。

琉歌
入院できない
コロナ患者は
いくらでも空いている後生が
手招きするし

おじいさんの手袋は
後生なのか
何時になっても満つることが
無いし






Last updated  2021年01月22日 14時05分14秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Free Space

うちなあぐの書きことばの普及に役立てればと思ってはじめました。
よろしくお願いいたします。

Headline News


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.