016127 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆんたく物語

2022年01月12日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
龍柱あらがあ

 今日(ちゅう)ぬ新報んかい、「『大龍柱「相対」』で質問状」んでぃぬ記事ぬあいびいん。
 今(なま)あ、御城(うぐしく)ぬ再建(まただ)てぃすんでぃち、関(かが)なとおる人(ちゅ)ん達(ちゃあ)や、うはまとおみせえん。
 ただ、龍柱やまんかい向(ん)かとおたがんでぃぬ事(くとぅ)にちいてぃ、たんかあいうやたんでぃぬ資料んあい、また、前向(めえん)けえややんでぃぬ資料んあいぎさいびいん。やいびいくとぅ、二通(たとぅう)いぬ資料ぬあれえ、何(じ)るんあたてぃどぅ居(をぅ)いびいる筈(はじ)やいびいくとぅ、何(ぬう)んでぃん定(さだ)みらりやびらん。
 あんどぅんやれえ、なあ、前んかい向かてぃん、又たんかあなやてぃん済む(し)ねえし、45度(どぅ)、回(みぐ)ゆる造(つく)すしえましえあいびらんがや。うんなしいや、いやでぃん、「ヴェニス憲章」んかい当たらんがあらあ分かやびらんしが。
 異風(いふう)な、上(うわあ)ば事(ぐと)お、言(ゆ)なんでぃち、ぬらありいがすらん分からのおしびいしが…。

琉歌
何(ぬ)がし首振(くびふ)ゆる
御城ぬ龍柱
琉球(るうちゅう)心配(しわ)しどぅ
あまくま見(ん)じゅる(一字余い)

筆:比嘉清

龍柱論争

 今日の新報に、「『大龍柱「相対」』で質問状」という記事がありました。
 現在、首里城の再建を取り組んでいる人々は懸命に仕事をしています。
 ただ、龍柱の向きについて、相対だったとの資料も前向きだったという資料もあるようです。ですから、二通りの資料があるのであれば、いずれも「正しい」ことになる筈であり、どうにも定めがたいようです。
 であれば、前向きでも、又相対でも良いように、45度、回転できる造りにすればよいのではないでしょうか。そういうやり方がはたして、「ヴェニス憲章」に抵触するかどうかは知りませんが。
 変なこと、余計なことを口走しるなと怒られるかもしれませんが…。

琉歌
なぜに首を振る
首里城の龍柱
琉球(の行く末)を案じて
目配せしているのだ(一字余い)

筆:比嘉清()






Last updated  2022年01月13日 10時01分24秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Free Space

うちなあぐの書きことばの普及に役立てればと思ってはじめました。
よろしくお願いいたします。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.