1008714 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

沖縄でウエディング&披露宴!司会派遣

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2004.08.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
飛んで行ってきた

宜野湾に米軍機が墜落した
デジカメと携帯だけ持って走っていった
マスコミ人間だから走った

これが現場
墜落事故から約30分後の様子です
黒く焼けた校舎の壁
壁にぶつかり墜落した米軍機

kichi1



すぐに道は大渋滞したので乗り捨てて走っていき
地元ラジオ局に生レポートして戻ってきた

日本の警察は道路の通行止め係りをやらせているだけで
詳細も把握していないし
米国兵がとりしきっていた

消防車も救急車も米国軍のものだった
kichi2


ここは日本だそ!

日本語で事故解説しろー!と怒り爆発の人が
大勢の人が飛んでみにきていて大混乱していた

日本人にけが人はでなかった

米軍機の搭乗者のみにけが人が出ただけだった

だからーそれでよかったのか?

周辺の家やマンションにはヘリの破片がとんできて
こわれてるものもあった

ここは現場から100m以上離れたマンションの前
プロペラの破片が飛んできていた
米兵が監視してた
まだ黄色いテープが貼られる前で
周辺の子供も野次馬でたくさんきていた
米兵は写真を撮るなと怒ったが
そんなことならヘリを墜落させるな!


kichi3

玄関先にヘリのプロペラ破片が飛んできて
止めてあったバイクを倒した
すでに米兵の監視下だった

kichi4


すべてにkおいて奇跡に
一般人にけが人がでなかったことだけが救い

沖縄と基地の現実にも目を開けてしっかり
考えないといけない



宜野湾は基地の街

夕方の地元のテレビニュースは一気にこの墜落問題です

これで明日祭りてのはーーー

米国よーへらへら笑って消化作業してたなー許せないよー!

ケガ人がでなければ笑ってお終い?まさかー!

もう黙ってないのではないか?

宜野湾市長も現場にいち早く駆けつけていた

7時のNHKニュースはあまりにも
さっぱりと、そっけないニュース扱いだった
あんまりでないかーーー

暑い午後は沖縄の地元の人は外を歩いたり遊んだり少ないから
けが人が出なかったということで

米軍機が低空飛行で毎日朝から晩まで訓練という名で
飛び回る現実は今もあるのですよ




=======================-



私の住んでる宜野湾市では
明日、あさって宜野湾「はごろも・カチャーシー祭り」があります

宜野湾ならではの「はごろも伝説」=「天女伝説」があり
明日、あさっては恒例の地元の祭りで
宜野湾ゆかりの察度王の大絵巻行列
赤道闘牛大会
カチャーシーコンテストなどもりだくんさんのお祭りが
行われます

詳細は下記にてプログラムもでていますが



http://www.city.ginowan.okinawa.jp/


管理人はこの中の察度王絵巻行列の道ジュネーする
道路での、解説アナウンス係り(^^)をします

首里城祭りなどで、時代行列をみたことがある方も
いるかと思いますが

宜野湾の察度王絵巻行列もなかなか壮大です

ご近所の方などどうぞみなさん見に来ませんか?

メイン会場は宜野湾海浜公園ですけど
この行列はそのコンベンションへ行く通りで行われます

夕方18時20からなので
仕事帰りでも間に合うかな?

お盆で地元にお帰りの方などどうぞご家族でいらしてねー

そして絵巻行列をみたらメイン会場で飛び入りで
カチャーシーコンテストにエントリーも面白いですよー!







Last updated  2004.08.14 09:36:36
コメント(31) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.