2022年01月10日

鬼ぬ股

カテゴリ:カテゴリ未分類

鬼ぬ股


 今日(ちゅう)やムーチーやいびいん。
 玄関(じんくゎ)ぬんかい物退(むんぬ)きとぅしち、鬼(うに)ぬ股、飾(かざ)てえいびいん。今度(くんどぅ)ぬばあや、早(ふぇえ)くなあ、コロナ世(ゆう)ぬ終(うわ)ゆんねえ、願立(ぐゎんた)てぃ飾てえびいん。
 実(じゅん)ねえ、家屋敷(やあやしち)ぬ四隅(かどぅかどぅ)んかい飾らんでえならのおあいびいしが、だあ、昔家(んかしやあ)とぅ造(つく)い様(よう)ぬ違(ちが)てぃ、四隅んかいや、柱(はあや)あ無(ね)えらな、コンクリートどぅやいびいくとぅ、縊(く)んち下(さ)ぎゆる事(くとぅ)んないびらん。
 うちなあ正月(しょうぐゎち)、迎(んけ)えゆる為(たみ)ねえ、ムーチーや必(かん)なじさんでえならんむんやいびいん。

琉歌
ムーチーぬ慣(なれ)や
鬼ぬ股どぅ飾る
コロナん退きやい
元(むとぅ)ぬ世果報(ゆがふ)

筆:比嘉清

鬼ぬ股

 今日はムーチーです。
 玄関に物退けとして、鬼の股を飾りました。今年の場合は、早く、コロナ禍が終りますように、願いを立てて飾りました。
 本来なら、家の四隅に下げないといけないのですが、四隅に柱のある伝統家屋でもなく、四隅に柱もないコンクリート造りであれば、くびって下(さ)げることができません。
 旧正月(うちなあ正月)を迎えるには、ムーチーはどうしてもしなkればなりません。

琉歌
ムーチーの習慣として
鬼の股こそを飾る
コロナも跳ね除け
元の穏やかな世に(しよう)

筆:比嘉清





TWITTER

Last updated  2022年01月11日 10時25分27秒
コメント(0) | コメントを書く