015636 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆんたく物語

2021年10月29日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

鳩ぬ空巣(んなしい)

居(をぅ)らんなたる鳩(ほうとぅ)


 家(やあ)ぬ玄関(じんくゎん)ぬ直(し)ぐ傍(すば)ぬ黒木(くるち)ぬ枝(ゆだ)んかい巣(しい)、作(ちく)てぃ、ふぃっちい巣籠(しいぐま)いそおたる鳩お、今日(ちゅう)ぬしてぃみてぃに、伸(ぬ)ばがたれえ、居(をぅ)らんなとおいびいたん。うぬ後(あとぅ)、幾件(いくけ)ぬん、伸(ぬ)ばがやびたしが、姿(しがた)あ見(み)いやびらん。まんぐらんかいん居らんぎさいびいん。
 みったい、まあんかいが、去(は)やびたらあ。
 「ふぃっちい、巣油断(しいゆだん)びけんし、何(ぬう)そおが」んでぃち、思(うむ)てえ居てぃん、たんかあ為(な)てぃ、ごう口(ぐち)、悪口(やなぐち)、言(い)ゃびらんたるむぬ、何(ぬう)ぬ事(くとぅ)思てぃ、去ちゃやびたらあ。
 とお、らんなたれえ、寂(さび)っさぬないびらん。
 今(なま)、思(うみ)いどぅんせえ、巣や卵(くが)産(な)ち、ぴいやあ育(すだ)てぃる為(たみ)ぬむぬのおあらな、ただぬ憩(ゆく)い所(どぅくる)ぬ積合(ちむええ)がやいびいたらあ。
 やくとぅどぅ、巣ん、悪(や)な作(づく)い小(ぐゎあ)、しが居いびいたらあ。
 いぇええ、鳩がなしいよ。

琉歌
何(ぬ)が居らんなたが
まあに去ちゃが鳩
戻(むどぅ)る肝(ちむ)ありば
再(また)、戻り来(く)
筆:比嘉 清

居なくなった鳩

 家の玄関の直ぐ傍の黒木の枝に巣を作り、ずっと巣籠りばかりしていた鳩が、今朝、覗いてみたら居なくなっていました。
 いったい、どこに去ったのでしょうか。
 「一日中、巣で何もしないで籠りきりで、何をしているのか」と、思ってはいても、面と向かって、文句や悪口を言ったことはなかったのに、何を思い、飛び立っていったのでしょうか。その後も、何回も確認に行きましたが、姿を見る事はありません。周辺にもいません。
 いざとなれば、寂しいかぎりです。
 今、考えると、巣は卵を産んで、子育てをする為のものではなく、ただの休み所としてのものだったのでしょうか。
 だからこそ、巣も粗雑に作りにしたのでしょうか。
 おーい、鳩さんよ。

琉歌
なぜ、居なくなったのか
どこへ行ってしまったのか鳩よ
戻る気があれば
また、戻って来いよ
筆:比嘉 清






Last updated  2021年12月22日 16時31分48秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Free Space

うちなあぐの書きことばの普及に役立てればと思ってはじめました。
よろしくお願いいたします。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.