000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆんたく物語

2021年12月22日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年(くとぅし)ん後(あとぅ)僅(わじ)か

 「月(ちち)ぬ走(は)いや馬(んま)ぬ走い」んでぃぬ黄金言葉(くがにくとぅ)んあいびいしが、今年え、いっそうまぬ年(とぅし)やか、さあらない、経(た)ちゃんねえ、思(うみ)やびいん。
 コロナに始(はじ)まやい、コロナし終(うわ)ゆる思(うみ)いやいびいん。
 秋後(あちあとぅ)からあ、コロナん収(うさ)まいぎさあなやあに、「今(なま)やさ」んでぃ、思(うむ)やあに、いふぃえ、あまくま、歩(あ)っちゃあ歩っちゃあんさびたしが、一年(いちにん)通(とぅう)ちえ、いいくる、何処(まあ)にん行(い)からな、コロナ籠(ぐま)いすぬ日(ふぃい、ひい)んまんどおいびいたくとぅ、ゆくん、あん、思いやびいん。
 やいびいしが、秋(あち)ぬ終いがたあんじえ、うすまさ、軽石(からし)ぬ寄(ゆ)やあい、海(うみ)え、いっそうから、はごうくないびたん。
 実(じゅん)に、ちゅうちゃんでぃん、異風(いふう)な世(ゆう)、けえなやびたんやあさい。手(てぃ)はごうさいびいしが、うりびけえのお、一人(ちゅい)しえ、如何(ちゃあ)んないびらん。
 ただなあ、来年(やあん)や、良(い)い年ないる如(ぐとぅ)、念(にん)じるびけんどぅやいびいる。

琉歌
海行きば軽石(からし)
街行きばコロナ
山やハブ処(どぅくる)
何処(まあ)や済(し)むが

筆:比嘉 清

【語句、訳】
今年も残り僅か
 
 「月日が経つのは馬が走るごとし」という諺がありますが、今年は、平年より、さっさと駆け抜けた感じがします。
 コロナに始り、コロナで終った感じです。
 秋以降は、コロナも大分、収まりそうになり、「今のいうちに」と思い、少しは、あちこちに足を運んびましたが、一年を通していえば、だいたいは、どこにもいけず、コロナ籠りをする日々でしたので、よけい、そう思うのかも知れません。
 しかしながら、また秋以降は、大量の軽石が押し寄せ、海を片っ端から汚なくしました。
 ほんとうに、あっという間に、奇妙な時代になってしまいましたね。もどかしいでしが、こればかりは、一人ではどしようもありません。
 ただ来年こそは、良い年になるように祈るばかりです。

琉歌
海行けば軽石
街行けばコロナ
山はハブの住処
どこならよいのか

筆:比嘉 清






Last updated  2021年12月22日 16時27分17秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Free Space

うちなあぐの書きことばの普及に役立てればと思ってはじめました。
よろしくお願いいたします。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.